利率とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 金融 > 利率 > 利率の意味・解説 

り‐りつ【利率】

読み方:りりつ

元金に対する利息割合年利日歩(ひぶ)などで表す。利子率。→表面利率利回り

「利率」に似た言葉

利子

(利率 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/11 13:57 UTC 版)

利子(りし、: interest)とは、貸借した金銭に対して、ある一定利率で支払われる対価。


注釈

  1. ^ ただし、超低金利下で一時的にマイナス金利が発生することがあるほか、2012年にはデンマークが政策金利を0%未満にまで引き下げている[4]

出典

  1. ^ a b 『歴史学事典Ⅹ交換と消費』 弘文堂〈法律学全集 (20)〉、1994年2月、781頁
  2. ^ 田中秀臣 『経済論戦の読み方』 講談社〈講談社新書〉、2004年、66頁。
  3. ^ a b 田中秀臣 『経済論戦の読み方』 講談社〈講談社新書〉、2004年、63頁。
  4. ^ “マイナス金利の世界に踏み込むデンマーク”. JBpress. フィナンシャル・タイムズ. (2012年8月27日). オリジナルの2014年7月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140718110803/http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/35972 2013年10月30日閲覧。 
  5. ^ 於保不二雄著 『債権総論 新版』 有斐閣〈法律学全集 (20)〉、1972年1月、47頁・48頁
  6. ^ a b c 川井健著 『民法概論〈3〉債権総論 第2版』 有斐閣、2005年12月、30頁
  7. ^ a b c d 於保不二雄著 『債権総論 補訂版』 有斐閣〈法律学全集 (20)〉、1972年1月、47頁
  8. ^ a b c 『世界大百科事典』2007年改訂新版(平凡社)、「利子」の項(筆者:清水廣一郎)
  9. ^ ジャック・ル・ゴッフ 『中世の高利貸』 渡辺香根夫訳、法政大学出版局〈叢書ウニベルシタス〉、20頁、1989年。
  10. ^ 『中世の高利貸』20-21頁。
  11. ^ 大澤武男 『ユダヤ人とドイツ』 講談社〈講談社現代新書〉、1991年、34頁。
  12. ^ 『中世の高利貸』44頁。
  13. ^ 『中世の高利貸』21、39頁。
  14. ^ 『中世の高利貸』88頁。
  15. ^ 『中世の高利貸』38-39頁。
  16. ^ 『ユダヤ人とドイツ』59-60頁。
  17. ^ 『中世の高利貸』41頁。
  18. ^ 『中世の高利貸』86-87、89頁。
  19. ^ 『中世の高利貸』23-24頁。
  20. ^ 『中世の高利貸』86-93頁。
  21. ^ 我妻栄著 『新訂 債権総論』 岩波書店〈民法講義Ⅳ〉、1964年3月、43頁
  22. ^ a b 遠藤浩編著 『基本法コンメンタール 債権総論 平成16年民法現代語化新条文対照補訂版』 日本評論社〈別冊法学セミナー〉、2005年7月、17頁
  23. ^ 於保不二雄著 『債権総論 補訂版』 有斐閣〈法律学全集 (20)〉、1972年1月、50頁
  24. ^ a b c 民法(債権関係)改正がリース契約等に及ぼす影響 (PDF)”. 公益社団法人リース事業協会. 2020年3月21日閲覧。
  25. ^ 供託金利息の利率の変更に関する供託規則の一部改正について”. 法務省. 2020年4月1日閲覧。



利率

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/12 02:53 UTC 版)

金銭消費貸借契約」の記事における「利率」の解説

金銭消費貸借契約では、利息遅延損害金定めなされるのが一般的である。 利息契約利息制限法により以下の通り利率の上限が定められている。 元本10万円未満の場合 - 年20% 元本10万円以上100万円未満の場合 - 年18% 元本100万以上の場合 - 年15% 上記を超える部分は、超過部分つき無効となる。 名目に関わらず実質的に利息として課されているとみなされる金銭については、利息制限法適用を受けることとなる。 みなし利息参照 遅延損害金については、上記制限利息の1.46倍が上限となっている。 一般的に金銭消費貸借契約には利息についての定めおかれることが多いが、本来、利息についての約定なければ商人間の行為でない限り無利息となる。商人間の場合は、当然に利息付となる。 利息付す定めがあるにも関わらず、利率についての定めなければ法定利息である年5%の定めがあったものとされるまた、商行為について生じた債務の場合は商事法定利息として年6%の定めがあったものとされる

※この「利率」の解説は、「金銭消費貸借契約」の解説の一部です。
「利率」を含む「金銭消費貸借契約」の記事については、「金銭消費貸借契約」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「利率」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

利率

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 00:42 UTC 版)

名詞

(りりつ)

  1. 元金に対する利息割合

発音(?)

り↗りつ

関連語

翻訳


「利率」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



利率と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「利率」の関連用語

利率のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



利率のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの利子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの金銭消費貸借契約 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの利率 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS