開港とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 税関関係用語 > 開港の意味・解説 

かい‐こう〔‐カウ〕【開港】

[名](スル)

新しく港や空港を開くこと。また、新しくできた港や空港業務が始まること。「来年この町空港が開港する」

条約法令によって外国との貿易のために港を開くこと。「横浜安政年に開港された」⇔鎖港


かい‐こう ‥カウ 【開港】

〔名〕

新たに港や空港設備をして業務始めること。

外国船舶出入外国との通商条約法令認められること。

禁令考‐前集第二・巻一四・慶応元年(1865)一〇月七日兵庫開港之儀者、直に談判整兼候」


開港

関税法上、貨物輸出及び輸入並びに外国貿易船入港及び出港その他の事情勘案して政令定める港をいう。(関税法第2条第1項第11号)

※この記事は「税関」ホームページ内の「税関関係用語集」の2008年10月現在の情報を転載しております。

開港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/16 17:37 UTC 版)

開港(かいこう)とはを開くことであり、通常、外国に対する貿易ができるようにすることをいう。また、そのようにして開かれた港のことをいう。時に空港に対しても使う。




「開港」の続きの解説一覧

開港

出典:『Wiktionary』 (2014/05/06 10:14 UTC 版)

名詞

かいこう

  1. 外国との貿易通商のため開放すること。
  2. 港や空港新設業務始めること。

発音

か↗いこー

動詞

活用

サ行変格活用
開港-する


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「開港」の関連用語

開港のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



開港のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
※この記事は「税関」ホームページ内の「税関関係用語集」の2008年10月現在の情報を転載しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの開港 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの開港 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS