型紙とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 歴史民俗用語 > 型紙の意味・解説 

かた‐がみ【型紙】

洋裁手芸などで、布を裁つのに用いる形に合わせ製図して切り取った紙。パターン

小紋・型友禅紅型(びんがた)などの型染めに使う模様彫り抜いた紙。型付け紙。


型紙

読み方:カタガミ(katagami)

捺染に用いる模様を彫った厚紙


型紙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/14 20:54 UTC 版)

型紙(かたがみ)とは、に切ったのこと。染色洋裁手芸などで用いられる[1]




「型紙」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「型紙」の関連用語

型紙のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



型紙のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの型紙 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS