俳句とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 文芸 > 文芸 > 俳句の意味・解説 

はい‐く【俳句】

《「俳諧の句」の略》発句(ほっく)および連句の句。

五・七・五の3句17音を定型とする短詩季語を入れることを原則とする。俳諧の連歌発句独立したもので、一般化したのは、明治20年代以降正岡子規が用い始めことによる無季主張定型を破った自由律俳句みられる


俳句

作者永原睦代

収載図書花ひらく心を永遠に
出版社偕成社
刊行年月1991.9
シリーズ名シルバーブックス


俳句

作者徳田秋声

収載図書徳田秋声全集27年少者向け作品・俳句
出版社八木書店
刊行年月2002.3


俳句

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/12 15:30 UTC 版)

日本語俳句(はいく)とは、季語(有季)及び五・七・五(十七音)を主とした定型を基本とする定型詩である。江戸時代には十七文字と呼称され、現代では十七音とも表記される[1]和歌連句俳諧連歌)の発句と同様に、俳句は発生の時点で無季(雑)の作品も存在しており、無季俳句といわれる。有季定型性を捨象する形で派生した自由律俳句もある。また、多くの外国語でも俳句は作られているが、外国語では季節感のある言葉でも季語の本意・本情が成立しがたく、しかも五・七・五では切れや季語が活きる短さにならない言語が多いため、日本で言うところの無季自由律俳句が多い。世界最短の定型詩のうちの一つとされる。俳句を詠む(作る)人を俳人と呼ぶ。




  1. ^ 復本一郎 『俳句と川柳』 講談社学術文庫、2014年7月、14頁。 
  2. ^ a b 五十嵐譲介・大野鵠士・大畑健治・東明雅・二村文人・三浦隆編 『連句 理解・鑑賞・実作』 おうふう、1999年3月、44頁。 
  3. ^ a b c d 稲賀敬二竹盛天雄、森野繁夫監修『新版初訂 新訂総合国語便覧』第一学習社 2009年1月10日
  4. ^ お~いお茶新俳句大賞とは 伊藤園
  5. ^ 『プレバト!!』夏井いつき先生が「俳句ブーム」を作るまで”. Smart FLASH (2018年8月30日). 2019年8月29日閲覧。
  6. ^ 『去来抄』(故実)”. 伊藤洋. 2018年6月25日閲覧。
  7. ^ 秋元 (1971)、137頁
  8. ^ a b c 復本一郎 『俳句と川柳』 講談社学術文庫、2014年7月、237-255頁。 
  9. ^ 管宗次『朝鮮通信使による日本語韻文史料―発句、和歌などの短冊色紙をめぐって―』
  10. ^ 李元植『朝鮮通信使の研究』
  11. ^ Haiku in the Netherlands and Flanders by Max Verhart, in the German Haiku Society website
  12. ^ 朝日日本歴史人物事典『ドゥーフ』 - コトバンク
  13. ^ 井尻香代子「五・七・五 ラテンの風に舞う◇アルゼンチンに渡った日本伝統の調べを追って◇」日本経済新聞』朝刊2019年7月15日(文化面)2019年8月13日閲覧。
  14. ^ “英語俳句のルールがよく分からない件”. エキサイトニュース. (2012年6月3日). http://www.excite.co.jp/News/bit/E1338544050809.html 2012年6月3日閲覧。 
  15. ^ William J. Higginsonの著書 "Haiku World" (ISBN 978-4770020901)ならびに、"The Haiku Seasons" (ISBN 978-4770016294)
  16. ^ wikisource:Frog Poem参照。



俳句

出典:『Wiktionary』 (2018/07/15 15:50 UTC 版)

名詞

(はいく 表記誹句

  1. (文学) 日本短詩文芸形式一つ近世(wp)発達した俳諧から近代になって分岐した。五・七・五のモーラから成る日本語定型詩であり、世界最短定型詩とされる

関連語

類義語
他の関連語



俳句と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「俳句」の関連用語

俳句のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



俳句のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの俳句 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの俳句 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS