第1項とは? わかりやすく解説

第1項

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/20 18:42 UTC 版)

日本国憲法第4条」の記事における「第1項」の解説

第1条により、天皇の地位象徴とされたことに伴い天皇権能について規定するものである一般に天皇がなす行為としては国事行為として第7条規定され国政に関する権能有しないものとされた。イギリス連邦諸国などにおいては明文もしくは憲法慣行による規制を受けない範囲では元首統治権留保されるという留保権限英語版)という憲法概念が存在するが、本条項は天皇留保権限類する権限持たないことを規定している。 大日本帝国憲法においては第4条において統治権総攬するものとされ、国政に関する多岐にわたる権能有するものと規定されていた。

※この「第1項」の解説は、「日本国憲法第4条」の解説の一部です。
「第1項」を含む「日本国憲法第4条」の記事については、「日本国憲法第4条」の概要を参照ください。


第1項

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/15 16:57 UTC 版)

日本国憲法第6条」の記事における「第1項」の解説

議院内閣制一つ現れとして、内閣総理大臣国会指名するものとされている指名については、日本国憲法第67条規定があり、内閣総理大臣は、国会議員中から国会の議決指名されるものとされている指名なされた場合には、衆議院議長から、内閣経由して奏上なされる国会法65第2項)。

※この「第1項」の解説は、「日本国憲法第6条」の解説の一部です。
「第1項」を含む「日本国憲法第6条」の記事については、「日本国憲法第6条」の概要を参照ください。


第1項

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/04 10:17 UTC 版)

免許を要しない無線局」の記事における「第1項」の解説

訪日外国人持ち込むWi-Fi端末Bluetooth機器等について、所定の条件を満たす機器国内利用できることとするものである対象となる機器は、一部小電力データ通信システム無線局で、入国日から90以内制限がある。 外国から持ち込まれ携帯電話端末BWA端末が日本で使用できるのは特定無線局とみなす制度よるもので、法的根拠異なる。特定無線局#特定無線局と通信の相手方を同じくする外国の無線局参照

※この「第1項」の解説は、「免許を要しない無線局」の解説の一部です。
「第1項」を含む「免許を要しない無線局」の記事については、「免許を要しない無線局」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「第1項」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

第1項のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



第1項のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの日本国憲法第4条 (改訂履歴)、日本国憲法第6条 (改訂履歴)、免許を要しない無線局 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS