証券会社とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 経営 > 株式会社 > 証券会社の意味・解説 

しょうけん‐がいしゃ〔‐グワイシヤ〕【証券会社】


証券会社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/17 17:24 UTC 版)

証券会社(しょうけんがいしゃ)とは、有価証券株式債券など)の売買の取次ぎや引受けなどを行う企業


注釈

  1. ^ 新生銀行が提供する新生パワーダイレクトを経由した金融商品仲介サービスを用いれば、個人でも取引の一部は可能。
  2. ^ あおぞら銀行が提供する金融商品仲介サービスを利用し、あおぞら証券の総合取引口座の開設およびあおぞら証券インターネットトレードの申込みを行えば、個人も利用可能。
  3. ^ ※銀行系を除く。

出典

  1. ^ 「ちなみに、総合証券会社という名称は法的な用語ではなく、本省監理会社のように証券局内部で用いられた行政用語でもない。いわば俗称である。この時期には行政の内部でも民間でも「元引受幹事会社(引受業務の免許を持つ資本金30億円以上)であって、その他の3業務の免許を併せ持つもの」ないし「資本金30億円以上で4業務免許を持つもの」との内容で多用している。この内容をもつ証券会社をいつから総合証券と呼ぶようになったか、正確にはわからない。元引受幹事会社に関する最低資本金規定そのものは昭和40年10月1日から施行はされたが、猶予期間がおかれ、免許制が全面的に施行された昭和43年4月1日から全面的に効力をもった。総合証券の「総合」は前掲の4業務全免許というn内容からみても、「総合免許」であると考えるのが妥当ではないか。証券業免許とは別に投資信託委託会社を系列にもつことを含めるならば、「総合型の営業」の意味でもある。総合免許の獲得は困難ではなかったが、30億円の資本金額は容易に手が届く基準とはいえなかった。昭和43年4月時点で4業務免許を受けたのは55社、同年9月末時点で資本金10億円以上は16社、30億円以上は7社にすぎない。免許制の下で総合免許を受け、さらに資本金を引き上げて元引受幹事会社になることは、上位・中位規模の証券会社の中・長期的な経営目標になったのである。」(「昭和財政史-昭和49~63年度」6巻)
  2. ^ 日本経済新聞 2008年5月1日 朝刊 4頁
  3. ^ 【2020年8月ランキング】証券会社おすすめ比較!口座数が多い人気ネット証券は?”. 2020年8月24日閲覧。
  4. ^ 株主情報 - 株式会社マネーパートナーズグループ
  5. ^ ビルウェル証券に対する検査結果に基づく勧告について - 証券取引等監視委員会 2011年10月21日
  6. ^ ビルウェル証券に対する行政処分について (PDF) - 関東財務局 平成23年10月21日
  7. ^ a b c 野口悠紀雄『経済危機のルーツ』東洋経済新報社 pp.202 - 203 2010年


「証券会社」の続きの解説一覧

証券会社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 09:55 UTC 版)

みずほフィナンシャルグループ」の記事における「証券会社」の解説

系列の証券会社は概ね(旧)みずほ証券みずほインベスターズ証券統合され、さらに旧興銀系の新光証券が(旧)みずほ証券合併することで合意した。ただし、サブプライムローン問題に伴う(旧)みずほ証券損失のため、合併は度々延期されていたが、2009年5月7日に、法人格上、新光証券が(旧)みずほ証券吸収する形で現在のみずほ証券発足。さらに、2013年1月4日同社が旧勧銀系のみずほインベスターズ証券吸収合併した。 興銀債券部門源流にもつ日興コーディアルグループがあり、2004年末にみずほ証券エクイティ分野等で協働提携みずほFG資本参加していた。日興では2006年末に有価証券報告書虚偽記載問題発覚し先立って同社提携関係にあったシティグループによる株式公開買い付け応じたため、保有する全株式を売却したこれにより日興みずほの資本関係解消されている。その後日興三井住友フィナンシャルグループ配下となっている。

※この「証券会社」の解説は、「みずほフィナンシャルグループ」の解説の一部です。
「証券会社」を含む「みずほフィナンシャルグループ」の記事については、「みずほフィナンシャルグループ」の概要を参照ください。


証券会社(しょうけんがいしゃ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/14 04:28 UTC 版)

半沢直樹シリーズ」の記事における「証券会社(しょうけんがいしゃ)」の解説

東京セントラル証券太洋証券のような証券会社とは、金融商品取引法に基づき証券業を営むことができる会社のこと。内閣総理大臣への登録制

※この「証券会社(しょうけんがいしゃ)」の解説は、「半沢直樹シリーズ」の解説の一部です。
「証券会社(しょうけんがいしゃ)」を含む「半沢直樹シリーズ」の記事については、「半沢直樹シリーズ」の概要を参照ください。


証券会社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/10 22:49 UTC 版)

メリルリンチ」の記事における「証券会社」の解説

アメリカ本国では、従来型の店頭電話での証券サービス提供するメリルリンチ」と、ネット中心にセルフサービス主体とする「メリルエッジ(Merrill Edge)」の二つブランド対象顧客によって使い分けている。 日本ではメリルリンチ日本証券の名で、証券会社を経営している。かつて[いつ?]はリテール部門ホールセール部門擁する総合証券会社だったが、リテール部門三菱UFJメリルリンチPB証券への分割売却により撤退しているため、2014年現在ホールセール専業となっている。

※この「証券会社」の解説は、「メリルリンチ」の解説の一部です。
「証券会社」を含む「メリルリンチ」の記事については、「メリルリンチ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「証券会社」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「証券会社」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



証券会社と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「証券会社」に関係したコラム

  • 株式のインターネット取引ができる証券会社の一覧

    株式のインターネット取引ができる証券会社の一覧です。次の表は、2012年6月現在の日本国内のネット証券の一覧です。ネット証券は、インターネットを通じて株式の売買が行える証券会社のことです。一般的には、...

  • ETFを取り扱う証券会社の一覧

    ETFは、証券取引所で取引される投資信託で、証券取引所の会員である証券会社を通じて売買できます。ここでは、ETFを取り扱っている証券会社のうちインターネットでの取引が可能な証券会社を紹介します。証券会...

  • ETFや株式の取引の際に必要な費用は

    ETFや株式の取引をするために証券会社に口座を開設した際や取引の際にはさまざまな費用がかかります。ここでは、どのような費用があるのかをまとめてみました。▼取引手数料ETFや株式を売買した時に発生する費...

  • 株365の取引ができる証券会社の一覧

    株365とは、東京金融取引所(金融取)を通じて取引を行う株価指数証拠金取引のことです。東京金融取引所では株365の他に取引所FXの「くりっく365」の取引も行っています。投資家は、証券会社を通じて株3...

  • 株式取引のデモトレードを体験するには

    証券会社では、実際の株式取引を行う前に、株式取引が体験できるデモトレードサービスを用意している場合があります。デモトレードサービスは、実践の取引画面と同じような環境で、株式の売買を行ったり、株式情報を...

  • 株365のセーフティネットとは

    株365の取引の際には、証券会社に証拠金を預託します。証券会社は、顧客から預託された証拠金を株365の取引所である東京金融取引所へ預託します。その際、顧客の売り、買いといった注文内容は関係なく、証拠金...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

証券会社のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



証券会社のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの証券会社 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのみずほフィナンシャルグループ (改訂履歴)、半沢直樹シリーズ (改訂履歴)、メリルリンチ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS