銀行間取引とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 銀行間取引の意味・解説 

銀行間取引


銀行間取引市場

(銀行間取引 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/06 07:04 UTC 版)

銀行間取引市場(ぎんこうかんとりひきしじょう、: interbank market)とは、広義の金融機関同士で外貨をふくむ短期資金(コールマネー)を取引する市場のこと[1]。インターバンク市場とも言う。日本では無担保コール翌日物が取引の主体[1]中華人民共和国では銀行間レポ市場の取引額が2002年に国内総生産とほぼ同額となった[2]。銀行間取引市場には中央銀行をふくむ銀行のほか、信用金庫証券会社保険会社短資会社などが参加している[1]。銀行間取引市場は1825年恐慌(Panic of 1825)を契機にロンドンの手形再割引市場として整備されたが、フランス・ドイツでは整備が遅れたのでロンドンは国際市場となった[3]。戦後ユーロダラーを基礎に現代化した。初期は電話回線で決済されたが、今はコンピュータネットワークによって行われている。


  1. ^ a b c 上野泰也 『トップエコノミストが教える 金融の授業』 かんき出版 2015年 「01 インターバンク市場 金融機関同士がお金を融通し合う市場」
  2. ^ 神宮健[他] 「胡温体制」下で加速する市場経済移行 企業・金融改革を中心に 知的資産創造. 11(6) 2003年6月 13-14頁
  3. ^ 宮田美智也 「イギリスにおける銀行間取引組織の成立過程 : イギリスにおける銀行制度の成立(2・完)」 金沢大学経済学部論集 18(2), 71-99, 1998-03
  4. ^ 『大蔵省国際金融局年報』 金融財政事情研究会 1988年 104頁
  5. ^ 酒井良清、榊原健一、鹿野嘉昭 『金融政策』 有斐閣 2004年 224頁
  6. ^ a b 「スケールフリーの金融ネットワーク」 『みずほ米国経済情報』 2009年4月号


「銀行間取引市場」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「銀行間取引」の関連用語

銀行間取引のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



銀行間取引のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの銀行間取引市場 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS