取締りとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 取締りの意味・解説 

とり‐しまり【取(り)締(ま)り】

読み方:とりしまり

取り締まること。また、その人。「管内の―にあたる

取締)「取締役」の略。


取り締まり

(取締り から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/19 07:11 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「取り締まり」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「取り締まり」を含むページの一覧/「取り締まり」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「とりしまり」が役に立つかも知れません。(Template:Wiktionary redirect

関連項目



取締り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/22 14:58 UTC 版)

過積載」の記事における「取締り」の解説

高速道路入口本線料金所では、自動軸重測定している場合もあるし、検問行われている。俗にカンカン」(看貫)といい、計量台に載せられて、車両総重量から自動車検査証記載の自重引いたものが積載重量として判定される。1キログラムでも超えれば、厳密に過積載である。道路交通法違反として、次のように定められている。 違反点数反則金大型車の場合)5割未満 2点 30000円 5割以上10未満 3点 4000010割以上 6点 6ヶ月下の懲役または10万円以下の罰金交通反則通告制度不適用) 国土交通省2015年1月基準2倍以上の悪質違反者に対して違反事実をもって即時告発を行う実施方針打ち出している。以降日本高速道路保有・債務返済機構およびネクスコ3社本州四国連絡高速道路首都高速道路阪神高速道路の6社は、違法な大型トレーラー通行させていた運送会社を、警察即時告発する手続き取っている。

※この「取締り」の解説は、「過積載」の解説の一部です。
「取締り」を含む「過積載」の記事については、「過積載」の概要を参照ください。


取締り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/29 03:51 UTC 版)

特殊車両通行許可」の記事における「取締り」の解説

通常国道沿いの検問所高速道路インターチェンジ出入路やバリア等で道路管理者が行う。違反者(車)にはその場で指導警告書措置命令書等が交付されたり、悪質な場合その場で運行禁止命ぜられる場合がある。また高速道路会社の場合は本線への流入禁止しUターンをさせる。バリアの様に引き返せない場合一般道路への流出口解放され誘導される場合もある。また下記してある通り罰則規定あるものの、実際に罰則を受けるのは稀である

※この「取締り」の解説は、「特殊車両通行許可」の解説の一部です。
「取締り」を含む「特殊車両通行許可」の記事については、「特殊車両通行許可」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「取締り」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

取締り

出典:『Wiktionary』 (2021/08/22 09:06 UTC 版)

和語の漢字表記

  1. とりしまり参照

「取締り」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「取締り」の関連用語

取締りのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



取締りのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの取り締まり (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの過積載 (改訂履歴)、特殊車両通行許可 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの取締り (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS