返済とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 経済 > 金融 > 返済 > 返済の意味・解説 

へん‐さい【返済】

読み方:へんさい

[名](スル)借りた金や物を相手返すこと。「毎月一定額を―する」「ローンの―」


返済

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/19 05:44 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「返済」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「返済」を含むページの一覧/「返済」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「返済」が役に立つかも知れません。

関連項目



返済

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/02 09:45 UTC 版)

オスマン債務管理局」の記事における「返済」の解説

前節資料示した債務について、以下に要点述べる。 勅令債務グループ化利払および元本償還の方法を定めた利払償還毎年9月3月行われ外債充当されることになったのは、抵当財源収入から優先公債固定経費後述59Ltqs.)を控除した残額であった原則として8割が利払に、そして残り償還に充てられるが、利払経費1%利子賄えないとき不足は償還経費から補填される仕組みであった。償還経費からは、まずグループ1に対して登録元本0.25%に相当する金額支払われ残額に応じて後続グループにも同様に0.25%に相当する金額またはこれに満たない端数順次支払われるシステムとなった1885年オスマン債務管理局グループ1・2・3に属す各種公債それぞれシリーズAB・Cの共通債券に、グループ4のうち富くじ公債を除くものをシリーズD に、交換することを決定した結局1890年まで償還経費配分享受したのはシリーズAだけであったいくつかの銘柄について説明する総合公債General Debt)は三銘柄統合したものである1865年73年74年)。優先公債オスマン銀行保有する国内債券である。これは5%の利払い保証するため償還経費59Ltqs.に固定された。1855年保証公債Guaranteed Loan)は、英仏政府共同保証のもとロスチャイルド家発行されたものである。これは勅令以前に優先権主張されていた。1854年貢納金公債(Tirbute Loan)は、エジプト貢納金を担保に発行された記事冒頭にもある富くじ公債は、隔月抽選で割増金当選し額面単価400フランに対して最高1500で払い戻される商品であったが、抵当財源全然なかったので、ロンドンパリ証券取引市場上場断られてしまい、ベルリンウィーン売却された。従来赤字国債とは対照的に富くじ国債建設国債であった。これが六割近く元本削減されていた。グループ4利払い経費のうち、富くじ公債帰属する部分当選者への割増金払いに充てられた。割増金支払い財政破綻により停止された。この停止分は元の二割削減され上で経費の1/4をもって支払われた。残り3/4勅令により再開される割増金支払充てられることになった1888年停止分の割増金補償終わった補償充てていた1/4が新規債券割増金支払使えれば割増金引き上げられたが、オスマン債務管理局経費の1/4を債券回収用いると決定した1890年4月オスマン帝国政府・管理局・オスマン銀行三者優先公債低利借換を協定シリーズ公債償還経費拡充したが、富くじ公債対象外となった。これにはイタリア・ドイツ債権者批判集中した以降8年にわたる駆け引き経てなお、富くじ公債利払依然停止され上で低い割増金廉価で債券回収強制された。このとき表1が示す通りオスマン帝国公債投資の中心着実に英国からフランス・ドイツへと移行していた。これら新規の公債投資鉄道投資勅令捕捉していなかった各種の直接税抵当財源として順次獲得し、かつその財源徴収利払償還業務管理局委託していた。そして三国同盟オスマン公債保有状況の「本質的変化」を主張する至った

※この「返済」の解説は、「オスマン債務管理局」の解説の一部です。
「返済」を含む「オスマン債務管理局」の記事については、「オスマン債務管理局」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「返済」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

返済

出典:『Wiktionary』 (2021/08/22 09:31 UTC 版)

発音

名詞

(へんさい)

  1. 借りた金や物を返すこと。

動詞

活用


「返済」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



返済と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「返済」に関係したコラム

  • 株式の投資基準とされる流動比率とは

    株式の投資基準とされる流動比率とは、流動負債の流動資産の割合をパーセンテージで表したものです。流動比率は次の計算式で求めることができます。流動資産÷流動負債×100例えば、流動資産が10億円、流動負債...

  • 株式の投資判断とされる自己資本比率とは

    株式の投資判断とされる自己資本比率とは、資本の総資産の割合をパーセンテージで表したものです。自己資本比率は、株主資本比率、株主持分比率などとも呼びます。自己資本比率は、次の計算式で求めることができます...

  • 株式の投資基準とされる固定比率とは

    株式の投資基準とされる固定比率とは、企業の固定資産の株主資本に対する割合をパーセンテージで表したものです。固定比率は、固定資産は返済不要の株主資本以下に収めるべきという考えに基づいて算出し、投資の判断...

  • 株式の投資基準とされる固定長期適合率とは

    株式の投資基準とされる固定長期適合率とは、企業の固定資産の株主資本と固定負債に対する割合をパーセンテージで表したものです。固定長期適合率は、固定資産が株主資本と固定負債の合計額以下かどうかを調べるため...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「返済」の関連用語

返済のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



返済のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの返済 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのオスマン債務管理局 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの返済 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS