開港とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 税関関係用語 > 開港の意味・解説 

かい こう -かう [0] 【開港】

( 名 ) スル
条約または法令により、外国との通商貿易のために港を開き外国船出入りを許すこと。また、その港。 ⇔ 鎖港日米通商条約により下田などを-した」
新しく港や空港をつくって業務始めること。
港口港外水域向けて自然のままに開いている港。開口港。

開港

関税法上、貨物輸出及び輸入並びに外国貿易船入港及び出港その他の事情勘案して政令定める港をいう。(関税法第2条第1項第11号)

※この記事は「税関」ホームページ内の「税関関係用語集」の2008年10月現在の情報を転載しております。

開港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/04/25 19:48 UTC 版)

開港(かいこう)とはを開くことであり、通常、外国に対する貿易ができるようにすることをいう。また、そのようにして開かれた港のことをいう。時に空港に対しても使う。




「開港」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「開港」の関連用語

開港のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



開港のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
※この記事は「税関」ホームページ内の「税関関係用語集」の2008年10月現在の情報を転載しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの開港 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS