取とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 歴史民俗用語 > の意味・解説 

しゅ【取】

[音]シュ(漢) [訓]とる

学習漢字3年

とる。つかみとる。手に入れる。「取材取捨取得看取詐取採取搾取進取摂取奪取聴取略取

名のり]とり


しゅ【取】


どり【取(り)】

「と(取)り【一】4」に同じ。「二百石取りの家臣


とり【取(り)】

【一】[名]

取ること。また、その人多く他の語と複合して用いる。「音頭取り」「かじ取り」「月給取り

寄席で、最後に出演する人。「取りをつとめる」

最後に上演上映する呼びもの番組映画

(「…どり」の形で、数量を表す語に付けて用いる)

㋐その量の米を知行として受け取武士。「千石取り」

㋑その量の米でつくる供え餅(もち)。「二合取り」

㋒その金額給料を取る者。

三十円—の会社員」〈一葉ゆく雲

㋓その揚げ代を取る下級遊女

「三匁—は、さのみいやしからず」〈浮・一代女・二〉

【二】[接頭]動詞などに付いて、語調を整え、改まった感じにするのに用いる。「取りつくろう」「取りみだす」



読み方:とる

  1. 御す(※「ぎょす」)に同じ。
  2. 目上の男が目下の女を寵愛すること。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/23 16:29 UTC 版)

(しゅ)とは、サンスクリット語およびパーリ語ウパーダーナ: upādāna)に由来する言葉であり、「ある活動を活性化させ維持させる源や手段となる、燃料、物質的原因、気質」という意味である[1][2]


  1. ^ Thomas William Rhys Davids; William Stede (1921). Pali-English Dictionary. Motilal Banarsidass. pp. 149. ISBN 978-81-208-1144-7. https://books.google.com/books?id=0Guw2CnxiucC. 
  2. ^ Monier Monier-Williams (1872). A Sanskrit-English Dictionary. Oxford University Press. pp. 171. https://books.google.com/books?id=_3NWAAAAcAAJ. 
  3. ^ Paul Williams; Anthony Tribe; Alexander Wynne (2002). Buddhist Thought. Routledge. pp. 45, 67. ISBN 978-1-134-62324-2. https://books.google.com/books?id=e9SFAgAAQBAJ. 
  4. ^ ひろさちや 『完全図解 仏教早わかり百科』、1999年12月1日、38頁。ISBN 978-4391123951 
  5. ^ Examples of references to upādanā in the Sutta Pitaka can be found in the "Culasihanada Sutta" ("Shorter Discourse on the Lion's Roar", MN 11) (see Nanamoli & Bodhi, 2001, p. 161) and the "Nidanasamyutta" ("Connected Discourses on Causation", SN 12) (see Bodhi, 2000b, p. 535).
  6. ^ Cula-sihanada Sutta ("Shorter Discourse on the Lion's Roar", MN 11) (Ñanamoli & Bodhi, 1993).
  7. ^ In the Abhidhamma, the Dhammasangani §§ 1213-17 (Rhys Davids, 1900, pp. 323-5) contains definitions of the four types of clinging.
  8. ^ Abhidhamma commentaries related to the four types of clining can be found, for example, in the Abhidhammattha-sangaha (see Bodhi, 2000b, p. 726 n. 5) and the Visuddhimagga (Buddhaghosa, 1999, pp. 585-7).
  9. ^ It is worth noting that, in reference to "wrong view" (Pali: miccha ditthi) as used in various suttas in the Anguttara Nikaya's first chapter, Bodhi (2005), p. 437, n. 10, states that wrong views "deny the foundations of morality, especially those views that reject a principal of moral causation or the efficacy of volitional effort."といったディッティ
  10. ^ See, for instance, Buddhaghosa (1999), p. 587. For a reference to these particular ascetic practices in the Sutta Pitaka, see MN 57, Kukkuravatika Sutta ("The Dog-Duty Ascetic," translated in: Nanamoli & Khantipalo, 1993; and, Nanamoli & Bodhi, 2001, pp. 493-97).
  11. ^ Thanissaro (1998a).
  12. ^ ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。--方丈記[出典無効]
  13. ^ Buddhaghosa (1999), pp. 586-7.
  14. ^ Buddhaghosa (1999), p. 587.
  15. ^ Bodhi (2000a), p. 267.
  16. ^ Bodhi (2000a), pp. 83-4, 371 n. 13.
  17. ^ Buddhaghosa (1999), p. 586.
  18. ^ The idea that the Four Noble Truths identifies craving as the proximate cause of clinging is mentioned, for instance, in Thanissaro (2000).
  19. ^ See, for example, SN 12.2 as translated by Thanissaro (1997a).
  20. ^ Buddhaghosa (1999), pp. 586, 593.


「取」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2020/04/30 09:06 UTC 版)

発音

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「取」に関係したコラム

  • FXのデイトレードとは

    FX(外国為替証拠金引)のデイトレードとは、1日のうちに何回も引を繰り返し、その日のうちに引を終える手法のことです。デイトレードは「日計り引」ともいわれています。デイトレードの1回の引は10...

  • FXのポジショントレードとは

    FX(外国為替証拠金引)のポジショントレードとは、数週間から数か月の期間に売買を繰り返す手法のことです。ポジショントレードでは目先の損益で決済することはなく、ある程度の損失が発生しても何もしないか、...

  • FXのスイングトレードとは

    FX(外国為替証拠金引)のスイングトレード(swing trading)とは、数日から1週間の期間に売買を繰り返す手法のことです。スイングトレードは、トレールを用いて、利益が出ている間は利益幅を伸ば...

  • FXのスキャルピング手法とは

    FX(外国為替証拠金引)のスキャルピング(scalping)手法とは、わずかな利益を狙って短時間に売買を繰り返す手法のことです。スキャルピング手法では、1回の引時間は1分から10分程度であることが...

  • 株365の取引ができる証券会社の一覧

    株365とは、東京金融引所(金融)を通じて引を行う株価指数証拠金引のことです。東京金融引所では株365の他に引所FXの「くりっく365」の引も行っています。投資家は、証券会社を通じて株3...

  • FXのポジション比率とは

    FX(外国為替証拠金引)のポジション比率とは、未決済のポジションのショートとロングとの比率のことです。ポジション比率は、FX業者が顧客の未決済のポジションからショートとロングの統計をって比率として...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「取」の関連用語

1
92% |||||

2
92% |||||

3
92% |||||

4
92% |||||

5
92% |||||

6
92% |||||

7
92% |||||

8
92% |||||

9
92% |||||


取のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



取のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの取 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS