ピカルの定理とは?

ピカルの定理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/29 23:01 UTC 版)

ピカルの定理』(ピカルのていり)は、フジテレビ系列2010年10月20日19日深夜)から2013年9月4日まで放送され、ピースがメイン司会を務めたバラエティ番組。タイトル名は、実在する数学定理ピカールの定理」から取られているが、あえて無関係だと主張している。略称は「ピカル」。番組キャッチフレーズは「ピカリの彼方へ、さあ、行こう(2ndシーズン)」「今こそ、ピカル瞬間(とき)が来た。(3rdシーズン)」「この定理、“進化”で証明してみせる(4thシーズン)」。




  1. ^ 2011年4月まではディレクター。同年5月よりチーフディレクターを担当。
  2. ^ 2011年8月6日から担当。
  3. ^ 以前はプロデューサー、一時離脱→2012年8月29日から再び担当。
  4. ^ フジテレビ4月改編、上地『リアルスコープ』ゴールデン昇格 後枠に『ピカルの定理』 オリコン、2011年3月2日
  5. ^ 「ピカル」水10に殴り込み!綾部「重圧」SANSPO.com 2012年2月10日
  6. ^ 「ピカル」ゴールデン進出!水8枠に殴り込みSANSPO.com 2013年1月23日
  7. ^ フジテレビ『ピカルの定理』打ち切りに見る「ゴールデン昇格→視聴率低迷」の負けパターン
  8. ^ おかもとまりがいない代わりの女性陣補充を兼ねての出演。
  9. ^ 「めちゃイケ新メンバーオーディション」に落選したが、「めちゃイケ」も担当しているカガリP(当時のめちゃイケでは、カガリD)の目に留まり、激励賞としてピカルの定理への出演が決まった。
  10. ^ 1stシーズンで充電となったメンバーのうち大林は、2011年5月28日放送分にてニューヨークロケを成功させたことでプロデューサーより「充電完了」が認められ、番組に復帰。
  11. ^ 役名「岸本」はGANTZで演じた「岸本恵」にちなむ。
  12. ^ 衣裳デザインなどはディズニーのアニメ映画が元になっている。
  13. ^ ただし時刻が通用するのは本放送時の同時ネット局のみ。遅れネットの地域や再放送での対応は不明。
  14. ^ 日本ダービー当日の表彰式プレゼンターが決定! JRA、2013年5月23日
  15. ^ 2012年4月14日(13日深夜)から放送開始(フジテレビ系列で1月14日放送分から)。
  16. ^ 2012年4月14日(13日深夜)から放送開始。
  17. ^ 2012年4月から2013年4月上旬までは木曜 0:53 - 1:50(水曜深夜)に28日遅れでレギュラー放送をしていた。
  18. ^ 本来は『めちゃ×2イケてるッ!』の時間ではあるが、2013年5月以降は同番組の休止時に穴埋めという形で放送。


「ピカルの定理」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ピカルの定理」の関連用語

ピカルの定理のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ピカルの定理のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのピカルの定理 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS