稲畑汀子とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 現代俳句人名事典 > 稲畑汀子の意味・解説 

稲畑汀子

稲畑汀子の俳句

がたと榾崩れて夕べなりしかな
とらへたる柳絮を風に戻しけり
どちらかと言へば麦茶の有難く
一枚の障子明りに技芸天
一点の橇一線の橇の道
人事と思ひし河豚に中りたる
今日何も彼もなにもかも春らしく
光る時光は波に花芒
初蝶を追ふまなざしに加はりぬ
君がため春着よそほふ心あり
地吹雪と別に星空ありにけり
年賀状だけのえにしもいつか切れ
日向ぼこし乍ら出来るほどの用
明るさは海よりのもの野水仙
昼寝するつもりがケーキ焼くことに
書初の筆の力の余りけり
看取りより解かれし冬を淋しめり
空といふ自由鶴舞ひやまざるは
花の道つづく限りをゆくことに
苗代寒さそへる雨となりにけり
落椿とはとつぜんに華やげる
見ることも松の手入でありしかな
見る者も見らるる猿も寒さうに
転びたることにはじまる雪の道
長き夜の苦しみを解き給ひしや
霧氷ならざるは吾のみ佇みぬ
 

稲畑汀子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/10 07:07 UTC 版)

稲畑 汀子(いなはた ていこ、1931年1月8日 - )は、神奈川県出身の俳人高浜年尾の娘で高浜虚子の孫。『ホトトギス』主宰を経て現名誉主宰日本伝統俳句協会会長。




「稲畑汀子」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「稲畑汀子」の関連用語

稲畑汀子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



稲畑汀子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの稲畑汀子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS