ザテレビジョンとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 出版物 > 雑誌 > テレビ情報誌 > ザテレビジョンの意味・解説 

ザテレビジョン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/25 04:25 UTC 版)

ザテレビジョン』は、KADOKAWA発行の日本テレビ情報誌である。毎週水曜日発売[注 1]週刊版、毎月24日発売の月刊版、同じく毎月24日発売の地上波・BSCSを扱う専門版の「月刊大人ザテレビジョン」(げっかんおとなザテレビジョン)がある。週刊版は、有名人がレモンを持った表紙でおなじみ。


注釈

  1. ^ 2019年4月12日号より広島・山口東・島根・鳥取版、岡山・四国版、福岡・佐賀・山口西版、熊本・長崎・沖縄版、鹿児島・宮崎・大分版は毎週木曜日発売。
  2. ^ 週刊版の誌名は、単に『ザテレビジョン』だが、公式サイトでも『週刊ザテレビジョン』との表記が見られる。表紙には「WEEKLY THE TELEVISION」、目次には「WEEKLY ザテレビジョン」との表記もある。
  3. ^ 北海道文化放送東北放送RKB毎日放送宮崎放送などが正式な略称は大文字だが、ロゴ表記は小文字
  4. ^ テレビアニメ特集
  5. ^ イラストではなく、着ぐるみが表紙に登場した
  6. ^ ダイ・ハード』『アンタッチャブル』とともに
  7. ^ 表紙の作品を主体としたアニメ関連情報のムック本として発売。発売時期が冬で年末なのにもかかわらず、全員水着姿でレモンを持たせている。
  8. ^ アニメ関連情報のムック本として発売。
  9. ^ メイン以外では『ちびまる子ちゃん』『アイカツ!』『ちいさなプリンセス ソフィア』『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』『仮面ライダーゴースト』『仮面ライダードライブ』『烈車戦隊トッキュウジャー』『手裏剣戦隊ニンニンジャー』『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のキャラクターも登場している。
  10. ^ 当時の邦題は「スター・ウォーズ ジェダイの復讐」。
  11. ^ 高見知佳とともに
  12. ^ ゴーストバスターズ」のマークとともに
  13. ^ 安達祐実とともに
  14. ^ 特撮関連情報のムック本として発売。
  15. ^ 中居正広香取慎吾とともに
  16. ^ 首都圏版には山梨県、静岡版には在京4局(テレビ東京を除く)、関西版には徳島県の各民放がハーフサイズで掲載。また独立局については首都圏版ではTOKYO MX1,tvkがハーフサイズ、その他の4局は別ページ(ページ名は、地デジ化完了後も長らく「UHF番組表」だったが2019年4月より「独立局番組表」に変更)に、静岡版ではtvkがハーフサイズに、中部版では三重テレビ,ぎふチャンがハーフサイズに、関西版ではサンテレビがフルサイズ、KBS京都がハーフサイズ、その他の3局はさらに半分ぐらい(3分の1)のサイズで掲載されている。四国放送は関西版と岡山・四国版両方にハーフサイズ、WOWOWプライムは首都圏版と中部版両方にフルサイズで掲載。
  17. ^ 山梨県について、地方版創刊当初は「静岡・山梨版」として、隣県の静岡県と一つのエリアとして販売されていたが、山梨県内でのケーブルテレビの高普及率に伴い実質的に在京局の受信可能世帯が多かったことや、隣接する静岡県のエリア事情を考慮し、版割変更が行われ、以後は首都圏版に組み込まれている。
  18. ^ 地方版創刊当初は、隣県の山梨県との「静岡・山梨版」であったが、山梨県のエリア事情と、静岡県西部地方の事情(在名局を受信可能な地域が比較的多い)を考慮し、全国の版割で唯一(当時)の「1県単独版」として独立した。しかし、県西部に偏りすぎてしまったため、版割はそのままに、後に在京各局の番組表も復活させた上で在名局番組表と併存させるなどの修正を施し、現在に至っている。
  19. ^ 関西ザテレビジョン』→『ザテレビジョン KANSAI』として発行していた時期あり
  20. ^ 現在のフォーマットになった2014年9月19日号から最初の1年半に紙幅の関係で四国放送はお正月超特大号のみの掲載となった時期がある。
  21. ^ a b 山口県は地理的要因によりエリア外の視聴可能局が東部と西部で異なるため、同じ県内でも冊子が異なる。同県内の放送局はどちらもフルサイズで掲載されている。このような事象は『週刊TVガイド』でも同様であるが、以前は「広島版」に山口県の番組表を載せていたので山口県全県で広島版を発売していた時期がある。民放テレビ全国四波化#山口県も参照のこと。
  22. ^ 年末年始や改編期を除き2019年10月4日号をもって地上波番組表の掲載は終了。

出典

  1. ^ ザテレビジョンドラマアカデミー賞、KADOKAWA、2014年2月15日閲覧。
  2. ^ JMPAマガジンデータ 日本雑誌協会
  3. ^ 「[3号連続企画第1弾]歴代表紙コレクション・1」『週刊ザテレビジョン』2011年10月7日号。
  4. ^ 長渕剛、20年越しでレモン持った! 『ザテレビジョン』3度目表紙でついに…、オリコン、2013年5月15日、2013年10月30日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g 『週刊ザテレビジョン』2014年9月12日号、96頁。(「ザテレビジョン トリビアワード」)
  6. ^ Yahoo!オークション - ザテレビジョン 表紙レモンチャリティー、Yahoo!JAPAN、2009年6月25日閲覧
  7. ^ ニュースウォーカー
  8. ^ モデルプレス
  9. ^ 歴代CMソングをメドレーで100曲収録!コンピ『ベストCM100』発売、CDジャーナル、2006年11月21日(更新:2008年3月31日)。
  10. ^ a b 『月刊ザテレビジョン』2015年3月号、1頁。


「ザテレビジョン」の続きの解説一覧

ザ・テレビジョン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/06 06:44 UTC 版)

ザ・テレビジョン

  • ザ・テレビジョン (テレビ番組) - 1978年および1985年4月でテレビ東京で放送されたテレビ番組。
  • ザテレビジョン - KADOKAWA(創刊当初は角川書店)が発行する日本のテレビ情報誌。
    • 株式会社ザテレビジョン - 上記のテレビ情報誌創刊に際し、1982年に角川書店(初代、法人格上は現在の角川グループホールディングス)の子会社として設立された編集プロダクション。1993年に角川書店へ吸収合併された。
    • 株式会社角川ザテレビジョン - 2006年に角川書店から分社され、2009年に発足した角川マーケティングの前身の1社となっている。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ザテレビジョン」の関連用語

ザテレビジョンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ザテレビジョンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのザテレビジョン (改訂履歴)、ザ・テレビジョン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS