1977年とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 学問 > 近世年表 > 1977年の意味・解説 

昭和52年 (ひのとみ 丁巳)

昭和52年
年(年号)
1960年 (昭和35年) 東京タワー完成
1960年 (昭和35年) 日米新安保条約調印
1964年 (昭和39年) 東京オリンピック
1968年 (昭和43年) GNP世界第2位
1970年 (昭和45年) 大阪万国博覧会
1971年 (昭和46年) 環境庁設置
1973年 (昭和48年) ■第1次オイルショック
1976年 (昭和51年) ロッキード事件
昭和52年
1978年 (昭和53年) 日中平和友好条約
1978年 (昭和53年) 成田空港開港
1979年 (昭和54年) 第2オイルショック
1982年 (昭和57年) 東北・上越新幹線開通
1983年 (昭和58年) 大韓航空機撃墜事件
1985年 (昭和60年) 日航ジャンボ機墜落事件
1986年 (昭和61年) 国鉄分割・民営化
1989年 (平成元年) ODA世界1位となる
1989年 (平成元年) 消費税導入
1991年 (平成3年) バブル崩壊
1992年 (平成4年) 国際平和協力法成立
1995年 (平成7年) 阪神大震災
1995年 (平成7年) 地下鉄サリン事件


昭和52年
安田 靫彦 1884年1978年(明治17年昭和53年) 93
山川 菊栄 1890年1980年(明治23年昭和55年) 87
早川 徳次 1893年1980年(明治26年昭和55年) 84
加藤 シヅエ 1897年2001年(明治30年平成13年) 80
吉野 源三郎 1899年1981年(明治32年昭和56年) 78
田河 水泡 1899年1989年(明治32年平成元年) 78
小林 秀雄 1902年1983年(明治35年昭和58年) 75
近藤 真柄 1903年1983年(明治36年昭和58年) 74
美濃部 亮吉 1904年1984年(明治37年昭和59年) 73
朝永 振一郎 1906年1979年(明治39年昭和54年) 71
湯川 秀樹 1907年1981年(明治40年昭和56年) 70
大岡 昇平 1909年1988年(明治42年昭和63年) 68
黒澤 明 1910年1998年(明治43年平成10年) 67

1977年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 22:46 UTC 版)

1977年(1977 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による、土曜日から始まる平年昭和52年。


  1. ^ 小松左京 『空から墜ちてきた歴史』新潮社、1984年、3・7・30 - 35・336・337・345頁頁。ISBN 978-4-10-109711-4 
  2. ^ ヤン・マーテル 『パイの物語 上』竹書房、2012年、177 - 189頁。ISBN 978-4-8124-9208-6 
  3. ^ ヤン・マーテル 『パイの物語 下』竹書房、2012年、258 - 264頁。ISBN 978-4-8124-9209-3 
  4. ^ アラン・ムーアデイブ・ギボンズ 『WATCHMEN ウォッチメン』小学館集英社プロダクション、2009年、130・131頁頁。ISBN 978-4-7968-7057-3 
  5. ^ 小松左京 『アメリカの壁』文藝春秋、1982年、63頁。ISBN 978-4-16-717609-9 
  6. ^ 矢野徹 『悪夢の戦場』早川書房、1982年、108・109・297頁頁。ISBN 978-4-15-030159-0 
  7. ^ 沼正三 『家畜人ヤプー』角川書店、1972年、55 - 58・486 - 489頁頁。ISBN 978-4-04-133401-0 



1977年(昭和52年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/14 14:26 UTC 版)

高松市の歴史」の記事における「1977年(昭和52年)」の解説

高松市役所新庁舎起工する香川県立高松西高等学校開校する高松法務合同庁舎竣工する高松南郵便局竣工する瀬戸大橋当面早期完成を図るルートとなる。 高松市聾唖協会発足する

※この「1977年(昭和52年)」の解説は、「高松市の歴史」の解説の一部です。
「1977年(昭和52年)」を含む「高松市の歴史」の記事については、「高松市の歴史」の概要を参照ください。


1977年(昭和52年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 04:12 UTC 版)

昭和」の記事における「1977年(昭和52年)」の解説

北朝鮮による日本人拉致問題盛んになる王貞治#本塁打ハンク・アーロン本塁打記録抜き世界一となる。ダッカ日航機ハイジャック事件

※この「1977年(昭和52年)」の解説は、「昭和」の解説の一部です。
「1977年(昭和52年)」を含む「昭和」の記事については、「昭和」の概要を参照ください。


1977年(昭和52年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 13:55 UTC 版)

マルハ」の記事における「1977年(昭和52年)」の解説

新領海法施行排他的経済水域設定により遠洋漁業衰退へ向かう。中部謙吉社長死去。謙吉の次男中部藤次郎社長に就任長男中部謙次郎が幾徳学園を、三男中部慶次郎大東通商それぞれ相続)。球団オーナー中部新次郎副社長(兼市の三男就任

※この「1977年(昭和52年)」の解説は、「マルハ」の解説の一部です。
「1977年(昭和52年)」を含む「マルハ」の記事については、「マルハ」の概要を参照ください。


1977年(昭和52年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/10 06:28 UTC 版)

日本におけるアメリカ軍機事故の一覧」の記事における「1977年(昭和52年)」の解説

9月27日 - 神奈川県横浜市緑区荏田町(現青葉区荏田北3丁目の大入公園付近)の住宅地に、空母ミッドウェイ向か途中RF-4B戦術偵察機エンジン火災起こして墜落した。この事故民家2棟全焼し3歳幼児1歳乳児の2名が全身火傷死亡他に7名が重軽傷負った亡くなった子の母親大火傷負い一命取り留めたものの、その後4年間に渡り60回もの皮膚移植の手術等の治療を受け肉体的に回復するが、1982年昭和57年1月26日心因性呼吸困難により死亡した。なお、パイロット2名はパラシュート脱出し無事だった詳細は「横浜米軍機墜落事件を参照

※この「1977年(昭和52年)」の解説は、「日本におけるアメリカ軍機事故の一覧」の解説の一部です。
「1977年(昭和52年)」を含む「日本におけるアメリカ軍機事故の一覧」の記事については、「日本におけるアメリカ軍機事故の一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「1977年」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「1977年」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

1977年のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



1977年のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
江戸net江戸net
Copyright (C) 2022 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの1977年 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの高松市の歴史 (改訂履歴)、昭和 (改訂履歴)、マルハ (改訂履歴)、日本におけるアメリカ軍機事故の一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS