バブル時代とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > バブル時代の意味・解説 

バブル時代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/05 19:38 UTC 版)

バブル時代(バブルじだい)では、バブル景気の時期における日本の文化・流行・社会現象などについて記述する。




  1. ^ 日本経済新聞社編 『検証バブル 犯意なき過ち』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2001年、78頁。
  2. ^ 日本経済新聞社編 『検証バブル 犯意なき過ち』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2001年、148頁。
  3. ^ 携帯電話は当時高価格なこともあって殆ど普及しておらず、まともな収入がない学生が手にすることは不可能であった。
  4. ^ 当時は大学生だけでなく高校生もバブル景気の影響を受けて就職は容易であり、高校新卒者の求人倍率は1992年に3.34倍と高度経済成長期に次ぐ高い値を記録している。
  5. ^ 小峰隆夫 『ビジュアル 日本経済の基本』 日本経済新聞社・第4版〈日経文庫ビジュアル〉、2010年、56頁。
  6. ^ 田中秀臣 『日本経済復活が引き起こすAKB48の終焉』 主婦の友社、2013年、91頁。ISBN 978-4-07-289414-9
  7. ^ a b アベノミクスに要注意! バブル時代の貧乏人の扱いがヒドすぎる!ダ・ヴィンチニュース 2013年5月17日
  8. ^ 1986年に遺書を残して生徒が自殺した中野富士見中学いじめ自殺事件が起きた。葬式ごっこを行い教師3人も色紙に寄せ書きしていたことから、メディアが注目した最初のいじめ自殺事件になった。
  9. ^ 『「まじめ」の崩壊―平成日本の若者たち』(サイマル出版会、1991年)[要ページ番号]
  10. ^ 噂の真相」は「タカ派精神科医小田晋」(1997年7月号)において、「小学生時代はいじめられっ子で、青春時代は精神医学研究に明け暮れ、初体験は40過ぎまで叶わなかった」などの小田氏の生育歴に触れた上で、「そういう小田氏は自分のことを何て診断するのだろうか」「甲高い声でこういうだろう。『オタッキーの典型的なパターンです』と」として、そんな彼もオタクの枠に入るのではと疑問を呈した。[要ページ番号]
  11. ^ TM NETWORK小室哲哉がプロデュースしたヤマハ・EOSシリーズプリンセス・プリンセス今野登茂子がCMキャラクターを務めたD-5など。
  12. ^ ただしジュリアナ東京が開店したのは1991年5月であり、すでにバブル崩壊が始まっていた時期にあたる。バブル時代を象徴するディスコは1989年11月オープンの芝浦ゴールドと、その頃の高級ディスコブームを牽引していたマハラジャだった。
  13. ^ 伊藤修 『日本の経済-歴史・現状・論点』 中央公論新社〈中公新書〉、2007年、123頁。
  14. ^ 日本経済新聞社編 『検証バブル 犯意なき過ち』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2001年、70頁。
  15. ^ 『フェラーリを1000台売った男』榎本修・著 清水草一・編 ロコモーションパブリッシング刊
  16. ^ 辻井喬、上野千鶴子『ポスト消費社会のゆくえ』文春新書、文藝春秋、2008年 ISBN 9784166606337
  17. ^ プラザ合意と円高、バブル景気 財務省広報誌「ファイナンス」2011年10月[リンク切れ]
  18. ^ バブル景気の痕跡をたどる週刊朝日連載。ジュリアナ東京ボジョレ・ヌーボーアッシーくんゴルフ会員権地上げ1億円ふるさと創生交付金チバリーヒルズボディコン私をスキーに連れてって企業メセナ宮崎シーガイア、「ゴッホのひまわり」、CIブームE電ハウステンボステーマパークホンダ・NSX地方博ブームエンパイア・ステート・ビルディングロックフェラーセンター買収など、ティファニーを贈るのやクリスマスはカップルですごすものとかこの時期に限定メニューがある、という習慣もこの頃始まったのが分かる。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「バブル時代」の関連用語

バブル時代のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



バブル時代のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバブル時代 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS