松任谷由実とは?

松任谷由実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/13 09:27 UTC 版)

松任谷 由実(まつとうや ゆみ、戸籍名:同じ、1954年昭和29年)1月19日 - )は、日本シンガーソングライター旧姓名および旧芸名荒井 由実(あらい ゆみ)。1972年にシングル「返事はいらない」で荒井由実としてデビュー。愛称は「ユーミン」。紫綬褒章受章者(2013年)。公式ファンクラブは「Yuming Fan Club」。所属レコード会社はユニバーサルミュージック(旧:EMIミュージック・ジャパン)。




注釈

  1. ^ 魔女の宅急便』主題歌の『ルージュの伝言』『やさしさに包まれたなら』および『風立ちぬ』主題歌の『ひこうき雲』。
  2. ^ 松任谷の冠番組オールナイトニッポンTV』(フジテレビ)に黒柳がゲスト出演した際に、黒柳に「最終回に出たい」と発言した。
  3. ^ ちなみに2015年6月2日放送回にて、ゲストのCharがそのことを語っている[6]
  4. ^ ライブアルバム、コラボシングル(「(みんなの)春よ、来い」各種を含む)、トリビュートアルバム参加曲、初回限定盤のボーナストラックを除く。公認編集盤のうち『ALBUM』『Yuming THE GREATEST HITS』はラインナップから外れている。一部のシングル曲はアルバムバージョンに差し替えられているが、アルバム未収録のシングル曲は網羅されている[14]
  5. ^ 「マサタカ」は夫の松任谷正隆。
  6. ^ 改編により『サタデー―』が日曜へ移転しサタデー(土曜)でなくなった為改題
  7. ^ ソロ名義では初出場だが、2回目の出場としてカウントされた。

出典

  1. ^ ユーミン、呉田軽穂を語る 純粋な部分、出し切る朝日新聞インタビュー 2017年1月16日
  2. ^ 楽曲提供した須藤薫、松本明子らのジャケットにローマ字表記「Karuho Kureda」あり。本人のラジオ番組でも同様。
  3. ^ ユーミン、安室、宇多田…天才たちに共通する“14歳の転機” exciteニュース(2018年6月14日閲覧)
  4. ^ @hikki_staffのツイート(274342031663439873)
  5. ^ 黒柳徹子『徹子の部屋』の最終回ゲストは「あの人」に決まっている週刊新潮」2015年8月6日通巻3000号記念特大号より - デイリー新潮(2016年3月25日閲覧)
  6. ^ “徹子の部屋|2015/06/02(火)放送”. TVでた蔵 (株式会社ワイヤーアクション). (2015年6月2日). http://datazoo.jp/tv/%E5%BE%B9%E5%AD%90%E3%81%AE%E9%83%A8%E5%B1%8B/861930 
  7. ^ 自著『ユーミンとフランスの秘密の関係』(CCCメディアハウス)
  8. ^ 『松任谷由実 デビュー40周年 はてない夢の旅』”. NHK (2012年11月30日). 2014年3月25日閲覧。
  9. ^ SONGSスペシャル松任谷由実〜生きるよろこび歌にこめて〜”. NHK (2013年11月22日). 2014年3月24日閲覧。
  10. ^ . 朝日新聞. (2013年4月28日). オリジナルの2013年5月14日時点によるアーカイブ。. [1] 2013年5月22日閲覧。 
  11. ^ “松任谷由実さんら723人 バレエの熊川哲也さんも 春の褒章”. 産経新聞. (2013年4月28日). http://sankei.jp.msn.com/life/news/130428/trd13042809410002-n1.htm 2013年5月22日閲覧。 
  12. ^ “「想い」を胸に歌う 紫綬褒章受章の松任谷由実さん”. 日本経済新聞. (2013年4月28日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2701O_X20C13A4CR8000/ 2013年5月22日閲覧。 
  13. ^ 世田谷区名誉区民の顕彰について
  14. ^ ねとらぼ ユーミンの全曲配信がスタート 荒井由実時代を含むデビューから45年間の全424曲





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「松任谷由実」の関連用語

松任谷由実のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



松任谷由実のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの松任谷由実 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS