進め!電波少年とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 進め!電波少年の意味・解説 

進め!電波少年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/26 02:46 UTC 版)

進め!電波少年』(すすめ でんぱしょうねん)は、1992年7月5日から1998年1月4日まで、日本テレビ系列で毎週日曜 22:30 - 22:55 (JST) に放送された、日本テレビ制作のバラエティ番組である。電波少年シリーズ第1作。


  1. ^ 伝説の極悪P(土屋敏男元プロデューサー)が語る『電波少年』秘話とテレビの未来
  2. ^ “電波少年”は企画次第で視聴率が取れる革命的な番組だった
  3. ^ ウッチャンナンチャン司会によるバラエティ番組はその後、『ウンナン世界征服宣言』→『ウッチャンウリウリ!ナンチャンナリナリ!!』→『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』と放送時間帯とタイトルを変えながら継続、こちらも1990年代の日本テレビを代表する人気番組となった。
  4. ^ [1],90'S チョベリー,2016年10月10日
  5. ^ 松村邦洋、『電波少年』の企画でバツイチになっていた!エピソードがブッ飛びすぎwwwAOLニュース、2016年4月5日 18時0分。
  6. ^ 【オタク旦那と一般人嫁】電波少年的ゲーム2の謎
  7. ^ ホントは猿岩石じゃなかった!!”. 御影道. 2015年8月22日閲覧。
  8. ^ 当時香港はイギリス領であり、中国返還は翌年の1997年7月1日
  9. ^ 『猿岩石大ウソ日記』(鹿砦社、ヒッチハイク愛好会)
  10. ^ 光文社 (2020年8月19日). “有吉弘行、『電波少年』ヒッチハイクで渡哲也から「救援物資を…」”. Smart FLASH. 2020年8月19日閲覧。
  11. ^ 同企画での主目的は、有吉がインドの恩人にヒッチハイクで会いに行くというものであった。
  12. ^ 有吉弘行いわく「20年越しの仕返し」。
  13. ^ 放送はされなかったが、アメリカでのヒッチハイクの最中通りすがりの車に銃で発砲されていたことを、2011年8月5日放送の『情報ライブ ミヤネ屋』に出演した石本が証言している。このときの様子は放送当時発売されたVHSソフトの第4巻「南北アメリカ大陸横断ヒッチハイク〜極北の夢 完結編」にもテレビ未公開映像として収録されており、道路脇の小屋に逃げ込み恐怖で震えが止まらない2人の様子が映っている。
  14. ^ あくまでもこれは演出であり(当日の新聞番組欄でも最終回扱いとされておらず、[終]マークはついていなかった)、実際は11日より『進』としてリニューアル。後日談は『進ぬ』内で放送された。
  15. ^ 「電波少年」令和に復活 WOWOWで今晩スタート”. 東京新聞 (2021年1月16日). 2021年1月18日閲覧。
  16. ^ メディアと性的マイノリティ10●進め!電波少年の松村邦洋が赤ちゃんで・・・「今晩一晩、お宅のお子さんにしてください」、フツーに生きてるGAYの日常(映像作家・島田暁(akaboshi)のブログ)、2010年12月1日 20:53:57。
  17. ^ 宮前資料室 雑誌etc4 ]
  18. ^ 番組末期は地方の他系列局開局に伴う放送枠の移動やローカル番組の終了に伴い本番組を同時ネットに移行した系列局も存在した。
  19. ^ 現在当該枠で放送されている『日曜ドラマ』はNNN系列局全局同時ネットとなっている。
  20. ^ 当該枠は『たけし・所のドラキュラが狙ってる』→『世界ウルルン滞在記』を同時ネットで放送(当時)
  21. ^ 『福島民報』、1994年04月03日朝刊、20面、テレビ欄に新番組マーク記載あり
  22. ^ SKEが猿岩石!? ヒッチハイクに挑戦 日刊スポーツ 2014年7月28日





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「進め!電波少年」の関連用語

進め!電波少年のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



進め!電波少年のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの進め!電波少年 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS