破産者とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 破産者の意味・解説 

破産者

読み方:はさんしゃ

破産した者、破産手続開始申立てを行った者。

破産

(破産者 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/26 14:02 UTC 版)

破産とは、一般的には財産をすべて失うことを言う[1]が、自己破産とは、債務者が経済的に破綻することで、既に弁済期にある全ての債務が債権者に対して一般的・継続的に弁済することができない状態にあるとき[2]に、本人などの申立て権者が裁判所に申立て[3]、裁判所が選任する破産管財人に債務者の財産を包括的に管理[4]・換価[5]、また総債権者に公平に分配してもらうこと[6]で、経済的破綻状況から離脱することをいう[7]。日本では、破産法により、破産について非懲戒主義(公法上での資格制限を科すなどの建前上の不利益を否定すること)[8]免責主義(破産者の責任、特に債務について、原則としてその責任を免除すること)[9]を採っている[10]


  1. ^ デジタル大辞泉、当該項目参照。
  2. ^ 破産法 2条11項 <e-Gov> 2019年3月20日現在の法律。
  3. ^ 破産法 第二章第一節 <e-Gov> 2019年3月20日現在の法律。
  4. ^ 破産法 79条 <e-Gov> 2019年3月20日現在の法律
  5. ^ 破産法 184条2項 <e-Gov> 2019年3月20日現在の法律
  6. ^ 債権者平等の原則。判例・通説。
  7. ^ 破産法 1条 <e-Gov> 2019年3月20日現在の法律。
  8. ^ 罪刑法定主義と破産法全文からの解釈。通説的見解。
  9. ^ 民事執行法 152条1項の例外規定としての破産法 第十二章第一節 <e-Gov> 2019年3月20日現在の法律。
  10. ^ 判例 最決昭和36年12月13日民集15巻11号2803頁
  11. ^ 2006年度(平成18年度)の破産既済事件は、総数175,735件のうち、自然人の自己破産が166,527件(94.8%)を占め、そのうち143,375件(総数の81.6%、自然人自己破産の86.1%)が同時廃止だった。平成18年度、司法統計年報、民事・行政、破産既済事件数 破産者及び終局区分別 全地方裁判所、最高裁判所。
  12. ^ Web上の法律相談掲示板等では、両者を混同した投稿が頻繁に見られる。
  13. ^ 最高裁昭和36年(ク)第101号 同36年12月13日大法廷決定 民集第15巻11号2803頁
  14. ^ 伊藤眞(2009)『破産法・民事再生法』有斐閣、537頁
  15. ^ 前掲伊藤(2009)539頁参照
  16. ^ 前掲伊藤(2009)544頁
  17. ^ 最判平成11年11月9日民集53巻8号1403頁、最判平成15年3月14日民集57巻3号286頁


「破産」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「破産者」の関連用語

破産者のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



破産者のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2019 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの破産 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS