中村俊介とは?

中村 俊介

中村俊介の画像 中村俊介の画像
芸名中村 俊介
芸名フリガナなかむら しゅんすけ
性別男性
生年月日1975/2/16
星座みずがめ座
干支卯年
血液型A
出身地群馬県
URLhttp://rubber-s.com/
デビュー年1995
プロフィール群馬県出身2月16日生まれ俳優としてドラマ中心に活動。主な出演作に、フジテレビ系浅見光彦シリーズ』他多数
代表作品1年2003
代表作品1フジテレビ浅見光彦シリーズ
職種俳優女優タレント

» タレントデータバンクはこちら

中村俊介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/13 01:33 UTC 版)

中村 俊介(なかむら しゅんすけ、1975年2月16日 - )は、日本俳優である。身長185cm。血液型A型。所属事務所はRUBBER SOUL。




  1. ^ 中村俊介プロフィール”. キネマ旬報. 2013年5月22日閲覧。中村俊介プロフィール”. 日本ビクター. 2013年5月22日閲覧。徹子の部屋 中村俊介”. 2002年8月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年5月22日閲覧。
  2. ^ a b 中村俊介、30作目の浅見光彦「見た目変わっていない」と自負”. オリコン (2012年4月4日). 2014年12月7日閲覧。
  3. ^ a b “中村俊介“浅見光彦シリーズ”を卒業へ「長い間ありがとうございました」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年2月22日). https://www.oricon.co.jp/news/2106166/full/ 2018年2月22日閲覧。 
  4. ^ 中村俊介 Profile”. propaganda. 2013年5月22日閲覧。
  5. ^ 中村俊介、トラック運転手時代のドラテクを映画で披露!”. オリコン (2007年8月20日). 2013年5月22日閲覧。中村俊介インタビュー”. UsideWoman. セルステージ. 2013年5月22日閲覧。
  6. ^ Y&Yテレビ インタビュー 中村俊介さん(藤沢周平時代劇 よろずや平四郎活人剣)”. YOMIURI ONLINE (2007年5月11日). 2008年1月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年2月5日閲覧。
  7. ^ 中村俊介さんがエリザベス女王杯の誘導馬に騎乗!”. JRA (2009年11月12日). 2010年8月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年3月7日閲覧。
  8. ^ 2006年12月22日に九州・沖縄地域で、2007年3月31日に全国(宮城県のみ4月7日)で、それぞれ放送。
  9. ^ 内野聖陽のアイデアがきっかけ 構想3年、平成の“トラック野郎”誕生”. ORICON (2015年9月24日). 2015年9月24日閲覧。
  10. ^ 剛力彩芽、4月連ドラで“未婚の母”役「実際のママから盗みたい」医者役にも初挑戦”. ORICON STYLE (2016年2月1日). 2016年2月1日閲覧。
  11. ^ 開局50周年記念ドラマ 「チバケンのマツモトさん。」「ドラッグストア マツモトキヨシ」創業者・松本清の生き様を描く”. チバテレビ. 2021年5月24日閲覧。
  12. ^ “羽田美智子、結木滉星、久間田琳加、やすがドラマ「#コールドゲーム」で偽装家族に”. 株式会社ナターシャ. (2021年4月14日). https://natalie.mu/eiga/news/424328 2021年4月18日閲覧。 


「中村俊介」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「中村俊介」の関連用語

中村俊介のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



中村俊介のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2021 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの中村俊介 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS