爆笑_大日本アカン警察とは?

爆笑 大日本アカン警察

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/31 14:04 UTC 版)

爆笑 大日本アカン警察』(ばくしょう だいにっぽんアカンけいさつ、略称:アカン警察)は、フジテレビ系列にて2011年4月24日から2013年9月8日まで毎週日曜日 19:58 - 20:54(JST)に放送されていた日本バラエティ番組モノラル放送(モノステレオ放送)文字多重放送ハイビジョン制作が実施されていた。因みに、左上に表示されていた番組タイトルのテロップは『爆笑!大日本アカン警察』と、“!”マークが付加されていた。




注釈

  1. ^ 地上デジタル放送の場合。『FNSの日』内特番放送時はステレオ放送を実施。
  2. ^ このほか、番組中では『名探偵コナン』『勇者警察ジェイデッカー』『あぶない刑事』等、ほかの警察に関するフィクション作品のサントラも使用されている。
  3. ^ なお『大激闘マッドポリス'80』に出演していた梅宮辰夫が2012年秋の『アカン警察』にゲスト出演している。
  4. ^ 今田自身としてはかつてこの時間帯で放送されていた『爆笑レッドカーペット』以来1年ぶりとなる。
  5. ^ ピーポくん警視庁のマスコットキャラクター)のパロディで、生気のない顔をしている。スタジオ内に設けられた交番のセットの中に着ぐるみがおり、稀に出てくる。他、司会のダウンタウンをはじめとして芸人は番組中、この着ぐるみを着たイラストで描かれることが多い。
  6. ^ 北海道発祥の味噌バターラーメンからの由来と考えられる。
  7. ^ 番組ポスター及び公式サイトには初回放送に出演した大島優子小嶋陽菜篠田麻里子の写真が使われている。
  8. ^ AKB刑事がスケジュールで出演できなくなった際の代理出演。メンバーの菊地亜美は審査員としても不定期で出演している。
  9. ^ AKB刑事が出演しない回(コーナー)のみ。
  10. ^ 審査員としても不定期で出演している。また、芸人、ジャニーズ、AKBに属さない刑事が出演するのは第3回目のスペシャルに出演したJOY刑事以来、レギュラー開始以降では初となる。
  11. ^ タレコミをしてきたのは、森兄弟の母である。
  12. ^ ルールには書かれていないがエリア内にある物も使用可能。
  13. ^ 一部の鍵の保管場所にはおネエが隠れていたり、床が粘着シートになっているなどのトラップも存在。
  14. ^ と、なっていたが実は校庭を脱出しないといけない。
  15. ^ 松本によると、高級ペアパジャマが大量にあり余っているとのこと。
  16. ^ 2013年6月2日は、プロ野球北海道日本ハムファイターズVS横浜DeNAベイスターズ旭川スタルヒン球場)放送のため6月8日の13:58 - 14:55に放送。
  17. ^ 2011年9月までは土曜0:58 - 1:58(金曜深夜)に、2011年10月から2012年3月までは金曜 0:38 - 1:38(木曜深夜)に放送されていたが、2012年4月から現在の日時。
  18. ^ 番組が休止の場合は『ありえへん∞世界』が放送されることもあった。番組表では「木曜ミッドナイト」と表示。
  19. ^ 番組が休止の場合は『駆け込みドクター!運命を変える健康診断』が放送されることもあった。
  20. ^ クレジットでは「棈木陽次」の「棈」が新字体の「」になっている(右側が「青」になっている)。

出典



「爆笑 大日本アカン警察」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「爆笑_大日本アカン警察」の関連用語

爆笑_大日本アカン警察のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



爆笑_大日本アカン警察のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの爆笑 大日本アカン警察 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS