銀行とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 金融 > 銀行 > 銀行の意味・解説 

ぎん こう-かう [0] 【銀行】

提供されたものを蓄積保管し、求めに応じて供給する組織。 「血液-」 「人材-」 〔もと中国で、「両替店」の意。英語テキスト漢訳「智環啓蒙塾課初歩」(1856年)で bank-notes を「銀行銭票」と訳す。また、ロプシャイト「英華字典」(1866~69年)にも bank訳語として載る日本では中村正直訳「西国立志編」(1871年)の「銀行商」が早い例〕


銀行

原題:La'Argent des Autres
製作国:フランス
製作年:1978
配給:東宝東和
スタッフ
監督:Christian de Chalonge クリスチャン・ド・シャロンジュ
製作:Michelle de Broca ミシェル・ド・ブロカ

Henri Lassa 

Adolphe Viezzi アドルフ・ヴィエッツィ
原作:Nancy Markham ナンシー・マークハム
脚本:Pierre Dumayet ピエール・デュメイエ

Christian de Chalonge クリスチャン・ド・シャロンジュ
台詞:Pierre Dumayet ピエール・デュメイエ
撮影:Jean Louis Picavet ジャン・ルイ・ピカヴェ
音楽:Patrice Mestral パトリス・メストラル
美術:Eric Simon エリック・サイモン
編集:Jean Ravel ジャン・ラウェル
字幕:松浦美奈 マツウラミナ
キャスト(役名
Jean Louis Trintignant ジャン・ルイ・トランティニャン (Henri Rainier
Catherine Deneuve カトリーヌ・ドヌーヴ (Cecile Rainer
Claude Brasseur クロード・ブラッスール (Chevalier D'aven)
Michel Serrault ミシェル・セロー (Miremant)
Francois Perrot フランソワ・ペロー (Vincent
Gerard Sety ジェラール・セティ (De Nully)
Jean Leuvrais  (Heldorff)
Juliet Berto ジュリエット・ベルト (Arlette Rivi俊e)
解説
スキャンダル巻き込まれた一銀行員が、巨悪立ち向かう姿を描いたサスペンス満ち社会派映画監督は「怪人プチオの密かな愉しみ」のクリスチャン・ド・シャロンジュ。製作はミシェル・ド・ブロカアドルフ・ヴィエッツィ原作ナンシー・マークハムで、彼女自身実際に降りかかった事件を書いたもの脚本は「愛の終りに」のピエール・デュメイエとシャロンジュ、撮影ジャン・ルイ・ピカヴェ音楽パトリス・メストラル担当出演は「トリコロール 赤の愛」のジャン・ルイ・トランティニャン、「インドシナ」のカトリーヌ・ドヌーヴ、「地獄に堕ちて」のクロード・ブラッスール、「海を渡るジャンヌ」のミシェル・セローほか。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
レニエジャン・ルイ・トランティニャン)はミルトン銀行の法定代理人だった。妻のセシルカトリーヌ・ドヌーヴ)と2人の娘がいる。ある日突然レニエ財務スキャンダル巻き込まれる頭取たちはすべての責任レニエ自身にあると迫り、彼は身の潔白証明しようと様々な人に訴える。親友だった外国部長のヴァンサンフランソワ・ペロー)もなぜか冷たい。銀行を追い出された彼は新しい職を見つけようとするが、どこも相手にしてくれない窮地陥ったレニエ真相究明乗り出した。彼を助けて、妻も資料集めに走る。背景には巨大詐欺事件が横たわっているようだ。事件発端は、レニエが銀行の上得意であるシュバリエ・ダヴァン(クロード・ブラッスール)という人物ヴァンサン紹介で知り、幹部推薦もあって貸付けゴーサイン出したことだった。ダヴァンは高い利子融資を受け、一般から高利率で金を集め多数赤字会社を作った。頭取ミルトンミシェル・セロー)は詐欺師彼の払う利子によって政界にも金を渡したようだ。その融資のために銀行は不良債務を生んだのだ。ミルトングルだったヴァンサン証拠隠滅のためクビにする。レニエは身の潔白証明するため単身銀行に乗り込みミルトン署名した白紙委任状を手に入れる。1年後裁判レニエ無罪となるが、銀行の過失認められたものの、銀行は刑法上の罪には問われず、告発却下された。レニエ新しくPR学校経営者として再スタートを切った。

銀行 両替 Bank/money exchange

銀行 (画像をクリックすると拡大します)

[注2](通貨記号差し替え可)

[ Note2 ] (Currency can be replaced)


銀行

★1.銀行強盗

狼たちの午後ルメット2人青年ソニーサル銀行強盗試みるが、手際が悪く、ぐずぐずしているうちに警官隊に包囲されてしまう。ソニーたちは「外国逃げるから飛行機用意しろ」と要求し、銀行員人質引き連れて、空港行きバス乗り込む。運転役警官が、銃をかまえるサルに、「事故があるといけないから、銃口を上へ向けてくれ」と繰り返し注意する。バス空港到着すると、一瞬の隙をついて、運転役警官サルの額を撃ち抜き別の警官たちがソニー取り押さえる

★2.銀行強盗決行する前に、銀行の警備態勢調査する。

野獣死すべし村川透伊達邦彦は、宝石店銀座ジュエル社員長友を、商談称して銀行ロビー呼び出し、待たせておく。伊達預金カウンター女子行員電話をして、「ロビーにいる男は、ピストルダイナマイト持っている。『銀座ジュエルの長友様』と言って呼び、金を渡せ」と命じる。銀行側はすぐに非常ボタン押し警備員たちが、何も知らぬ長友を取り押さえ、まもなくパトカー数台が到着する。伊達それまで時間計り、銀行の警備態勢把握した→〔ロシアン・ルーレット〕4。

★3.銀行員横領

黒革の手帖松本清張高額所得者は税金逃れのために、架空名義預金口座いくつか持つことが多かった。銀行員原口元子3年間にわたって23名の架空名義口座から、合計7568万円横領した。このことが公けになれば、預金者たちの脱税明るみに出て、銀行も信用を失う。銀行は元子警察突き出すことができず、そのまま元子退職認める。元子横領した金で、銀座小さなバーカルネ」を開店する→〔ゆすり〕2。


銀行

読み方:ぎんこう

  1. 盗賊門戸施錠、又ハ金庫使用スル称々ノ合鍵。〔第六類 器具食物
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/09 06:59 UTC 版)

銀行(ぎんこう、: bank)とは、概ね、預金の受入れと資金の貸出し(融資)を併せて行う業者として、各国において「銀行」として規制に服する金融機関を指すが、その範囲は国によって大きく異なる。為替取引を行うことができ、銀行券の発行を行うこともある。広義には、中央銀行特殊銀行などの政策金融機関預貯金取扱金融機関などの総称である。




注釈

  1. ^ なお、日本国内では資金決済法が施行され、登録制の資金移動業が電子マネーなどを媒体に決済事業を展開している。
  2. ^ 実際のところ、BIS規制は銀行の機関化に作用した。
  3. ^ またそれゆえに、政府当局としても、預金通貨の安定を経済政策の根幹においている。
  4. ^ しかし、より直接に経営責任を問う制度は十分に整備されていない。
  5. ^ 1907年恐慌でジョン・モルガンの放った台詞が参考になる。歴史理解は投資の成功に欠かせない[5]
  6. ^ かつてグラス・スティーガル法は、銀行業務と証券業務の間で分離を維持する中国のような米国圏外の金融システムに影響した[7][8](金融商品取引法65条のモデルにもなった[9])。2008年からの金融危機の余波において、中国での投資銀行と商業銀行の分離を維持することに対する支持は、依然として根強い[10]
  7. ^ ヨーロッパ諸国などでは銀行による証券業務が許容されている(ユニバーサル・バンキング)。たとえばドイツの場合、実質的には証券会社がない。この点、ドイツ銀行が世界級のマーチャント・バンクとして機能している。
  8. ^ 当時の大蔵省による見解。
  9. ^ 「精神規定」は間もなく撤廃された。しかし当時このような人道債を消化できるのは機関投資家だけであった。その後の財務処理は合衆国を機関化させていった。
  10. ^ ユダヤでは同宗以外への利付貸付は容認されていた
  11. ^ 細かくとも必要な史実を渉猟し盛り込んだ、ビジュアルに終わらない良書。編まれた目的は、世界的視野から銀行業の発展を眺めること、銀行業が現在もっている経済的、社会的力がいかに強大であるかを明らかにすること、銀行の中心的業務の起源と展開を探ってみること、20世紀後半に存在する多くの銀行がいかに古くそして時にはいかに複雑な歴史的背景をもっているかを示すこと、など。目次は下のとおり。
    第1章 市場、商人および君主 古代・中世から16世紀までの銀行業
    第2章 安定を求めての戦い 17-18世紀の銀行業
    第3章 銀行業発展の新分野 19世紀の銀行業
    第4章 大銀行集団 20世紀前半の銀行業
    第5章 現代の銀行業 20世紀後半の銀行業

出典

  1. ^ a b c 酒井良清 鹿野嘉昭 『金融システム』 有斐閣 2011年 銀行の機能
  2. ^ 金融庁 II -3-7-5 風評に関する危機管理体制 中小・地域金融機関向けの総合的な監督指針 平成26年4月
  3. ^ 金融庁 III -8-5 風評に関する危機管理体制 主要行等向けの総合的な監督指針 平成26年4月
  4. ^ 「ベアー買収の動揺、欧州に波及 破綻の危機にある金融機関はいくつあるのか」『日経ビジネスオンライン』日経BP社、2008年3月27日付配信
  5. ^ CFA Institute Magazine, "Should Financial History Matter to Investors?", Sept/Oct 2015, p. 17.
    CFA(Chartered Financial Analyst)資格者の主要な就職先は、UBSJPモルガンシティグループモルガンスタンレーブラックロックである。ECF, "The biggest employers of CFA charterholders globally", 10 November 2014
  6. ^ “China to stick with US bonds”, The Financial Times (paragraph 9), http://www.ft.com/cms/s/0/ba857be6-f88f-11dd-aae8-000077b07658.html 2009年2月11日閲覧。 
  7. ^ (PDF) Developing Institutional Investors in the People's Republic of China, paragraph 24, http://www.worldbank.org.cn/english/content/insinvnote.pdf 
  8. ^ Langlois, John D. (2001), “The WTO and China's Financial System”, China Quarterly 167: 610–629, doi:10.1017/S0009443901000341 
  9. ^ a b c d 黒田巌編 『わが国の金融制度』 日本銀行金融研究所 1997年 P 19
  10. ^ “China to stick with US bonds”, The Financial Times (paragraph 9), http://www.ft.com/cms/s/0/ba857be6-f88f-11dd-aae8-000077b07658.html 2009年2月11日閲覧。 
  11. ^ 黒田昌裕、玉置紀夫 『実学日本の銀行』 慶應義塾大学出版会 1996年 83頁
  12. ^ 国立国会図書館調査および立法考査局 【フランス】 銀行業務の分離による銀行制度改革 2013年11月
  13. ^ キャノングローバル戦略研究所 現在の経済危機について(8):最近の世界経済上の4事件とその影響 2012/8/13
  14. ^ 毎日新聞電子版 「公取委ドイツ銀行など独禁法違反認定 国際機関債売買で」 2018年3月29日
  15. ^ John G. Roberts, Mitsui: Three Centuries of Japanese Buisiness, Weatherhill, New York/Tokyo, 1973. pp.394-426. 安藤良雄 三井禮子監訳 ダイヤモンド社 1976年 pp.303-330.
  16. ^ 草野厚 『山一證券破綻と危機管理』 朝日新聞社 1998年7月 30頁
  17. ^ ニューヨーク・タイムズ 1975年12月13日
  18. ^ 黒田昌裕、玉置紀夫 『実学日本の銀行』 慶應義塾大学出版会 1996年 107頁
  19. ^ 大蔵省/金融システム改革法案について
  20. ^ 日本銀行ホームページ/教えて!にちぎん銀行はなぜ「銀行」というのですか?
  21. ^ 今も経営されているen:Nacional Monte de Piedad は、メキシコシティ包囲戦レオナルド・マルケスに金を押収されている。
  22. ^ 「中世イタリアのユダヤ人金融」大黒俊二(大阪市立大学大学院文学研究科教授2004.3.9)[1][2]
  23. ^ 「嘘と貪欲」大黒俊二[3]P.105以降に詳しい。
  24. ^ 「マーチャント・バンク」山本利久(新潟産業大学経済学部紀要 弟29号)[4]
  25. ^ Fair Finance Guide International | Fair Finance Guide International
  26. ^ Home | Fair Finance Guide Japan


「銀行」の続きの解説一覧

銀行

出典:『Wiktionary』 (2012/04/30 08:34 UTC 版)

名詞

ぎんこう

  1. 預金受け入れ、それを原資として貸付け行ないまた、預金口座において決済行なう金融機関
  2. 法律銀行法においては内閣総理大臣免許を受けて銀行業を営む者をいい、銀行業とは、預金又は定期積金受入れ資金貸付け又は手形割引とを併せ行うこと又は為替取引を行うことのいずれかを行う営業をいう。
  3. 比喩的。英語"bank"の訳、近時は「バンク」をそのまま使用する例が多い)貯蔵し、必要に応じ払い出す機能を持った機関
  4. 俗語堅実間違いのないものの比喩
    銀行レース

語源

関連語

熟語

翻訳






銀行と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「銀行」に関係したコラム

  • 日本国内のFX業者の信託保全先の一覧

    日本国内のFX業者は、顧客の資金を保全する「信託保全」が義務付けられています。信託保全先は、主に銀行などの金融機関になります。FX業者は、信託保全先へ顧客からの証拠金などを信託します。FX業者が破綻し...

  • FXの信託保全とは

    FX(外国為替証拠金取引)の信託保全とは、FX業者が、顧客から預託された保証金を保全するために金銭信託することです。顧客から預託された保証金は、「金融商品取引業等に関する内閣府令の一部を改正する内閣府...

  • FXのくりっく365とは

    FX(外国為替証拠金取引)のくりっく365とは、株式会社東京金融取引所(金融取)の運営するFX(外国為替証拠金取引)の名称です。くりっく365は、2005年7月から取引が開始されました。くりっく365...

  • CFDで取り扱う株式の一覧

    CFDで取り扱う株式には、日経平均株価(日経225)採用銘柄をはじめ、アメリカ合衆国、欧州圏、中国などの証券市場に上場している銘柄があります。CFDで取り扱われている株式はCFD業者によりさまざまで、...

  • 株365のセーフティネットとは

    株365の取引の際には、証券会社に証拠金を預託します。証券会社は、顧客から預託された証拠金を株365の取引所である東京金融取引所へ預託します。その際、顧客の売り、買いといった注文内容は関係なく、証拠金...

  • FXと外貨預金の違いは

    FX(外国為替証拠金取引)と外貨預金の違いは何でしょうか。例えば、FXでUSD/JPYの買いポジションを保有することは、円を売って米ドルを買うことです。これは、外貨預金では米ドルを預金することと同じこ...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「銀行」の関連用語

銀行のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

オーケーゴルフ

パルテノン神殿

丹勢山砂防堰堤

アルパカ

蝶結び

キカザリサンゴヤドカリ

新青年

みやざきエキスプレス





銀行のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
交通エコロジー・モビリティ財団交通エコロジー・モビリティ財団
Copyright(c) EcoMo Foundation
物語要素事典物語要素事典
Copyright (C) 2018 物語要素事典 All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2018 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの銀行 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの銀行 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2018 Weblio RSS