オールナイトフジとは?

オールナイトフジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/29 06:25 UTC 版)

オールナイトフジ』(All Night Fuji)は、フジテレビ系で生放送(一部録画放送)されていた深夜番組である。タイトルは、フジテレビと同じくフジサンケイグループに属するニッポン放送の深夜全国ネットラジオ番組オールナイトニッポン』(All Night Nippon、略称:ANN)を意識して付けられた。




  1. ^ ミス日本、元八王子市市議会議員。
  2. ^ タイトルバックでレオタード姿で踊ったり、またアダルトビデオ紹介コーナーで恥ずかしそうに作品を紹介したりした。当時、新宿区市谷河田町にあったフジテレビ本社前には、オールナイターズ目当てに多くの男が集まったという。
  3. ^ 実際の番組タイトルは「オールナイトフジ」のまま。1987年4月のリニューアルからは「新オールナイトフジ」と番組タイトルも変更したが、程なくして元の「オールナイトフジ」に戻している。
  4. ^ 後に姉妹番組『夕やけニャンニャン』でも司会を担当している。
  5. ^ 相楽については、森尾(・麻木)・田代時代に存在した「延長戦」からそのままスライドする形で司会を担当した。
  6. ^ a b c おかわりシスターズ。
  7. ^ a b おかおりシスターズ。
  8. ^ a b おあずけシスターズ。
  9. ^ a b よまわりシスターズ。
  10. ^ 現・フジテレビ広告宣伝部企画担当部長。
  11. ^ その後、おニャン子クラブへ。
  12. ^ おニャン子クラブに加入後すぐに、オールナイターズに加入し並行して活動したが、1986年におニャン子クラブ専任に。
  13. ^ 後に静岡朝日テレビアナ→テレビ神奈川アナ。
  14. ^ 1984 - 1986年3月まで司会格で出演。
  15. ^ 1983年12月に初出演。1984年1月に一旦降板後、1984年6月 - 1986年3月までレギュラー。以降1989年3月まで月1回程度の準レギュラー。
  16. ^ 1983年10月 - 1986年3月までレギュラー。その後1988年の「延長戦」にレギュラー出演。
  17. ^ 1989 - 1991年まで司会格で出演。
  18. ^ 1988年2月 - 9月まで司会格で出演。
  19. ^ 星野は、番組最末期の「シーエックス」メンバーとしても出演。
  20. ^ 当時は「ウッちゃんナンちゃん」だった。
  21. ^ とんねるずの舎弟軍団。
  22. ^ 各地域版より、当該ネット局における放送開始日及び放送終了日を確認。それに基づいた年月日を記述。具体的な日が不明なものは、同じく確認できた部分(年月単位)においてのみ記述した。
  23. ^ 当時のテレビ静岡は、「中央競馬ダイジェスト」をネットしていなかったため。ちなみに当時はその枠に10分間の買取番組を購入し、放送していた。
  24. ^ なお、この回は通常ネット局である愛媛放送が編成上の都合からネットせず。
  25. ^ 本番組の構成者の中には秋元康もおり、彼は『夕やけニャンニャン』立ち上げにも関わった。
  26. ^ 月曜日に限っては「EXPOスクランブル」(TBSテレビ)に出演していたため、事前収録の上、番組前半のみ出演。
  27. ^ 番組後半部分の事前収録については、インターネット上の掲示板において、「ミニコンサートやゲストの歌については、出演バンドやアーティストのセッティングや音合わせなどに配慮したもの」。また「後に番組後半すべてが事前収録になったのは、フジテレビ周辺に集まっていた出待ち追っかけ対策の側面もあった」との関係者や当時の事情を知ると思われる者からの書き込み(証言)があった。
  28. ^ 当時の番組表(ネット局と放送期間同様の調べ方により確認)には「3:30終了予定」(フジテレビ、テレビ静岡)との記述がなされていた
  29. ^ スタジオとサブがガラス1枚で隔てられているだけという、出演者とスタッフ(特にディレクター)の物理的距離感。
  30. ^ タイムキーパービデオエンジニア、照明担当は本来のサブにおり、ディレクターの他、スイッチャーミキサーは本来のサブとフロアサブの双方に配置されていた。メーンのディレクターとスイッチャー、ミキサーはフロアサブに入るが、本来のサブにはフロアサブのトラブル時に機能を代替できるスタッフが入っていた。
  31. ^ 関西テレビに限らず在阪各局はお色気番組のネットに消極的であった。
  32. ^ このような交流企画は後にテレビ岩手宮城テレビ放送の夕方番組などでも実施されている。
  33. ^ 六本木カフェバー船橋ららぽーとに当時あったドライブインシアター、都内の神社ガソリンスタンド、かつてシーエックスメンバーであった比嘉ひとみの自宅や横浜山下公園横須賀レコーディングスタジオなど。
  34. ^ 『オールナイトフジ』OB。
  35. ^ 『オールナイトフジ』最終回ゲスト。
  36. ^ 後に静岡放送アナウンサー→フリー→プロ野球選手松中信彦夫人。
  1. ^ 別冊宝島2611『80年代アイドルcollection』p.93.
  2. ^ 鈴木健司、平松あゆ子「人気タレント・ヒット番組は「深夜」に生まれる① 民放各局の24時間放送開始以来、様々な試みがなされてきた深夜番組から見るテレビの可能性」『放送文化』第36号、日本放送出版協会、1997年、29ページ。
  3. ^ 「「オールナイトフジ」18年ぶり復活」(2009年3月3日サンケイスポーツ
  4. ^ 1991年10月10日放送「深夜は踊る JOCX-TV PLUS GARDEN MANUAL」での同番組についての説明から引用[出典無効]
  5. ^ フジ大みそか&元日夜は最下位 - 2015年1月2日、デイリースポーツ





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「オールナイトフジ」の関連用語

オールナイトフジのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



オールナイトフジのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオールナイトフジ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS