破産とは? わかりやすく解説

は‐さん【破産】

読み方:はさん

[名](スル)

財産をすべて失うこと。「投機失敗して―する」

債務者債務完済することができなくなった状態。また、そうなっ場合に、債務者の総財産すべての債権者公平に弁済するために、破産法定められている制度一般にそのため裁判上の手続きをいうこともある。→破産手続き

「破産」に似た言葉

破産

作者太宰治

収載図書太宰治全集 6
出版社筑摩書房
刊行年月1990.4

収載図書ちくま日本文学全集 004 太宰治
出版社筑摩書房
刊行年月1991.3

収載図書お伽草紙新釈諸国噺
出版社岩波書店
刊行年月2004.9
シリーズ名岩波文庫

収載図書大活字版 ザ・太宰治全小説全二冊 上巻
出版社第三書館
刊行年月2006.10

収載図書太宰治
出版社筑摩書房
刊行年月2008.1
シリーズ名ちくま日本文学


破産

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/20 04:00 UTC 版)

破産(はさん)は、一般的には財産をすべて失うことを言う[1]が、法律上の意味での破産とは、債務者が経済的に破綻することで、既に弁済期にある全ての債務が債権者に対して一般的・継続的に弁済することができない状態にあるとき[2]に、本人などの申立て権者が裁判所に申立て[3]、裁判所が選任する破産管財人に債務者の財産を包括的に管理[4]・換価[5]、また総債権者に公平に分配してもらうこと[6]で、経済的破綻状況から離脱することをいう[7]。日本では、破産法により、破産について非懲戒主義(公法上での資格制限を科すなどの建前上の不利益を否定すること)[8]免責主義(破産者の責任、特に債務について、原則としてその責任を免除すること)[9]を採っている[10]


注釈

  1. ^ 弁護士法7条4号
  2. ^ 司法書士法5条3号
  3. ^ 行政書士法第2条の2第2号
  4. ^ 弁理士法8条10号
  5. ^ 社会保険労務士法5条2号
  6. ^ 税理士法4条2号
  7. ^ 土地家屋調査士法5条3号
  8. ^ 貸金業法6条1項2号
  9. ^ 建設業法8条1号、17条
  10. ^ 保険業法279条1項1号
  11. ^ 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律4条1項1号
  12. ^ 古物営業法4条1号
  13. ^ 質屋営業法3条1項6号
  14. ^ 動物の愛護及び管理に関する法律12条1項2号
  15. ^ 測量法第55条の6第1項第1号
  16. ^ 不動産の鑑定評価に関する法律16条2号
  17. ^ 不動産の鑑定評価に関する法律25条1号
  18. ^ 宅地建物取引業法5条1項1号
  19. ^ 宅地建物取引業法18条1項2号
  20. ^ 廃棄物の処理及び清掃に関する法律7条5項4号ロ、14条5項2号イ
  21. ^ 鉄道事業法6条3号
  22. ^ 旅行業法6条1項6号
  23. ^ 警備業法3条1号
  24. ^ 住宅宿泊事業法4条2号
  25. ^ 探偵業の業務の適正化に関する法律3条1号
  26. ^ 公認会計士法4条4号
  27. ^ 銀行法第7条の2第2項第2号
  28. ^ 保険業法第8条の2第2項
  29. ^ 特定非営利活動促進法20条1号
  30. ^ 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律24条2項2号
  31. ^ 警備業法14条1項、3条1号
  32. ^ 銃砲刀剣類所持等取締法5条1項2号

出典

  1. ^ デジタル大辞泉、当該項目参照。
  2. ^ 破産法 2条11項 <e-Gov> 2019年3月20日現在の法律。
  3. ^ 破産法 第二章第一節 <e-Gov> 2019年3月20日現在の法律。
  4. ^ 破産法 79条 <e-Gov> 2019年3月20日現在の法律
  5. ^ 破産法 184条2項 <e-Gov> 2019年3月20日現在の法律
  6. ^ 債権者平等の原則。判例・通説。
  7. ^ 破産法 1条 <e-Gov> 2019年3月20日現在の法律。
  8. ^ 罪刑法定主義と破産法全文からの解釈。通説的見解。
  9. ^ 民事執行法 152条1項の例外規定としての破産法 第十二章第一節 <e-Gov> 2019年3月20日現在の法律。
  10. ^ 判例 最決昭和36年12月13日民集15巻11号2803頁
  11. ^ 2006年度(平成18年度)の破産既済事件は、総数175,735件のうち、自然人の自己破産が166,527件(94.8%)を占め、そのうち143,375件(総数の81.6%、自然人自己破産の86.1%)が同時廃止だった。平成18年度、司法統計年報、民事・行政、破産既済事件数 破産者及び終局区分別 全地方裁判所、最高裁判所。
  12. ^ Web上の法律相談掲示板等では、両者を混同した投稿が頻繁に見られる。
  13. ^ 最高裁昭和36年(ク)第101号 同36年12月13日大法廷決定 民集第15巻11号2803頁
  14. ^ 免責不許可事由があると同時廃止にならないのか? LSC綜合法律事務所(志賀貴)、2021年3月14日閲覧。
  15. ^ 伊藤眞(2009)『破産法・民事再生法』有斐閣、537頁
  16. ^ 前掲伊藤(2009)539頁参照
  17. ^ 前掲伊藤(2009)544頁
  18. ^ 最判平成11年11月9日民集53巻8号1403頁、最判平成15年3月14日民集57巻3号286頁
  19. ^ 津市営住宅連帯保証人取扱要綱 津市 2022年11月20日閲覧
  20. ^ 入居手続きの際の「連帯保証人の資格」の変更 北見市 2022年11月20日閲覧
  21. ^ 札幌市営住宅条例施行規則 札幌市 2022年11月20日閲覧
  22. ^ 日本中央競馬会電話投票に関する約定(担保ARS会員) 日本中央競馬会 2022年3月26日閲覧
  23. ^ 日本中央競馬会電話・インターネット投票に関する約定(A-PAT会員) 日本中央競馬会 2022年3月26日閲覧
  24. ^ 競輪電話投票に関する約定書 公益社団法人 全国競輪施行者協議会 2022年3月26日閲覧
  25. ^ 司法修習生採用選考審査基準 最高裁判所 2022年11月20日閲覧


「破産」の続きの解説一覧

破産(はさん)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/19 16:39 UTC 版)

C (アニメ)」の記事における「破産(はさん)」の解説

処理不能なほどの損失をした敗北破産したアントレ金融街から放逐され担保にしていた「未来」を奪われるまた、破産したアントレ持ち株所有アセット含め全てディール相手譲渡される

※この「破産(はさん)」の解説は、「C (アニメ)」の解説の一部です。
「破産(はさん)」を含む「C (アニメ)」の記事については、「C (アニメ)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「破産」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

破産

出典:『Wiktionary』 (2021/08/03 05:20 UTC 版)

名詞

はさん

  1. 財産全て失うこと。
  2. 債務者債務完済できなくなった時に全ての財産債権者公平弁済できるようにする裁判上の手続き

発音(?)

は↗さん

動詞

活用

サ行変格活用
破産-する

「破産」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「破産」の関連用語

破産のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



破産のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの破産 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのC (アニメ) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの破産 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS