サブプライムローン問題とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > サブプライムローン問題の意味・解説 

サブプライムローン問題

 最近新聞テレビ株価下落米国経済先行き不透明感が高まったことの原因として「サブプライムローン問題」があげられています。そこでサブプライムローンとは何かを説明します。

 米国限らず住宅購入する場合住宅ローン多く用いられます。サブプライムローン米国所得の低い人に対して適用されるもので、最初の2、3年通常のローンと同じ低い水準金利適用されます。金利見直時期来てその時まで住宅価格高騰して担保価値上昇していた場合は、そのまま低い金利継続されます。しかし、住宅価格上昇していなかった場合当初金利が2倍程度引き上げられる仕組みです。

 住宅バブルの頃は担保価値が上がって、低い金利継続されるケースが多かったため、問題になりませんでした。しかし、バブル弾け結果金利見直し時に金利はね上がるケース増加して、ローンが払えなくなる人が続出し、支払い不能陥る住宅ローン膨らんで、融資していた金融機関などに経営不安の恐れが生じて、株式市場などに大きな影響が出ているのです。

 ちょうど日本バブル弾けたのと同じような形で、特に金融機関にとって重大な問題となっています。住宅ローン金融機関提供するものですが、最近各種ローンなどをまとめて証券化し、他の金融機関投資家販売するようになっています。そのためサブプライムローン焦げ付いた影響は、単に米国金融機関だけにとどまらず欧州をはじめ世界金融機関投資家にも大きな影響与えています。米国当初これほど騒ぎになると考えておらず、ことの重大さを把握していなかったことも問題大きくしていると言えます。



(掲載日:2007/09/12)

サブプライム住宅ローン危機

(サブプライムローン問題 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/12 14:26 UTC 版)

サブプライム住宅ローン危機サブプライムじゅうたくローンきき: subprime mortgage crisis)とは、2007年末から2009年頃を中心としてアメリカ合衆国で起きた、住宅購入用途向けサブプライム・ローン不良債権化である。サブプライム・ローンへの投資を証券化し金融商品として取引可能にした「サブプライム・モーゲージ[1]」は、金融市場価格が下落するなどして、リーマン・ショックを代表例とする経済問題に発展した。


  1. ^ exotic mortgage products:初期は金利不要を謳うなどの「奇抜な」ローン商品
  2. ^ 導管はconduitの訳語。ここではABCPを扱う特別目的会社等を指す
  3. ^ en:Perfect storm:"考えられる中で最悪の事態"の意




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「サブプライムローン問題」に関係したコラム

  • CFDの金取引とは

    金取引には、現物取引と先物取引の2つの取引があります。金の現物取引は、ロンドン金市場で1日に2回取引が行われ、価格が決定されます。これをフィキシングプライスといいます。一方、金の先物市場は、ニューヨー...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「サブプライムローン問題」の関連用語

サブプライムローン問題のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



サブプライムローン問題のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
財団法人経済広報センター財団法人経済広報センター
Copyright(C) 2020 KEIZAI KOHO CENTER. SANGYO DATA PLAZA All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサブプライム住宅ローン危機 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS