指名とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 指名 > 指名の意味・解説 

し‐めい【指名】

読み方:しめい

[名](スル)名をあげて、その人指定すること。なざし。「—を受ける」「総理大臣を—する」


指名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/15 05:27 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「指名」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「指名」を含むページの一覧/「指名」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「指名」が役に立つかも知れません。


指名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/31 14:39 UTC 版)

リチャード・モントゴメリー」の記事における「指名」の解説

1775年6月15日新しく結成され大陸軍総指揮官にジョージ・ワシントン指名された後、第二次大陸会議ニューヨーク植民地政府大陸軍従軍する2人の者を選出するよう求めた。1人少将に、もう一人准将指名される者とされた。議会フィリップ・スカイラー少将として重視したモントゴメリーはこの件に関してスカイラーそのような役割に就くには十分な戦闘経験を持っていないと考えたので心配を表明したモントゴメリーは、「フィル・スカイラーは私を納得させようとした...植民地における彼の重要性重要な信任値させている。しかし、かれは強い神経を持っているだろうか誰が指名されるにしろその点十分に確認できればと思う」と記していた。モントゴメリー自分准将の候補として検討されていることは知っていたが公には指名される願望表明しなかった。それでも6月22日スカイラー少将に、モントゴメリー准将指名された。モントゴメリーは同じ准将になったの中で第2位位置づけられた。 この指名に対する見解の中でモントゴメリーは、「大陸会議は私を准将に選ぶ栄誉与えてくれたが、私が自分のために描いていた静かな人生に暫くの間、おそらく永久に終わりを告げる出来事である。まったく予想もせず望んでもいなかったことだが、抑圧された人々意思は自由と隷属間の選択迫られており、従うしかない。」と語っていた。

※この「指名」の解説は、「リチャード・モントゴメリー」の解説の一部です。
「指名」を含む「リチャード・モントゴメリー」の記事については、「リチャード・モントゴメリー」の概要を参照ください。


指名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/20 17:01 UTC 版)

ジェイムズ・ロングエーカー」の記事における「指名」の解説

1844年7月、ゴブレヒトの死により、アメリカ合衆国造幣局彫師主任がいなくなったその後任への指名を期待した者達の中にはフィラデルフィア紙幣製版者チャールズ・ウェルシュと、元大統領ジョン・クインシー・アダムズメダル造幣局造ったときの型製作者アレン・レナードがいた。しかし、上院議員ジョン・カルフーン影響力を通じてロングエーカーがその指名を獲得した貨幣歴史家のドン・タクセイに拠ればロングエーカーは、ジョン・タイラー大統領からの指名を求めるときに造幣局支配人ロバート・M・パターソン支持得ようとしなかった。「しかしパターソンがその軽視不満だったならば、レナード執拗さ悩まされたことであろう」とタクセイ記しているロングエーカーは、1844年9月16日タイラー大統領から任命受けた。それは休会任命であり、彫師主任の職はアメリカ合衆国上院確認を必要としたが、その時点では休会中だった。タイラー1844年12月17日ロングエーカーの指名を上院告知し1845年1月7日上院がそれを確認したが、反対意見あったか記録されていない貨幣学者のデイビッド・ランゲに拠れば彫師銀板写真法の出現によって仕事減っていたので、ロングエーカーはその地位得られたことを喜んだとしている。 貨幣取引業者著作家でもあるQ・デイビッド・ボワーズに拠ればロングエーカー彫師主任任命されたとき、「1839年以来貨幣鋳造主任務めフランクリン・ピール支配する造幣局で、陰謀政治内輪もめのあるスズメバチの巣入ったことがわかった」としている。ピールは、造幣局職員自分の住まい派遣して働かせ貨幣鋳造主任としての公式任務前任者アダム・エックフェルト退職後無給遂行し続けたので、政府資源使って民間メダル用型を制作するという儲か事業進めていた。ピールは型や材料へのアクセス支配しており、支配人パターソンには近かった。この二人後に金塊保管分から一部抜いていたことが分かった造幣局他の役人パターソン仲間であり、ロングエーカーは彼らの中で孤独である自分見出した貨幣収集家のウォルター・ブリーンは、そのアメリカ合衆国貨幣に関する包括的な著作の中でロングエーカーカルフーン後ろ盾になった彫師なので、南部人としてカルフーン嫌いなパターソンロングエーカー不快に思っていたことを示唆している

※この「指名」の解説は、「ジェイムズ・ロングエーカー」の解説の一部です。
「指名」を含む「ジェイムズ・ロングエーカー」の記事については、「ジェイムズ・ロングエーカー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「指名」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

指名

出典:『Wiktionary』 (2021/07/26 10:29 UTC 版)

名詞

しめい

  1. あることのために、特定の人や物の名前指し示すこと。

発音(?)

し↗めー
  • 接頭辞「ご」が付くと、「ご↗しめー」となる。

関連語

翻訳

動詞

活用

サ行変格活用
指名-する

翻訳


「指名」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



指名と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

指名のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



指名のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの指名 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのリチャード・モントゴメリー (改訂履歴)、ジェイムズ・ロングエーカー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの指名 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS