シュとは? わかりやすく解説

しゅ【主】

読み方:しゅ

[音]シュ(漢) (呉) [訓]ぬし おも あるじ

学習漢字3年

[一]〈シュ〉

家に控えて客をもてなす人。「主客主人

支配・所関係の中心となる人。「主従君主戸主社主船主亭主店主当主藩主盟主喪主(もしゅ)・領主

キリスト教で、神・キリストのこと。「天主

中心となる中心となって事をする。「主演主義主権主宰・主催主将主題主張・主要・主力民主

はたらきかける側。「主観主語主体自主

[二]〈ス〉仏教で、寺のかしら。「座主・坊主(ぼうず)・法主(ほっす)」

[三]〈ぬし〉「株主神主地主名主荷主家主

名のり]かず・つかさ・もり

難読主計(かずえ)・主典(さかん)・主帳(さかん)・主政(じょう)・主税(ちから)・主殿(とのも・とのもり)・主水(もんど・もいとり)


しゅ【主】

読み方:しゅ

自分仕える人。主人

国家や家、また集団などのかしらとなる人。「—が—なら家来家来

中心となること。また、そのもの。「住民が—になって活動する」「情報交換を—とした会合」⇔従。

キリスト教で、神、またはキリスト。→主たる主として


しゅ【修/衆】

読み方:しゅ

〈修〉⇒しゅう

〈衆〉⇒しゅう


しゅ【取】

読み方:しゅ

[音]シュ(漢) [訓]とる

学習漢字3年

とる。つかみとる手に入れる。「取材取捨取得看取詐取採取搾取進取摂取奪取聴取略取

名のり]とり


しゅ【取】

読み方:しゅ

仏語十二因縁の一。執着心起こすことで、煩悩(ぼんのう)の異名


しゅ【×娶】

読み方:しゅ

[音]シュ(漢) [訓]めとる

嫁をもらう。めとる。「嫁娶(かしゅ)」


しゅ【守】

読み方:しゅ

[音]シュ(呉) (呉) [訓]まもる もり かみ

学習漢字3年

[一]〈シュ〉

まもる。まもり。「守旧守護守備看守固守攻守死守遵守鎮守(ちんじゅ)・保守墨守

地方長官。「国守太守

[二]〈ス〉まもる。「留守(るす)」

[三]〈もり〉「守役子守関守

名のり]え・さね・ま・もれ

難読守宮(やもり)


しゅ【守】

読み方:しゅ

国守」「守護」などの略。

律令制で、位署などの際、官が位よりも高いときに位階官職の間に書き添える語。「従三位大納言」⇔行(ぎょう)。


しゅ【手】

読み方:しゅ

[音]シュ(呉) ス(呉) [訓]て た

学習漢字1年

[一]〈シュ〉

て。「握手義手挙手触手繊手双手徒手入手拍手落手

手でする。手ずから。「手記手芸手交手写手術

手わざ。腕前。「手段手腕悪手凡手魔手妙手

仕事役割りをもつ人。「歌手国手射手助手選手敵手投手名手

[二]〈て(で)〉「手柄手順手錠手配(てはい)/相手・勝手・柏手(かしわで)・後手(ごて)・仕手素手(すで)・把手(とって)・深手(ふかで)・山手若手

[三]〈た〉「手綱

難読]上手(じょうず)・手弱女(たおやめ)・手水(ちょうず)・手斧(ちょうな)・手数入(でずい)り・下手(へた)・御手洗(みたらし)・右手(めて)・左手(ゆんで)・弓手(ゆんで)

「手」に似た言葉

しゅ【×撞】

読み方:しゅ

⇒どう


しゅ【朱】

読み方:しゅ

常用漢字] [音]シュ(漢) [訓]あか あけ

黄をおびた赤色。「朱唇朱筆

朱色の顔料。「朱印朱肉皆朱堆朱(ついしゅ)」

名のり]あけみ・あや

難読朱欒(ザボン)・朱雀(すざく・すじゃく)・朱鷺(とき)


しゅ【朱】

読み方:しゅ

黄ばんだ赤色

黄色みを帯びた赤色顔料天然に辰砂(しんしゃ)として産し成分硫化水銀朱肉や漆の着色油絵の具などに用いる。

朱肉」の略。

朱墨(しゅずみ)」の略。

朱墨で歌や俳句などに点をつけたり添削したりした書き入れ。「—を請う

⇒しゅ(銖)


しゅ【株】

読み方:しゅ

[音]シュ(漢) [訓]かぶ くいぜ

学習漢字6年

[一]〈シュ〉

木の切りかぶ。くいぜ。「守株

根のついたや木。「雌雄異株

[二]〈かぶ〉「株価株主親株子株新株根株古株

名のりもと・より


しゅ【株】

読み方:しゅ

【一】[名]切り倒した木などの、あとに残った根元。かぶ。きりかぶ

【二】接尾助数詞立ち木数を数えるのに用いる。「老梅一—」


しゅ【殊】

読み方:しゅ

常用漢字] [音]シュ(漢) ジュ(呉) [訓]こと

普通とは違っている。特に。ことに。「殊遇殊勲殊勝/特殊」

名のり]よし


しゅ【狩】

読み方:しゅ

常用漢字] [音]シュ(呉) [訓]かる かり

鳥獣かり立て捕まえる。かり。「狩猟

名のり]もり

難読狩座(かりくら)・狩人(かりゅうど)


しゅ【珠】

読み方:しゅ

常用漢字] [音]シュ(呉)(漢) [訓]たま

貝の中にできる丸い玉。「珠玉真珠(しんじゅ)」

真珠似た丸い粒。「珠算念珠(ねんじゅ)・連珠(れんじゅ)」

名のり]み

難読擬宝珠(ぎぼし・ぎぼうし)・数珠(じゅず・ずず)


しゅ【種】

読み方:しゅ

[音]シュ(呉) [訓]たね くさ

学習漢字4年

[一]〈シュ〉

植物のたね。生み殖やすもと。「種子種皮種畜断種播種(はしゅ)」

たねをまく植えつける。「種痘接種

共通の性質によって分類されるもの。「種族種目種類一種各種機種職種人種多種同種品種

生物区分けの一。属の下。「種名亜種

[二]〈たね(だね)〉「種馬種本子種火種物種

名のり]おさ・かず・ぐさ・しげ・ふさ

難読種種(くさぐさ)・下種(げす)


しゅ【種】

読み方:しゅ

一定の基準によって分類類別したもの。種類。たぐい。「この—の食べ物苦手だ

生物分類学上の基本単位。属の下位共通する形態的特徴をもち、他の個体群との形態不連続性交配および生殖質合体不能地理的分布相違などによって区別できる個体群種を細分するときは亜種・変種・品種用いる。

種概念」の略。


しゅ【腫】

読み方:しゅ

常用漢字] [音]シュ(呉) [訓]はれる はらす

体の組織一部がはれる。はれもの。むくみ。「腫脹(しゅちよう)・腫物(しゅもつ)・腫瘍(しゅよう)/癌腫(がんしゅ)・筋腫水腫肉腫浮腫


しゅ【衆】

読み方:しゅ

【一】[名]「しゅう(衆)【一】」に同じ。「若い—」

【二】接尾「しゅう(衆)【二】」に同じ。「女房—」


しゅ【趣】

読み方:しゅ

常用漢字] [音]シュ(漢) [訓]おもむき おもむく

心の向かうところ。めざすところ。考え。「趣意趣向趣旨意趣

おもむきあじわい。「趣味雅趣興趣詩趣情趣風趣妙趣野趣

仏教で、衆生輪廻(りんね)の間に行って住む世界。「三悪趣

名のり]とし


しゅ【趣】

読み方:しゅ

仏語衆生(しゅじょう)が自己のつくった業(ごう)によっておもむく世界六趣


しゅ【輸】

読み方:しゅ

⇒ゆ


しゅ【酒】

読み方:しゅ

[音]シュ(呉) [訓]さけ さか ささ

学習漢字3年

[一]〈シュ〉さけ。「酒宴酒肴(しゅこう)/飲酒禁酒清酒節酒濁酒斗酒美酒薬酒洋酒

[二]〈さけ(ざけ)〉「酒癖甘酒地酒寝酒

[三]〈さか〉「酒手酒場酒屋

名のり]み

難読三鞭酒(シャンペン)・濁酒(どぶろく)・麦酒(ビール)・神酒(みき)・老酒(ラオチュー)


しゅ【酒】

読み方:しゅ

さけ。「ご—を頂戴する」「ラム—」


しゅ【×銖/朱】

読み方:しゅ

重さの単位大宝令で、1両の24分の1。

江戸時代貨幣の単位。1両の16分の1。1分(ぶ)の4分の1銀目の3匁7分5厘。

利率単位1割10分の1。分(ぶ)。歩(ぶ)。


しゅ【須】

読み方:しゅ

⇒す


しゅ【首】

読み方:しゅ

[音]シュ(呉) [訓]くび こうべ かしら しるし はじめ おびと

学習漢字2年

[一]〈シュ〉

頭。「首級首足鳩首(きゅうしゅ)・頓首(とんしゅ)・馬首

頭と胴の間部分。くび。「縊首(いしゅ)・絞首

いちばん始め。さき。第一位。「首位首相首席首都巻首期首船首

上に立つ人。かしら。「首脳元首党首頭首

詩歌数える語。「百人一首

罪を白状する「自首」

[二]〈くび〉「首筋首輪足首乳首(ちくび)・手首生首寝首

名のり]おぶと・かみ・さき

難読匕首(あいくち)・首途(かどで)・螻蛄首(けらくび)


しゅ【首】

読み方:しゅ

【一】[名]主だった者。かしら。

【二】接尾助数詞漢詩和歌数えるのに用いる。「律詩三—」「返し歌一—」


読み方:シュ(shu

令制の位に対して高い官を示す字。


読み方:シュ(shu

物の重さの単位

別名 斤(きん)


シュ 【Shu】

エジプト大気神。太陽ラーまたはテムの子といい、空界神格化したもの。天神ヌート地神セブとの中間におり、両手天空挙げるとする。獅子表徴とし、像は頭に駝鳥の羽をつけた人の姿シュー

Zhu

シュ

邾の音「」または「誅」《漢書注》。

県長甘寧

県人


シュ

名前 HsuShuXuZhu

シュ (カザフスタン)

(シュ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/15 17:28 UTC 版)

シュ (カザフ語, ロシア語: Шу)はカザフスタン共和国ジャンブール州の都市。シュ川(チュ川)に面し、人口はおよそ35,000人。1992年まではチュЧу)と称した。都市名は、川の名前に由来する。




「シュ (カザフスタン)」の続きの解説一覧

シュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/12 05:27 UTC 版)

超機人 龍虎王伝奇」の記事における「シュ」の解説

万里の長城龍虎王と闘った偃師が操る7体の妖機人1体ワシ型で尾羽がなく代わりに大砲生え、足が人間の手になりクチバシ中に逆さまの人の顔がある。モチーフ『山海経』第一巻 南山経でク山に住むとされている同名から。

※この「シュ」の解説は、「超機人 龍虎王伝奇」の解説の一部です。
「シュ」を含む「超機人 龍虎王伝奇」の記事については、「超機人 龍虎王伝奇」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「シュ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ








  • 画数:13
  • 音読み:シュ、 ユ
  • ピンイン:yu2 / shu4

※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「シュ」の例文・使い方・用例・文例



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

シュのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



シュのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
むじん書院むじん書院
Copyright (C) 2022 mujin. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシュ (カザフスタン) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの超機人 龍虎王伝奇 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS