エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業の意味・解説 

エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業

読み方:えこぽいんとのかつようによるぐりーんかでんふきゅうそくしんじぎょう
別名:グリーン家電普及促進事業エコポイント事業

グリーン家電製品(グリーン家電)」と呼ばれる省エネ性能の高い家電製品購入すると「家電エコポイント」と呼ばれる様々な商品サービス交換可能なポイント取得できるようにすることで、「地球温暖化対策」「経済活性化」「地上デジタル対応テレビ普及」を図る政府事業の名称。しばしば、省略して「エコポイント事業」とも呼ばれる

エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業は、2009年度の補正予算において事業予算2,946億円で経済対策一つとして成立(自民党政権時で、時の首相麻生太郎)。所管環境省経済産業省総務省であり、2010年11月現在も制度継続修正などが行われている。

関連サイト
エコポイントの活用によるグリーン家電普及事業(仮称)の実施について - 環境省経済産業省総務省(2009年4月21日)
エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業の実施について - 環境省経済産業省総務省(2009年4月21日)
エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業の実施について - 環境省

エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/05 15:07 UTC 版)

エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業(エコポイントのかつようによるグリーンかでんふきゅうそくしんじぎょう)は、2008年平成20年)の世界金融危機リーマン・ショック)を機に日本政府が、翌2009年(平成21年)度の補正予算などにおいて経済景気対策の1つとして行った事業である。環境省経済産業省総務省が所管する。事業予算は2,946億円。自民党公明党連立政権である麻生内閣の経済対策・環境対策において開始され、民主党国民新党社民党連立政権への移行後においても、エコポイントの概念並びに制度が最終的に2010年(平成22年)度いっぱいまで継続・延長された。






「エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業」の関連用語

エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS