ドラフトとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ドラフトの意味・解説 

ドラフト【draft】

人を選抜すること。→ドラフト制

下書き草稿

洋裁で、型紙輪郭を描いた下図


ドラフト

〔名〕 (英 draft

① 人を選抜すること。「ドラフト会議

下書き草案草稿

新西洋事情(1975)〈深田祐介日本業者思想欧州死す「あらかじめ原稿(ドラフト)を作り

服飾で、型紙輪郭を描いた下図製図

④ 引くこと。特に、紡績工程で、スライバーラップ粗糸ローラーにはさんで引き伸ばし細くすること。

(5) 通気通風。特に、蒸気機関車などが排気すること。


ドラフト(ドラフト)(draft)

プロ野球12球団参加して、各球団新規獲得選手決め会議球団間の戦力均衡目的として、1965年開始された。

球団選手獲得するには、自由獲得枠とドラフトの二つ制度がある。自由獲得枠は、従来逆指名制度にあたり球団選手直接交渉して契約するものだ。高校生以外の選手について、1球団あたり最大2名までこのから獲得できる。しかし、自由獲得枠を使うと、ドラフト会議ハンデ付けられることになっている

ドラフト会議では、自由獲得枠を使わなかった球団今回広島日本ハムダイエー西武)が、まず一巡目で指名する。

2巡目には自由一つ使った球団オリックス中日楽天)が参加する。3巡目は自由獲得枠を使わなかった球団もう一度参加する。2巡目と3巡目は、ウェーバー方式により成績下位球団から順番に、選手重複ないよう指名していく。

4巡目以降全球団が参加できる。成績上位球団から順番指名する逆ウェーバー方式ウェーバー方式繰り返し選手獲得する。

(2004.11.19掲載


ドラフト draft

一般には圧力差に起因する空気流れ温風管、煙突暖房機、室内空間などの中で 起こる空気気体流れをいう。暖房機の場合でいえば、燃焼高温排ガスの軽比重給気常温空気比重の差により生ず浮力ともいえる。人体にとって不快な感じ気流で、 すきま風冬期窓面からの自然対流冷風などをいうこともある。

ドラフト

煙突内での煙の引き込み
燃焼することで上昇気流が生じて煙が吸気される。スムーズ排煙の重要な要素

ドラフト

名前 Dragt

ドラフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/01 03:34 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

ドラフト

一覧

関連項目




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ドラフト」の関連用語

ドラフトのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ドラフトのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2021 時事用語のABC All Rights Reserved.
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2021 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
薪おじさん薪おじさん
Copyright(C)2021 maki-ojisan.com All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのドラフト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS