布とは?

にの【布】

「ぬの(布)」の上東国方言。にぬ。

筑波嶺(つくはね)にかも降らる否をかも愛しき児ろが—乾さるかも」〈三三五一


ぬの【布】

織物総称古くは、絹に対して、麻・(くず)などの植物繊維で織ったものをいい、のち、木綿も含めた。

建築で、横・平ら・平・平行などの意を表す語。「布羽目(はめ)」


ふ【布】

[音](呉) ホ(漢) [訓]ぬの しく

学習漢字5年

[一]〈フ〉

麻や綿などの織物一般に、織物。ぬの。「布衣(ふい)・布巾(ふきん)・布帛(ふはく)/画布乾布絹布財布湿布瀑布(ばくふ)・麻布綿布毛布

平らに敷き広げる。「布陣布石散布塗布

広く行き渡らせる。「布教布告布施布令(ふれい)/公布宣布配布発布頒布分布流布(るふ)」

古代中国貨幣一種。「布銭泉布刀布

[二]〈ぬの〉「布地布目麻布

名のりしき・たえ・のぶ・よし

難読荒布(あらめ)・御布令(おふれ)・搗布(かじめ)・毛布(ケット)・布哇(ハワイ)・布団(ふとん)・布衣(ほい)・布衣(ほうい)・忽布(ホップ)・布袋(ほてい)・若布(わかめ)・和布(わかめ)


ふ【布】

ぬの。「敷(しき)布」「(くず)布」

布銭(ふせん)。


ほ【布】

⇒ふ


きれ【切れ】

【一】[名]

物の切れ端。「板の切れ」「布切れ

㋑(「布」「裂」とも書く)織物を切ったもの。また、織物。布(ぬの)。「木綿の切れ」「余り切れ(ぎれ)」

書画などの、古人筆跡断片断簡。「高野切れ(ぎれ)」「古筆切れ(ぎれ)」

刃物の切れぐあい。切れ味。「包丁の切れがにぶる」

頭脳技術働き鋭さ。「頭の切れのいい人」「技に切れがない」

投げた球の曲がりぐあいの鋭さ。「カーブの切れがいい」

さらっとして後に残らない口あたり。「切れのいいウイスキー

水気などがなくなること。また、そのぐあい。「油の切れがよくないフライ

付着していたものや残っていたものがなくなること。また、そのぐあい。「泡の切れのよい洗剤」「痰(たん)の切れをよくする

目じり切れ込みのぐあい。「切れの長い目

石材体積の単位一切れは1尺立方で、約0.028立方メートル

(「ぎれ」の形で)名詞の下に付きそのもの使い切っている意を表す。「期限切れ」「在庫切れ

同類の中の末端一人はしくれ

「望んで軍(いくさ)に立ってこそ男の—ともいふべけれ」〈浄・用明天王

【二】接尾助数詞

切ったものを数えるのに用いる。「たくあん一切れ」「ようかん二切れ」

江戸時代一分金数えるのに用いる。

白銀五百匁二包み小判二十五一歩合わせて四十—」〈浄・二枚絵草紙

[下接語] 板切れ紙切れ半切れ一切れ棒切れ襤褸(ぼろ)切れ(ぎれ)当て切れ有り切れ歌切れ裏切れ恵比須(えびす)切れ・木切れ・錦(きん)切れ・小切れ・古(こ)切れ・古代切れ古筆切れ・細(こま)切れ・時代切れ竹切れ裁ち切れ継ぎ切れ出切れ共切れ布切れ・端(は)切れ・古(ふる)切れ・名物切れ寄せ切れ


の【幅/布】

布の幅を数え単位一幅(ひとの)は鯨尺で1尺(約37.9センチ)。

一幅分の布。はぎ合わせた衣や幕などの一部をさすのに用いる。


にぬ【布】

〔名〕 (現在、「の」の甲類万葉仮名とされている「怒・努・弩」などを「ぬ」と読んだところからできた語) =にの(布)

東雅(1717)七「布〈略〉またにぬともしるすは、にはぬいのひびきあり。ぬににぬのひびきありと見ゆ


にの【布】

〔名〕 「ぬの(布)」をいう上代東国方言。にぬ。

万葉(8C後)一四・三三五一「筑波嶺(つくはね)にかも降らる否(いな)をかも愛(かな)しき児ろが爾努(ニノ)乾(ほ)さるかも」


ぬの【布】

〔名〕

麻・苧(からむし)・(くず)などの繊維で織った織物。絹に対していう。後世木綿をも加え、絹および毛織以外の一切織物をいう。

古事記(712)中「其の王子は布(ぬの)の衣褌(きぬはかま)を服て、既に賤人(やつこ)の形に為りて」

② ①と絹の総称

建築で、語の上に付けて平ら・平・横・平行などの意を表わす語。「布羽目」「布竹


のの【布】

〔名〕 「ぬの(布)」の変化した語。〔かた言(1650)〕


のんの【布】

〔名〕 =のの(布)

滑稽本浮世風呂(1809‐13)二「布子(おひえ)の裏をの、布布(ノンノ)に解て見たらの」


ふ【布】

〔名〕

① 絹以外の植物性繊維織物総称。ぬの。

続日本紀養老七年723二月己酉「給戸頭百姓種子各二斛、布一常、鍬一口」〔儀礼‐士喪礼

② =ふせん(布銭

杏の落ちる音(1913)〈高浜虚子〉一五「明治新銭譜などを参考乍ら緑雨系統的に刀(とう)・布(フ)などの話から姶めた」〔周礼天官・外府〕


きれ【切・布】

1⃣ 〔名〕 (動詞「きれる(切)」の連用形名詞化

① 切れて残った物の一部分切れ端

(イ) 木、紙、髪などの切れ端

和泉式部集(11C中)上「宮法師になりて、髪のきれをおこせ給へるを」

(ロ) 布帛(ふはく)の切れ端また、広く反物(たんもの)、織物をもいう。

閑居友(1222頃)上「腰にはのきれをまきてぞありける

(ハ) 書画などの、古人筆跡断片。断巻。「高野切」「本阿彌切」「つたぎれ」など。

咄本昨日は今日の物語(1614‐24頃)上「弘法大師心経のきれを三くだりばかり求め出して」

(ニ) ほんのわずか。

四河入海(17C前)一三「又は我家食物のきれがない程にも不来と云心ぞ」

数多い同類の中の一人多く、「とるにたりない者だが」という謙遜気持含めていう。はしくれ

玉塵抄(1563)四三「とをい国に王のきれにないて名ばかり王にしてをかれたぞ」

つながっているもの、続いているものなどが切れること。また、その切れ目や切れぐあい、刃物の切れあじ。

歌舞伎曾我綉侠御所染御所五郎蔵)(1864)五幕「この百両手切(てきれ)にやり、お主御恩を送らせて、それを切(キレ)にさっぱりと、縁を切ってしまふほどに、どうぞその金下さんせいな」

④ (目について) 目じりの方へ切れ込んでいるぐあい。

椀久物語(1899)〈幸田露伴〉二「癇癖知るる眼尻のきれ、色白にして柔和なれど侮り難き風情あるは」

(5) 小判などに付いた、きず。また、きずのついた小判

浮世草子好色二代男(1684)三「其小判は切(キレ)もなく、かる目もないかととへば」

(6) 端女郎色を売るのに、時間区切ること。

随筆吉原失墜(1674)「きれをうるとは、いかなるゆへとたづね侍れば」

(7) 遊女をいった、和泉国大阪府)堺の語。

評判記色道大鏡(1678)一四「伊勢遊び女を彦右といひ、尾州にては壁むしり〈略〉泉州堺にてはきれといふ」

(8) (「一切れ」のかたちで) 男女かりそめの情事

浄瑠璃淀鯉出世滝徳(1709頃)上「しんぞ一きれふるまひたい」

(9) 立花で、前に十文字になるように他のを出すこと。

男重宝記元祿六年)(1693)三「よそののよこへ出たるまへへ立(たて)に出し、たてに出たる前へよこに出して、十文字になすべからず。切(キレ)とてきらふ事也」

(10) 石材一尺(約三〇センチメートル立方のもの。

(11) 人の才能技術などの鋭さ。「頭の切れがいい」「切れのいい論文

(12) 投げた球などの勢い冴えまた、その曲がりぐあいの鋭さ。「カーブの切れが悪い」

2⃣ 〔接尾

① 切ったものを数えるのに用いる。

宇治拾遺(1221頃)八「汝が身は先(まづ)二百きりさきて、おのおの一きれづつ取りてんとす」

江戸時代一分金数えるのに用いる。または個の代わりに使われる。

坂上池院日記万治四年(1661)「右入用の金有増金一十六万八十六切と云々


の【幅・布】

〔名〕

和語数詞に付けて、布や織物の幅を数え単位織り上げられた布の幅をいい、現今では、普通三センチメートル鯨尺九寸五分曲尺一尺一寸九分)。その幅のままで衣服や幕などを作った場合に、横に何本の布を縫い合わせて使ってあるかを数えるのに、二(ふた)の、三(み)の、などと用いる。〔十巻本和名抄(934頃)〕

浄瑠璃五十年忌歌念仏(1707)中「今日蚊帳祝儀とて萌葱生絹(すずし)六(むノ)七(ななノ)」

一幅分の布をさしていう。仕立て上げられた衣類や幕などの一部をさすのに用いる。

詞花(1151頃)秋・一一五「主や誰しる人なしに藤袴見ればのごとにほころびにけり〈隆源〉」


し・く【敷・布・藉・鋪】

1⃣ 〔自カ四〕 一面広く、むらなく行きわたる。

書紀720欽明一六二月寛文版訓)「聖王、妙(たへ)に天の道つ地の理(ことわり)を達(さと)て、名四表(よも)八方(やも)に流(シケ)り」

千載(1187)春上・八しく春のしほ路を見渡せば緑を分く沖つ白波藤原兼実〉」

2⃣ 〔他カ五(四)

① 上に物をのせるように平らにひろげる。

(イ) 物を平らにのべ広げる

古事記(712)中・歌謡「葦原の 密(しけ)しき小屋(をや)に 菅畳(すがたたみ) いやさや斯岐(シキ)て 我が二人寝し」

万葉(8C後)一七・三九六二「ぬばたまの 黒髪之吉(シキ)て いつしかと 嘆かすらむそ」

(ロ) その上にすわったり寝たりするために、平らに置く。敷物にする。

海道記(1223頃)蒲原より木瀬川野に草敷てまたこぬ人を先にやる」

(ハ) 下におさえつける

太平記14C後)二〇「義貞弓手の足をしかれて、起あがらんと給ふ処に」

日葡辞書(1603‐04)「クルマ、イシナドニ xicaruru(シカルル)〈訳〉車、石などに踏みつぶされる」

(ニ) 言いなりにさせる。

滑稽本浮世床(1813‐23)二「亭主を尻に敷(シ)く浮虚的(うはきもの)の女房も」

② 物を一面並べたり、配置したりする。

(イ) 一面並べる。広く散らばす

万葉(8C後)一八・四〇五六堀江には玉之可(シカ)ましを天皇(おほきみ)を御船漕がむとかねて知りせば」

(ロ) 配置する。また、敷設する。「陣を敷く」

妹背貝1889)〈巖谷小波〉春「然し此頃此の辺にも鉄道が敷かれ」

治める。領する。しる。

万葉(8C後)一八・四一二二「天皇(すめろき)の 之伎(シキ)ます国の 天の下 四方の道には」

日葡辞書(1603‐04)「クニヲ xiqu(シク)」

広く及ぼす。また、広く触れ示す。ひろめる。

大慈恩寺三蔵法師伝承徳三年点(1099)七「輪王の慈を以て法王の化を敷(シク)」

現代経済考える(1973)〈伊東光晴〉 II.「基礎的研究をもとに技術独占体制をしく」

(5) 保証のために金銭を出す。

(イ) 持参金にする。敷銀(しきがね)とする。

浮世草子昼夜用心記(1707)三「残る百両を敷て道場医者か、兎角身楽なる方へかたづきたきねがひ」

(ロ) 家賃地代支払い保証する。

(6)べる。

谷川士清本居宣長書簡明和二年(1765)八月四日「聊以布鄙懐


【布】(ぬの)

植物の繊維や、動物体毛を織って作ったもの。

初期航空機は翼、胴体ともほぼ全て全て木製フレーム骨格)に羽布を張ったものだった。だが、次第応力外皮構造に取って代わられてゆく。
しかしながら動翼においては第二次世界大戦ごろまで使われていた。
さらに、フェアリー・ソードフィッシュでは全体ホーカー・ハリケーンでは胴体後部金属フレーム布張りという構造が使われていた。


読み方:ヌノnuno

古代用いられた、麻・などの繊維で織った織物


材料

天然素材
素材 特徴
木綿コットン 吸湿性保温性に優れた扱いやすい布。繊維が強いので、洗濯漂白が簡単にできるが、シワになりやすい。ドライクリーニングが必要なものもあるが、アイロン通常高温スチームアイロンで。
麻(リネン サラサラした肌触りで、放熱、放湿性に富む。丈夫で長持ちするので、衣類だけでなくキッチンクロスのようなリネン類にも使用される。洗濯家庭用の漂白剤はさけ、水洗いおすすめアイロン高温スチームで。
絹(シルク なめらかな感触光沢魅力摩擦弱く水分を含んだ状態で摩擦をするとけば立つので、ウォッシャブル以外は水洗いをさける。紫外線に当たると黄色変色し、水分与えるとシミになり縮むので保管には注意が必要。アイロンドライ中低温で。
毛(ウール 主に動物の毛から取っ繊維で、伸縮性、弾性保温性に富んでいる。水分含ませこするとフェルト化するアイロン当て布をしてスチームの中温で。
化学繊維
素材 特徴
レーヨン 絹に似せてつくられた再生繊維で、絹に似た美し光沢感触特長吸湿、放湿性がよく、熱に強いが、水分を含むと強度が低くなるほか、部分的にぬれると汚れが残ることもある。アイロンスチームで中温かドライ低温
ポリエステル 摩擦強度強く耐久性優れている水洗いでき、速乾性もあり、シワになりにくい。吸湿性が低いので、にぬれても乾きやすいが、静電気起きる。テカリ防止のためアイロン当て布をする。
ナイロン 弾力性富み強度が高い。日光に当たると黄変するので、陰干しする。伸縮加工しやすいので、ストッキング水着などに用いられる。アイロン低温で。
アクリル ウール比べ摩擦強く耐久性耐光性優れている吸湿性が低いので、にぬれても乾き早いアイロン高温にすると溶けることがあるので低温で。
ポリウレタン 引っ張ると伸びるゴムのような性質があるので、混紡ストレッチ素材利用される。水洗い場合優しく手洗いか、洗濯機ネットに入れる。スチームアイロンはさけ、ドライ低温で。

作者倉阪鬼一郎

収載図書恐怖症異形コレクション
出版社光文社
刊行年月2002.5

収載図書鳩が来る家
出版社光文社
刊行年月2003.1
シリーズ名光文社文庫


読み方:ぬの

  1. 粗目役人ノコトヲ云フ。〔第五類 官吏官舎之部・石川県
  2. 取締り怠慢なる役人の事。注意行届かない役人のこと。〔石川県
  3. 取締緩慢な役人のこと。注意行届かない役人のことをいう。

分類 石川県

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:ヌノnuno

所在 高知県土佐清水市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

読み方
ぬの
ふさき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/18 05:06 UTC 版)

(ぬの)とは




  1. ^ a b 大辞泉
  2. ^ 麻とは”. 一般社団法人『伊勢麻』振興協会. 2020年4月4日閲覧。
  3. ^ 古代織産地連絡会公式サイト”. 古代織産地連合会公式サイト. 2020年4月4日閲覧。
  4. ^ 白泉社中国語辞典


「布」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 16:56 UTC 版)

発音

名詞

  1. (ぬの)綿といった繊維から織り上げたもの。衣服などの材料となる。

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



布と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「布」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



布のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日本ヴォーグ社日本ヴォーグ社
Copyright (c) NIHON VOGUE-SHA Co., Ltd. All Right Reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの布 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS