下級生とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 下級生の意味・解説 

かきゅう‐せい〔カキフ‐〕【下級生】

読み方:かきゅうせい

下の学年生徒・学生。⇔上級生


下級生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/12/09 13:13 UTC 版)

下級生(かきゅうせい)には、次のような意味がある。




「下級生」の続きの解説一覧

下級生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/27 00:44 UTC 版)

すくらっぷ・ブック」の記事における「下級生」の解説

坂井 かおる(さかい かおる) 美術部1年後輩。10月22日生まれ。晴の後を継いで部長となる。恵子とは名コンビツッコミ役。 中沢 恵子なかざわ けいこ) 同じく美術部1年後輩。1月11日生まれ香苗の後を継いで副部長となる。通称けーこ。それほど太っているという訳ではないが普通に走るより、「転がる」方が速い。 常に赤いベレー帽をかぶっているのが特徴しゃべり方も、「**でございます」と独特。ちなみに独り言などでは「***なんだな」。晴の3年時バレンタインデーには晴に愛用の赤ベレー渡してしまう(しっかりスペア用意していた)。

※この「下級生」の解説は、「すくらっぷ・ブック」の解説の一部です。
「下級生」を含む「すくらっぷ・ブック」の記事については、「すくらっぷ・ブック」の概要を参照ください。


下級生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/21 22:03 UTC 版)

緋弾のアリア」の記事における「下級生」の解説

風魔 陽菜(ふうま ひな) 声 - 今村彩夏 黒髪ポニーテール少女で、口当てで口元覆い長いマフラーの様赤布首に巻いている東京武偵高校2年専門科目は『諜報科』でランクはB。高名な相模忍者末裔だという噂があり、一人称は「某」、語尾に「ござる」を付けるなど典型的な忍者口調話している。 キンジの『戦妹』であり、神奈川武偵付属中学キンジとの戦闘訓練で、『HSS』を発動させたキンジによって赤子の手をひねるよう倒されてからは、キンジ尊敬するようになり、「師匠」と呼ぶようになっている情報収集には使えるために、キンジ報酬代わりに『戦妹』としている。普段は修行称してバイト精を出す赤貧少女であり、よく腹を空かせている。そのため、報酬食べ物でも依頼請け負うこともある。 携帯武器クナイ火縄銃その他に手裏剣煙玉・刀・鉤爪なども使用している武藤 貴希(むとう きき) 東京武偵高校2年専門科目は『車輌科』。 武藤剛気の妹。兄に似ている点は(女子にしては長身170センチメートル近くあることと、操縦に対する執着が度を越していること。シャープな美人顔で、レースクイーンバイトをしている。 命知らずのスピード狂らしく、口癖は「轢いちゃうぞ」。先輩であるキンジにも平気でタメ口使っている。 宗宮 つぐみ(そうみや つぐみ) 東京武偵高校2年眼鏡三つ編み気弱な女子専門科目は『救護科』で、獣医学専攻している。 レキ依頼ハイマキ治療や彼女の留守中面倒を見たりしている。

※この「下級生」の解説は、「緋弾のアリア」の解説の一部です。
「下級生」を含む「緋弾のアリア」の記事については、「緋弾のアリア」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「下級生」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「下級生」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



下級生と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

下級生のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



下級生のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの下級生 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのすくらっぷ・ブック (改訂履歴)、緋弾のアリア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS