ポール・クルーグマンとは?

ポール・クルーグマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/21 09:04 UTC 版)

ポール・ロビン・クルーグマンPaul Robin Krugman1953年2月28日 - )は、アメリカ経済学者コラムニストニューヨーク市立大学大学院センター(CUNY)教授




  1. ^ a b Paul Krugman (2011年8月10日). “Dismal Thoughts”. The Conscience of a Liberal. http://krugman.blogs.nytimes.com/2011/08/10/dismal-thoughts/ 2011年8月10日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f g h i j k l ビジネス オバマを揺さぶるクルーグマンの正体ニューズウィーク日本版 2009年5月11日
  3. ^ Krugman, Paul (2011年8月30日). “Who You Gonna Bet On, Yet Again (Somewhat Wonkish)”. Conscience of a Liberal (blog) (New York Times). http://krugman.blogs.nytimes.com/2011/08/30/who-you-gonna-bet-on-yet-again-somewhat-wonkish/ 2011年11月18日閲覧。 
  4. ^ Krugman, Paul. “There's something about macro”. MIT. 2011年11月18日閲覧。
  5. ^ Krugman, Paul (2009年7月29日). “The lessons of 1979-82”. The New York Times. http://krugman.blogs.nytimes.com/2009/07/30/the-lessons-of-1979-82/ 
  6. ^ Krugman, Paul (2009年9月23日). “The freshwater backlash (boring)”. The New York Times. http://krugman.blogs.nytimes.com/2009/09/23/the-freshwater-backlash-boring/ 
  7. ^ Paul Krugman. 1999. "Incidents from My Career". Website of Massachusetts Institute of Technology. Accessed on 22nd February 2015.
  8. ^ 経済学賞にクルーグマン氏 ノーベル賞、貿易理論刷新47NEWS(よんななニュース)2008年10月13日
  9. ^ ノーベル経済学賞、クルーグマン氏 国際貿易で新理論asahi.com(朝日新聞社) 2008年10月14日
  10. ^ a b Krugman, Paul 2009. "The Increasing Returns Revolution in Trade and Geography." American Economic Review, 99(3): 561–71.
  11. ^ ポール・クルーグマン 競争力論争――私はなぜ自説を曲げたか 政治家に迎合したくなる強い誘惑~「グローバル・ビジネス」1995年1月1日号掲載ダイヤモンド・オンライン 2010年1月10日
  12. ^ 国際シンポジウム「グローバル化と地域統合〜空間経済学の視点から」asahi.com 朝日新聞社シンポジウム 2004年12月2日
  13. ^ CUNY to pay Paul Krugman $225,000 ニューヨーク・ポスト
  14. ^ a b さっさと不況を終わらせろ:End This Depression Now!日立総合計画研究所 2012年9月11日
  15. ^ 経済の死角 本誌独占インタビューノーベル経済学者は指摘するポール・クルーグマン「1ドル100円超え、アベよ、これでいいのだ」現代ビジネス 2013年2月14日
  16. ^ 混迷深める世界経済 今年のノーベル経済学賞は誰に日本経済新聞 2011年10月2日
  17. ^ The Conscience of a Liberal (October 2007) ISBN 0393060691
  18. ^ ニューヨークタイムズ連載コラム(2008/02/04)
  19. ^ ニューヨークタイムズ連載コラム(2008/02/11)
  20. ^ The Theory of Intersteller Trade (PDF) (英語) 「恒星系間貿易の理論」原文
  21. ^ クルーグマン: 恒星系間貿易の理論 (日本語) 翻訳文
  22. ^ Economics: the final frontier (英語) 「恒星系間貿易の理論」に言及したポール・クルーグマン自身のブログエントリ
  23. ^ 危機の終わり遠い、緊縮で30年代型恐慌も-クルーグマン教授Bloomberg 2012年10月4日
  24. ^ IMFの緊縮策要求は誤りだった-金融危機後の対応で報告書Bloomberg 2014年11月5日
  25. ^ The Gramm connection. Paul Krugman. The New York Times. Published March 29, 2008.
  26. ^ 田中秀臣 『ベン・バーナンキ 世界経済の新皇帝』 講談社〈講談社BIZ〉、2006年、94-95頁。
  27. ^ 【コラム】クルーグマンの受賞が示す「ケインズは死なず」-WペセックBloomberg 2008年10月20日
  28. ^ The New York Times ポール・クルーグマン「リーマン・ブラザーズ崩壊後、ムダに費やされた悲劇の年月」現代ビジネス 2013年9月17日
  29. ^ ECB、日本型デフレに陥ること回避すべき=クルーグマン氏Reuters 2014年5月28日
  30. ^ クルーグマン氏、世界に警告-日本的な政策停滞は普遍的現象Bloomberg 2014年5月27日
  31. ^ Raise That Wage Paul Krugman, New York Times 2013年2月17日
  32. ^ Trade and TrustP.R. Krugman, The Opinion Pages, The New York Times, 22 May 2015
  33. ^ 経済の死角 独占インタビューノーベル賞経済学者 P・クルーグマン 「間違いだらけの日本経済 考え方がダメ」現代ビジネス 2010年08月20日
  34. ^ Paul Krugman"What's wrong with Japan?" The Official Paul Krugman Web Page
  35. ^ IS-LMentary The conscience of a liberal 2011年10月9日
  36. ^ 『虚構の終焉』= Towards a new macroeconomic paradigm. Tokyo: PHP. (2003) P 57,61
  37. ^ 現代の金融政策日立総合計画研究所
  38. ^ リチャード・ヴェルナー 『虚構の終焉』 = Towards a new macroeconomic paradigm. Tokyo: PHP. (2003) p 56
  39. ^ 田中秀臣 『デフレ不況 日本銀行の大罪』 朝日新聞出版、2010年、88頁。
  40. ^ リチャード・ヴェルナー 『虚構の終焉』= Towards a new macroeconomic paradigm. Tokyo: PHP. (2003) P 60
  41. ^ 吉川洋・通商産業研究所編集委員会 『マクロ経済政策の課題と争点』 東洋経済新報社、2000年、9-10頁。
  42. ^ Paul Krugman"What's wrong with Japan?" The Official Paul Krugman Web Page
  43. ^ Paul Krugman"JAPAN'S TRAP" The Official Paul Krugman Web Page
  44. ^ a b 田中秀臣 『経済政策を歴史に学ぶ』 ソフトバンククリエイティブ〈ソフトバンク新書〉、2006年、185頁。
  45. ^ 田中秀臣 『経済政策を歴史に学ぶ』 ソフトバンククリエイティブ〈ソフトバンク新書〉、2006年、186頁。
  46. ^ 田中秀臣 『デフレ不況 日本銀行の大罪』 朝日新聞出版、2010年、103頁。
  47. ^ Japan's trap, It's Baaack!Japan's Slump and the Return of the Liquidity Trap, Japan : Still Trapped, Further Notes on Japan's Liquidity Trap, Delusions of Respectability, Time on the Cross
  48. ^ 世界が注目する“日本の教訓” - これまでの放送NHK Bizプラス 2012年8月13日
  49. ^ 経済 ノーベル賞経済学者の「日本への謝罪」読売新聞(YOMIURI ONLINE) 2014年11月1日
  50. ^ a b クルーグマン教授“日本に謝りたい…” 教訓生かせぬEUのデフレ危機を嘆くニュースフィア 2014年10月31日
  51. ^ クルーグマン教授・独白「日本経済は、世界の良きモデルになる」【1】ノーベル賞経済学者が安倍総理に直訴PRESIDENT Online – プレジデント 2015年1月2日
  52. ^ 政治・社会 ノーベル経済学賞受賞者のクルーグマン教授、皮肉まじりにアベノミクス評価ZAKZAK 2013年1月15日
  53. ^ ポール・クルーグマン - アベノミクスが日本経済を復活させる!PHPビジネスオンライン 衆知 2013年10月22日
  54. ^ どう見る“アベノミクス”NHK Bizプラス 2013年2月12日
  55. ^ Make Japan Chaste and Continent, But Not Yet The Conscience of a Liberal, Paul Krugman, September 9th, 2013
  56. ^ 経済の死角 【独占インタビュー】ノーベル経済学賞受賞ポール・クルーグマン 日本経済は、そのときどうなるのか現代ビジネス 2013年10月21日
  57. ^ Is japan the Country of the Future Again? (The Opinion Page,The New York Times,Janurary11,2013)[1]
  58. ^ クルーグマン教授、日本の人口減少を問題視-低成長の要因Bloomberg 2013年2月6日
  59. ^ ノーベル経済学賞受賞者:中国の人民元政策、世界経済の脅威に大紀元 2009年10月31日
  60. ^ 経済の死角 本誌独占インタビュー ノーベル賞経済学者クルーグマン 「日本経済は消費税10%で完全に終わります」現代ビジネス 2014年9月16日
  61. ^ クルーグマン教授・独白「日本経済は、世界の良きモデルになる」【2】ノーベル賞経済学者が安倍総理に直訴PRESIDENT Online – プレジデント 2015年1月2日
  62. ^ a b 第九回「経済学は有益か(その二)-ルーカスの洞察」キヤノングローバル戦略研究所(CIGS) 2009年10月16日
  63. ^ 第八回「経済学は有益か(その一)-クルーグマンの挑発」キヤノングローバル戦略研究所(CIGS) 2009年10月16日


「ポール・クルーグマン」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ポール・クルーグマン」の関連用語

ポール・クルーグマンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ポール・クルーグマンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのポール・クルーグマン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS