世界金融危機_(2007年-)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 世界金融危機_(2007年-)の意味・解説 

世界金融危機 (2007年-)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/12 18:02 UTC 版)

世界金融危機(せかいきんゆうきき、: Global Financial Crisis)とは、サブプライムローン問題(サブプライム住宅ローン危機)を発端とした2007年アメリカ住宅バブル崩壊から、連鎖的に発生した2008年リーマン・ショック等を含む、一連の国際的な金融危機のことである。世界経済危機世界金融崩壊世界金融不況世界同時不況第二次世界恐慌などとも呼ばれる[1]。国際流動性の欠乏によって引き起こされ、シャドー・バンキング・システムの危機に発展し、これまで行われてきた金融規制に限界が存することを明らかにした[2][3]。短期金融市場から調達された資金を引き揚げられて、シャドーバンキングは脆弱性を露呈した[3][4]




  1. ^ "The Second Great Depression : Why the Economic Crisis Is Worse Than You Think". Retrieved 8 May 2014.
  2. ^ Łukasz Mamica, Pasquale Tridico, Economic Policy and the Financial Crisis, Routledge, 2014, p.6.
  3. ^ a b Anastasia Nesvetailova, 'Liquidity' in Light of the Shadow Banking System: Lessons from the Two Crises, in Economic Policy and the Financial Crisis
  4. ^ a b c 北原徹 シャドーバンキングと満期変換 立教経済学研究 65(3), 2012年1月20日
  5. ^ a b c d “NYダウ最大の下げ、終値777ドル安 下院が金融安定化法案否決”. 日本経済新聞. (2008年9月30日). オリジナル2008年10月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081003003842/http://www.nikkei.co.jp/news/main/20080930AT2M3000E30092008.html 2008年9月30日閲覧。 
  6. ^ この呼称は神奈川新聞2008年10月12日付社説[1]で用いられた。
  7. ^ "Fighting Off Depression", by Paul Krugman, The New York Times, January 4, 2009
  8. ^ 時事通信, 2009年2月9日
  9. ^ a b c NASDAQ Historical Price”. Yahoo! Finance. 2010年1月11日閲覧。
  10. ^ a b Dow Jones Industrial Average Historical Price”. Yahoo! Finance. 2010年1月11日閲覧。
  11. ^ a b c d e f g h i Economic Data”. セントルイス連銀. 2010年1月11日閲覧。
  12. ^ a b c d 主要国・地域の中央銀行政策金利”. 日本銀行. 2010年1月11日閲覧。
  13. ^ 篠原・櫨(2008)
  14. ^ 経済産業省・資源エネルギー庁 平成19年度 エネルギーに関する年次報告書(エネルギー白書2008)
  15. ^ WTI原油先物チャート[2]
  16. ^ S&Pケースシラー住宅価格指数[3]
  17. ^ “ギリシャ暴動、全土に 不況で社会不安…欧州各地にも飛び火”. MSN産経ニュース. (2008年12月9日). オリジナル2008年12月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081211041011/http://sankei.jp.msn.com/world/europe/081209/erp0812092146008-n1.htm 2008年12月9日閲覧。 
  18. ^ “日米欧の6中央銀行 大量のドル供給は危機感の表れ”. MSN産経ニュース. (2008年9月19日). http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/080919/fnc0809190001000-n1.htm 2008年9月19日閲覧。 [リンク切れ]
    6中央銀行はFRBのほか日銀、欧州中央銀行(ECB)、イングランド銀行(BOE)、カナダ銀行スイス国立銀行
  19. ^ その後個別にドル資金供給を行っていた9中央銀行を含め計15中央銀行がドル供給を10月末まで延長。“ドル供給を10月末まで延長 市場緊張で各国中央銀行”. 47NEWS(共同通信). (2009年2月4日). オリジナル2011年2月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111204172638/http://www.47news.jp/CN/200902/CN2009020301001085.html 
    FRB、日銀、欧州中央銀行(ECB)、英国、スイス、カナダ、デンマーク、ノルウェー、オーストラリア、スウェーデン、ブラジル、韓国、メキシコ、ニュージーランド、シンガポール
  20. ^ “世界で2.4兆円不足、貿易金融滞る モノ・サービスの流れ縮小”. 日本経済新聞. (2008年11月13日). http://www.nikkei.co.jp/news/main/20081113AT2M1301D13112008.html 2008年11月13日閲覧。 [リンク切れ]
  21. ^ 坂本恒夫 何故、巨大銀行の不祥事は絶えないのか 2015年3月
  22. ^ 日本銀行「実効為替レート(名目・実質)」の解説」[4](表1、表2)
  23. ^ 朝日新聞 民間設備投資(実質季調値)93SNA
  24. ^ 田中秀臣・上念司 『震災恐慌!〜経済無策で恐慌がくる!』 宝島社、2011年[要ページ番号]
  25. ^ 田中秀臣・上念司 『震災恐慌!〜経済無策で恐慌がくる!』 宝島社、2011年[要ページ番号]
  26. ^ “非正規労働の失業、9カ月間で19.2万人 内定取り消し1845人”. 日本経済新聞. (2009年3月31日). オリジナル2009年4月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090403014435/http://www.nikkei.co.jp/news/main/20090331AT3L3006D30032009.html 2009年3月31日閲覧。 
  27. ^ (2009年2月17日「しんぶん赤旗」)[5]
  28. ^ “失業率:過去最悪5.7% 有効求人倍率も最低更新…7月”. 毎日新聞. (2009年8月28日). オリジナル2009年9月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090903024157/http://mainichi.jp/select/biz/subprime/news/20090828k0000e020003000c.html?inb=yt 2009年8月28日閲覧。 
  29. ^ “<失業率>予測超す悪化速度 消費減退、悪循環も”. 毎日新聞. (2009年8月28日). http://mainichi.jp/life/today/news/20090828k0000e020049000c.html 2009年8月28日閲覧。 [リンク切れ]
  30. ^ 2009年度の実質成長率マイナス2.8%に・NEEDS予測”. NIKKEI-NET. 2009年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年2月16日閲覧。
  31. ^ 日経平均プロフィル[6]
  32. ^ http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C9381959CE0E2E2E2908DE0E2E2EBE0E2E3E2E2E2E2E2E2E2;at=ALL
  33. ^ “世界経済、下方リスクが増加…IMF諮問機関”. 読売新聞. http://www.yomiuri.co.jp/economy/20141012-OYT1T50118.html?from=ycont_top_txt 2014年10月12日閲覧。 
  34. ^ “〔焦点〕予想裏切る生産悪化、「景気後退入り」の可能性で増税シナリオに影”. ロイター. (2014年9月30日). http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL3N0RV1MC20140930 2014年10月12日閲覧。 
  35. ^ IMFの緊縮策要求は誤りだった-金融危機後の対応で報告書Bloomberg 2014年11月5日
  36. ^ パリバショックとは|金融経済用語集”. iFinance. 2017年3月15日閲覧。
  37. ^ 小林正宏、中林伸一 『通貨で読み解く世界経済』 中央公論新社、2010年7月25日
  38. ^ 倉橋透、小林正宏 『サブプライム問題の正しい考え方』 中央公論新社、2008年
  39. ^ BNP Paribas Freezes Funds as Loan Losses Roil Markets”. Bloomberg. 2010年2月11日閲覧。
  40. ^ a b c d e f g 藤井彰夫 『G20 先進国・新興国のパワーゲーム』 日本経済新聞出版社 2011年 年表・G20をめぐる主な動き
  41. ^ 景気動向指数研究会 議事概要内閣府 2009年1月29日
  42. ^ 2008年8月29日 日本経済新聞のスクープ記事
  43. ^ “米証券大手リーマンが身売り交渉、銀行大手バンカメが予備交渉に”. MSN産経ニュース. (2008年9月12日). オリジナル2008年9月23日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080923204035/http://sankei.jp.msn.com/world/america/080912/amr0809120827005-n1.htm 
  44. ^ “米リーマン:破産法申請 負債総額は米史上最大64兆円”. 毎日新聞. (2008年9月16日). オリジナル2008年9月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080916121429/http://www.mainichi.jp/select/today/news/20080916k0000e020024000c.html 
  45. ^ “【米金融危機】「流血の日曜日」 リーマン連邦破産法申請へ”. MSN産経ニュース. (2008年9月15日). オリジナル2008年9月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080922152925/http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/080915/fnc0809151559008-n1.htm 
  46. ^ “米リーマン:破産法申請へ バンカメはメリルリンチ買収”. 毎日新聞. (2008年9月16日). オリジナル2008年9月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080916022718/http://www.mainichi.jp:80/select/today/news/20080916k0000m020053000c.html 
  47. ^ “【米金融危機】リーマン日本法人が民事再生法の適用申請 邦銀融資残高は1700億円”. MSN産経ニュース. (2008年9月16日). オリジナル2008年9月23日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080923113954/http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/080916/fnc0809161952034-n1.htm 
  48. ^ “AIG救済へFRBが9兆円融資承認 事実上の政府管理下へ”. MSN産経ニュース. (2008年9月17日). オリジナル2008年9月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080922192142/http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/080917/fnc0809171024013-n1.htm 2010年2月11日閲覧。 
  49. ^ “金融安定化法案:修正法案、米上院で可決 下院採決焦点に”. 毎日新聞. (2008年10月2日). オリジナル2008年10月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081006023443/http://mainichi.jp/select/biz/news/20081002k0000e020033000c.html 
  50. ^ “米金融安定化法:大統領が署名、成立 買い取りは3段階で”. 毎日新聞. (2008年10月4日). オリジナル2008年10月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081006090019/http://mainichi.jp/life/money/news/20081004k0000e020021000c.html 
  51. ^ “欧州4カ国首脳会議:金融危機抑止へ新機関…銀行を監督”. 毎日新聞. (2008年10月6日). オリジナル2008年10月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081006105814/http://mainichi.jp/select/biz/news/20081006k0000m020066000c.html 
  52. ^ 国際金融安定性報告書(GFSR) 2008 年10 月 要旨 日本語仮訳
  53. ^ a b “焦点:欧米の公的資金注入策に懸念の声、不良債権の全体像見えず”. ロイター通信. (2008年10月17日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-34382120081017 2008年10月18日閲覧。 
  54. ^ “大和生命が破綻 金融淘汰、日本でも 株安痛手で生保5社含み損”. 日本経済新聞. (2008年10月11日). オリジナル2008年10月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081014025421/http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20081011AT2C1001L10102008.html 
  55. ^ “リーマン対象の金融派生商品CDS、残高の大部分損失の公算”. 日本経済新聞. (2008年10月11日). オリジナル2008年10月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081012221311/http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20081011AT2M1100P11102008.html 
  56. ^ “米リーマン対象のCDS清算、国内に損失波及も”. 日本経済新聞. (2008年10月12日). オリジナル2008年10月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081015033208/http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20081012AT2C1100Y11102008.html 
  57. ^ “対リーマン公的支援「巨額すぎ使えず」FRB議長”. 日本経済新聞. (2008年10月9日). オリジナル2008年10月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081016023504/http://www.nikkei.co.jp/kaigai/us/20081008D2M0800M08.html 
  58. ^ 「7か国財務大臣・中央銀行総裁の行動計画」(742字)
  59. ^ “欧州金融再編が加速 主要行、公的資金受け入れへ”. 日本経済新聞. (2008年10月13日). オリジナル2008年10月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081016023516/http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20081013AT2M1201K12102008.html 
  60. ^ “最貧国で深刻な損害も=金融危機の波及懸念-世銀・IMF”. 時事通信社. (2008年10月13日11時18分). http://www.jiji.com/jc/zc?k=200810/2008101300091 [リンク切れ]
  61. ^ Communiqué of the International Monetary and Financial Committee of the Board of Governors of the International Monetary Fund。国際通貨基金、No. 08/240 October 11, 2008(英語)
  62. ^ “三菱UFJとモルガン、出資条件巡り再交渉 米紙報道”. 日本経済新聞. (2008年10月13日). オリジナル2008年10月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081016023522/http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20081013AT3K1300B13102008.html 
  63. ^ 米ドル短期金融市場における流動性向上のための更なる対策”. 日本銀行 (2008年10月13日). 2018年10月13日閲覧。
  64. ^ “三菱UFJ発表、モルガンへの出資を優先株に 投資額は変えず”. 日本経済新聞. (2008年10月13日). オリジナル2008年10月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081016023526/http://www.nikkei.co.jp/news/main/20081013AT2C1300E13102008.html 
  65. ^ 三菱UFJ フィナンシャル・グループによるモルガン・スタンレーへの出資実行について
  66. ^ “首相、地銀に公的資金注入など検討指示 中川財務・金融担当相に”. 日本経済新聞. (2008年10月13日). オリジナル2008年10月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081016023537/http://www.nikkei.co.jp/news/main/20081013AT3S1300A13102008.html 
  67. ^ “独、銀行支援に68兆円 公的資金と政府保証、仏伊も支援実施へ”. 日本経済新聞. (2008年10月13日). オリジナル2008年10月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081016023532/http://www.nikkei.co.jp/news/main/20081013AT2M1301I13102008.html 
  68. ^ “東証大引け・急反発――金融対策受けストップ高続出・先物にヘッジ買い”. 日本経済新聞. (2008年10月14日). オリジナル2008年10月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081015173128/http://www.nikkei.co.jp/news/market/20081014m1ASS0ISS16141008.html 
  69. ^ “08会計年度の米財政赤字、過去最大の4550億ドル”. 読売新聞. (2008年10月15日13時00分). オリジナル2008年10月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081018181556/http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20081015-OYT1T00331.htm [リンク切れ]
  70. ^ “9月の米小売売上高 1.2%減 金融危機で消費抑制”. 日本経済新聞. (2008年10月15日21時56分). http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20081016AT3K1501315102008.html [リンク切れ]
  71. ^ “WRAPUP2: UBSに公的資金注入、クレディ・スイスは民間から資金調達”. ロイター通信. (2008年10月16日). http://jp.reuters.com/article/mostViewedNews/idJPnTK826212020081016 
  72. ^ “NY原油:急落、70ドル割る 1年2カ月ぶり安値”. 毎日新聞. (2008年10月17日). オリジナル2008年10月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081017163720/http://mainichi.jp/select/biz/news/20081017k0000e020034000c.html 
  73. ^ “世界同時不況の様相 9月の米鉱工業生産34年ぶりの下げ幅”. 日本経済新聞. (2008年10月17日07時00分). http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20081017AT2M1602X16102008.html [リンク切れ]
  74. ^ “10月米ミシガン大消費者信頼感指数が大幅悪化”. ロイター通信. (2008年10月18日). http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-34384120081017 
  75. ^ “9月米住宅着工件数は17年半ぶり、許可件数は約27年ぶり低水準”. ロイター通信. (2008年10月18日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-34383420081017 
  76. ^ “シティなど米大手金融機関、公的資金の受け入れ発表”. ロイター通信. (2008年10月18日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-34384920081017 
  77. ^ “FRB議長が追加的財政出動を支持”. MSN産経ニュース. (2008年10月20日). http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/081020/fnc0810202349021-n1.htm [リンク切れ]
  78. ^ “融資規制せず「過ち犯した」グリーンスパンFRB前議長”. MSN産経ニュース. (2008年10月24日). オリジナル2008年12月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081209104046/http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/081024/fnc0810241127012-n1.htm 
  79. ^ “【金融危機】東証終値7162円90銭 バブル崩壊後最安値”. MSN産経ニュース. (2008年10月27日). オリジナル2008年10月31日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081031003626/http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/081027/fnc0810271422014-n1.htm 
  80. ^ “景気判断を大幅下方修正 実体経済にダメージ”. 毎日jp (毎日新聞社). (2008年10月16日). オリジナル2008年10月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081019042453/http://mainichi.jp/select/biz/news/20081016k0000e020015000c.html 
  81. ^ “【金融危機】支援訴えビッグスリー 米上院銀行委”. MSN産経ニュース. (2008年11月19日). オリジナル2009年2月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090207234916/http://sankei.jp.msn.com/economy/business/081119/biz0811191025004-n1.htm 
  82. ^ “救済求めるビッグ3の首脳、自家用機で議会に乗りつけ非難の嵐”. MSN産経ニュース. (2008年11月20日). オリジナル2008年12月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081209104030/http://sankei.jp.msn.com/economy/business/081120/biz0811201440005-n1.htm 
  83. ^ “ビッグ3救済協議、米上院決裂! 救済法廃案に (1/2ページ)”. MSN産経ニュース. (2008年12月12日). オリジナル2008年12月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081214201640/http://sankei.jp.msn.com/economy/business/081212/biz0812121334006-n1.htm 
  84. ^ “ビッグ3救済協議、米上院決裂! 救済法廃案に (2/2ページ)”. MSN産経ニュース. (2008年12月12日). オリジナル2008年12月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081214201858/http://sankei.jp.msn.com/economy/business/081212/biz0812121334006-n2.htm 
  85. ^ 景気動向指数研究会 議事概要”. 内閣府 (2010年6月7日). 2010年6月7日閲覧。
  86. ^ 2010年「世界2%成長」へ協調(日本経済新聞、2009年4月3日)
  87. ^ 追加経済対策 景気下支え最大の56兆円(日本経済新聞、2009年4月11日)
  88. ^ 資本不足10社で7.4兆円 米金融資産査定結果(日本経済新聞、2009年5月8日夕刊)
  89. ^ “ギリシャの09年財政赤字比率を拡大修正、ユーロ圏は前年比3倍に=EU”. ロイター. (2010年11月15日). http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnTK879190520101115 2011年1月12日閲覧。 
  90. ^ “アイルランド:EUとIMFに金融支援申請へ…財務相表明”. 毎日新聞. (2010年11月22日). オリジナル2010年11月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101125155702/http://mainichi.jp/select/world/news/20101122k0000m030078000c.html 
  91. ^ IBTimes:アイルランドの財政危機、なぜ問題なのか
  92. ^ 日本経済新聞 2010年11月22日夕刊2面






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「世界金融危機_(2007年-)」の関連用語

世界金融危機_(2007年-)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

James A. Garfield

ヤレウスバノリ

水槽付ポンプ車

大浜海水浴場

合わせ包み

docomo PRIME series SH-07B

人力鋤

ボーフォール・エテ





世界金融危機_(2007年-)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの世界金融危機 (2007年-) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS