高倉健とは?

高倉健

以下の映画高倉健関連しています。
 
 
 
松竹映配
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


高倉健

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/12 16:32 UTC 版)

高倉 健[注釈 1](たかくら けん、1931年昭和6年〉2月16日 - 2014年平成26年〉11月10日)は、日本俳優歌手。愛称、健さん。福岡県中間市出身[1]、身長180cm[2]、体重71kg血液型B型[2]。高倉プロモーション所属。1998年紫綬褒章2006年文化功労者2013年には文化勲章を受章した。




  1. ^ デビューした1950年代にはクレジット表記で「」をあてがう作品もある。
  2. ^ 高倉はこの曲を気持ちよく歌った事が1度も無いという。東映時代、年4回ほどキャバレーでの営業を指示されていた。嫌々ステージに上がると、酔客の歓声や罵声の中、ホステスが感激のあまり失神する騒ぎが起こる…などの経験から、以来、キャバレー営業はできるだけ断っていたという。しかし、映画1本のギャラが80万円のところ、キャバレーの1ステージは500万円と破格で、「お金を残そうと思ったら、キャバレー回りをしてたでしょうね。それで今頃は映画を作ってたかも知れませんね。」と語っている。また、映画『あ・うん』の時には撮影中、母親が死去し、周囲には一切伝えずに撮影に参加し続けたが、ある日の事、滞在先の旅館の大型モニターを使って「特報」や「予告編」のスタッフ試写が行われ、その後はスタッフのカラオケ大会となったが、高倉はとても加わる気になどなれなかった。しかし仲居が要らぬ気を利かせ、この曲を予約。「入ってますから」と声をかけられ、この上なく切ない気持で嫌々歌ったのも印象深いと語っている[26][出典無効]
  3. ^ 任侠映画の役作りについて「想像を一生懸命かきたててね。僕の(生まれ育った)町は『川筋』って(呼ばれるような)炭鉱町で乱暴な町だったのね。毎年、お盆の盆踊りのあった後って、必ず殺人があってね。朝、学校行く時、必ずそういう…ムシロがかけてあったりね。そういうのいっぱい見ましたよ、うん。だから僕は品のいい京都とかで生まれて育ってたら、とてもヤクザものはできてないでしょうね。」出身地の土地柄、気風、身近だった光景など、少なからず影響している事を語っている。『川筋』という俗称は北九州地区でかつての炭鉱労働者やその運搬に関わる港湾労働者、そうした人々の住んでいた地域などをさす言葉。川筋者とは俗に「頑固な荒くれ者、そうした気質」を言う。
  4. ^ 詳細は『ゴルゴ13 (1973年の映画)』の項を参照。
  5. ^ スポーツニッポンの取材では、世話をしていた知人が映画会社2社のトップにだけ病状を伝えていた[52]。2人が見舞った際には既に意識がなく、臨終にも病院スタッフだけが立ち会った[52]北九州市で暮らす縁戚も詳しい病状は伏せられていたので、その悲報に身内も驚いていた[52]
  6. ^ 中国では、大物俳優は現場でも威張り散らしているのがほとんどであるという。
  7. ^ 1983年の映画『南極物語』の極地ロケに際しては、撮影中の無事を祈願して大好きなコーヒーをクランクアップまで絶っている。
  8. ^ イタリア在住の作家、塩野七生が現地の雑誌に掲載されていた写真を紹介したもの。1人の少年(?)がうつむいて口を一文字に結び、歩いている。本人の物とは思えない、袖丈が余るフライトジャケット風のジャンパーにピンクの長靴姿。給水所から戻った様子で、両手には1本ずつ水が満杯に入った焼酎の大型ペットボトル……というもの。高倉は台本に貼りつけやすいようにB5判サイズしたものを持ち歩いていた。
  9. ^ 1982年グラフ社刊。ISBN 4-7662-0025-X
  10. ^ 『南極物語』撮影前より黒澤サイドからのアプローチがあったという。学生時代からの憧れだった黒澤からの打診に気持ちが動き、何度か顔合わせをしていたが、極地ロケを終え帰国してみると、既に『居酒屋兆治』のプロジェクトが始動。函館での実景撮影が進行しており、諦めざるを得ない状況となっていた。この事について「黒澤監督には本当にご迷惑をおかけしました」と振り返っている。そんな経緯もあり『居酒屋兆治』は当初、「全く乗らない撮影だった」と語っており「現場では怒鳴りまくってましたからね……」と述懐している。しかし、仕上がった映画は「しみじみと味わい深い作品」となり「これも運でしょうね」と、今はこの時の決断に満足している旨を語っている。 - 2012年8月26日『日曜邦画劇場』(日本映画専門チャンネル)、「高倉健ロングインタビュー」での高倉の証言。[出典無効]
  11. ^ 離婚に至った原因は不仲によるものではなく、江利の異父姉が芸能人である江利を妬み、妹を貶めるため意図的に仕組んだ事が原因とされている。江利の異父姉が 家政婦・江利の付き人として小田家に入り込み、江利からの信用を得て実印を預かるなど、家族同然の立場になると、やがてふたりへ双方に、でっちあげの誹謗中傷を吹聴、相互不信となった夫妻を別居に追い込み、その後の離婚の足掛かりとした。また、夫妻の財産横領を行うようになり、発覚後も容疑を否定、週刊誌で反論や夫婦の私生活についてリークや誹謗中傷を展開するなど悪質・執拗なもので、挙句に失踪・自殺未遂騒動を起こしている。結局「これ以上(高倉健に)迷惑をかけられない」と江利側から離婚を申し出た。この異父姉はその後、江利自身により刑事告訴され、実刑判決を受けている。[要出典]。また1970年1月21日には当時世田谷区瀬田(旧・玉川瀬田町)にあった邸宅を火災で焼失した。
  12. ^ 『〈映画秘宝〉激動の20年史』にインタビューを再録[121]。「チョウ・ユンファを一目見たときに、アラン・ドロンやスティーブ・マックイーン、高倉健、クリント・イーストウッドといった憧れの映画スターを思い出した」と発言。
  13. ^ 30年来の親交がある永谷園取締役相談役・永谷明から和紙にしたためた出演依頼の手紙を送られ、そこに記されていた永谷の兄で創業者・永谷嘉男への思いに感動し、CM出演を決意した。- 2012年8月26日『日曜邦画劇場』(日本映画専門チャンネル)、「高倉健ロングインタビュー」での高倉の証言。
  14. ^ 「不器用でも信頼のおける会社でありたい」という企業理念と企画趣旨に共感し、文化勲章受章後初のCM出演が決まった。またCMソングには高倉と同郷の井上陽水の「少年時代」が採用され、移動の車中でもよく井上の曲を聴いていた高倉は「いつか彼の曲をBGMに演技がしたいと思っていました」と話した。なお、所属事務所の意向もあり、哀悼の意を込めて没後も放映が続けられている。
  1. ^ “高倉健 〜タレント名鑑〜”. スポニチ Sponichi Annex 芸能 (スポーツニッポン新聞社). オリジナルの2014年11月23日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141123064432/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/meikan/ta/takakuraken.html 2014年11月9日閲覧。 
  2. ^ a b 高倉 健 - プロフィール”. YAHOO! JAPAN 人物名鑑. YAHOO! JAPAN. 2012年7月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年8月23日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n JJサニー千葉『千葉流 サムライへの道』ぶんか社、2010年9月、154 - 171頁。ISBN 978-4-8211-4269-9
  4. ^ 「マキノ雅裕の映画界内緒ばなし(9)」『週刊文春』1981年3月4日号、文藝春秋、 78頁。
  5. ^ a b “「人生を愛する心、養い続けたい」文化勲章の高倉健さん”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2013年10月25日). オリジナルの2013年10月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131026012652/http://www.asahi.com/articles/TKY201310250062.html 2014年1月19日閲覧。 
  6. ^ a b c d 『高倉健 Ken Takakura 1956-2014』文藝春秋〈文春ムック〉、2015年2月9日、168-169頁。ISBN 978-4-16-008621-0
  7. ^ a b c d 岡田茂『波瀾万丈の映画人生:岡田茂自伝』角川書店、2004年6月、150-152、180頁。ISBN 4-04-883871-7
  8. ^ #健さんを探して、85-86、173頁。
  9. ^ a b #健さんを探して、49-54、84、109-111、176頁。
  10. ^ a b c d 歴史(任侠・実録)”. 東映株式会社. 2013年4月24日閲覧。[リンク切れ]
  11. ^ a b c d e f “高倉健「歌」と「旅」:言葉の本質を伝える低音の響き 「健さん」らしい、哀惜の情”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2014年12月24日). オリジナルの2015年8月18日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2015-0818-1314-02/mainichi.jp/shimen/news/m20141224ddm010200038000c.html 2015年8月18日閲覧。 
  12. ^ #健さんを探して、69-72頁。
  13. ^ 東映キネマ旬報 2011年夏号 Vol.17”. 電子ブックポータルサイト. スターティアラボ. pp. 4-7. 2014年10月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月8日閲覧。[リンク切れ]
  14. ^ #岡田茂自伝、153-154頁
    #任侠映画伝、66-67頁。
  15. ^ #風雲映画城下、106頁。
  16. ^ a b c 元最高幹部が明かす 「高倉健」と「山口組」の知られざる交流 | デイリー新潮
  17. ^ a b #任侠映画伝、116-120頁。
  18. ^ 春日太一『あかんやつら 東映京都撮影所血風録』文藝春秋、2013年11月14日、223-229頁。ISBN 4-1637-68-10-6
  19. ^ 東映キネマ旬報 2010年夏号 Vol.15”. 電子ブックポータルサイト. スターティアラボ. pp. 2-5. 2016年10月8日閲覧。[リンク切れ]
  20. ^ “鶴田浩二、健さん、文太育てた岡田茂さん”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2011年5月10日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20110510-773480.html 2016年10月8日閲覧。 
  21. ^ “″日本映画界最後の大スター″高倉健 相次ぐ知人の訃報で引きこもりに?”. livedoor NEWS. 日刊サイゾー (LINE). (2011年6月2日). http://news.livedoor.com/article/detail/5603687/ 2016年10月8日閲覧。 
  22. ^ a b “俳優の高倉健さんが死去 83歳 悪性リンパ腫”. 産経ニュース (産経デジタル). (2014年11月18日). http://www.sankei.com/entertainments/news/141118/ent1411180005-n1.html 2016年10月8日閲覧。 
    “健さん人気を不動にした任侠映画 ファン熱狂「死んでもらいます」”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2014年11月19日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/11/19/kiji/K20141119009310990.html 2016年10月8日閲覧。 
    “高倉健さん死去 孤高、不器用男の美学”. 東京新聞 TOKYO Web (中日新聞社). (2014年11月18日). オリジナルの2014年11月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141120213122/http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014111802000252.html 
  23. ^ “【戸津井康之のメディア今昔(2)】日本映画を救った「仁義なき戦い」…“起死回生”の陰に「映画づくりの情熱」p1”. MSN産経west (産経デジタル). (2013年8月23日). http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/130823/wlf13082307010001-n1.htm 2016年10月8日閲覧。 
  24. ^ “東映・岡田茂名誉会長しめやかに通夜 健さんは弔電”. ZAKZAK (産経デジタル). (2011年5月11日). http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20110511/enn1105111250012-n1.htm 2016年10月8日閲覧。 
  25. ^ 長田暁二 『歌謡曲おもしろこぼれ話』 社会思想社2002年、204頁、ISBN 4-390-11649-5
  26. ^ 2012年8月26日『日曜邦画劇場』(日本映画専門チャンネル)、「高倉健ロングインタビュー」での高倉の証言[出典無効]
  27. ^ a b #健さんを探して、112-115頁。
  28. ^ a b c d e 「悪化する高倉健と東映のいがみ合い」『サンデー毎日』1972年11月12日号、毎日新聞社、 50頁。
    『サンデー毎日』1972年12月10日号、毎日新聞社、 26-29頁。
    「高倉健 特別手記『男の人生を語らせてもらいます』」『サンデー毎日が伝えた一億人の戦後70年』2015年7月23日号、毎日新聞社、 104-106頁。
  29. ^ 嶋崎信房『小説 高倉健 孤高の生涯』下(流離編)、音羽出版、2015年1月10日、125-131頁。ISBN 978-4-901007-61-0
  30. ^ #孤高の生涯下、140-144、150、179頁。
  31. ^ a b c #健さんを探して、171-176頁。
  32. ^ “【戸津井康之のメディア今昔(2)】日本映画を救った「仁義なき戦い」…“起死回生”の陰に「映画づくりの情熱」p3”. 産経WEST (産経デジタル). (2013年8月23日). オリジナルの2013年8月23日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130826032759/http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/130823/wlf13082307010001-n3.htm 2016年10月8日閲覧。 
    終戦直後の広島県を舞台にした『仁義なき戦い』 - ことばアップデート”. NIKKEI STYLE 日経Bizアカデミー. 日本経済新聞社、日経BP社 (2014年9月2日). 2014年11月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年10月8日閲覧。
  33. ^ 追悼・高倉健 銀幕を共にした盟友が語る「高倉健」という人物(3)石倉三郎は役者としての気概を教えられた”. アサ芸プラス. 徳間書店 (2014年12月4日). 2016年10月8日閲覧。
    俊藤浩滋山根貞男『任侠映画伝』講談社、1999年2月、228頁。ISBN 4-06-209594-7
  34. ^ “実録と虚構、対照的ヤクザ像 菅原文太さんと高倉健さん”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2014年12月1日). オリジナルの2014年12月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141201163150/http://www.asahi.com/articles/ASGD1560BGD1ULZU006.html 
    “菅原文太さん死去 昭和の名優がまた…”. iza (産経デジタル). (2014年12月1日). オリジナルの2014年12月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141203150212/http://www.iza.ne.jp/topics/entertainments/entertainments-5585-m.html 
    “健さん、文太さん 任侠映画2巨頭 別々の道を歩んでともに逝く”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2014年12月1日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/12/01/kiji/K20141201009383470.html 2016年10月8日閲覧。 
    「マキノ雅裕の映画界内緒ばなし(1)」『週刊文春』1981年9月3日号、文藝春秋、 139-142頁。
    日下部五朗『シネマの極道 映画プロデューサー一代』新潮社、2012年12月、94-95頁。ISBN 978-4-10-333231-2
    #孤高の生涯下、164-170頁。
  35. ^ a b #任侠映画伝、224-232頁。
  36. ^ a b 岡田茂「鶴田浩二と高倉健」『波瀾万丈の映画人生:岡田茂自伝』角川書店、2004年6月。ISBN 4-04-883871-7
  37. ^ 岡田茂元東映会長の葬儀を欠席した健さん流“弔い方”」『週刊文春』2011年5月26日号、文藝春秋、2011年5月19日、 53頁、2013年8月6日閲覧。
  38. ^ #孤高の生涯下、192-198頁。
  39. ^ “【ざっくばらん対談】ー異色経済人登場 映画界のあばれん坊 岡田茂(東映社長) ホスト勝田健”, 月刊創 (創出版) (1977年5月号): 198頁 
  40. ^ 白井佳夫「対談 高倉健」『対談集 銀幕の大スタアたちの微笑』日之出出版(原著2010年5月21日)、第1刷、226-227頁。ISBN 978-4-89198-133-4
  41. ^ 高倉 健 - テレビドラマ人名録 -”. テレビドラマデータベース. 2014年1月29日閲覧。 ※ただし表記8件中、1件はバラエティ番組。2件は「俳優・高倉健志」の出演作。
  42. ^ a b “健さんがお忍びで大原麗子さんの墓掃除”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2010年8月4日). オリジナルの2013年6月30日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/lYyYI 2014年1月19日閲覧。 
  43. ^ “健さん「感無量です」35年ぶり主演賞…第37回報知映画賞・主演男優賞”. シネマ報知 (報知新聞社). (2012年11月27日). オリジナルの2013年5月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130508220849/http://cinemahochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20121127-OHT1T00088.htm 2014年1月19日閲覧。 
  44. ^ 菊池賞受賞者一覧 - 第60回(2012)”. 文芸春秋 (2012年10月10日). 2013年12月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月4日閲覧。
    “「第60回菊池寛賞」授賞式に伊調馨ら出席 高倉健、式欠席も喜びのコメント”. ORICON STYLE (オリコン). (2012年12月7日). オリジナルの2014年1月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140119013336/http://www.oricon.co.jp/news/2019449/full/ 2014年1月19日閲覧。 
  45. ^ “高倉健氏ら5人に文化勲章 文化功労者に15人”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2013年10月25日). オリジナルの2013年10月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131026123456/http://www.asahi.com/articles/TKY201310250020.html?ref=reca 2014年1月19日閲覧。 
  46. ^ “皇居で文化勲章親授式 天皇陛下、高倉健さんらに勲章”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2013年11月3日). オリジナルの2014年1月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140107175606/http://www.asahi.com/articles/TKY201311030051.html 2014年1月19日閲覧。 
  47. ^ “高倉健さんらに文化勲章 皇居・宮殿で親授式”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2013年11月3日). オリジナルの2013年11月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131106093743/http://sankei.jp.msn.com/life/news/131103/trd13110312010014-n1.htm 2014年11月18日閲覧。 
  48. ^ “名優・高倉健さん死去 83歳”. 日テレNEWS24 (日本テレビ). (2014年11月18日). http://www.news24.jp/articles/2014/11/18/07263590.html 2014年11月18日閲覧。 
  49. ^ a b c d “高倉健さん旅立つ 「鉄道員」のように…本人意向で密葬後に発表”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2014年11月18日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/11/19/kiji/K20141119009308110.html 2014年11月22日閲覧。 
  50. ^ a b “高倉健さん死去 : 所属事務所のファクス全文”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2014年11月18日). オリジナルの2014年11月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141122135742/http://mainichi.jp/select/news/20141118k0000e040242000c.html 2014年11月22日閲覧。 
  51. ^ “訃報 : 高倉健さん83歳 = 俳優「網走番外地」「鉄道員」”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2014年11月18日). オリジナルの2014年11月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141122140359/http://mainichi.jp/select/news/20141118k0000e040216000c.html 2014年11月18日閲覧。 
  52. ^ a b c “健さん貫いた美学 病床の姿見せたくない…見舞い許したのは2人だけ”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2014年11月21日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/11/21/kiji/K20141121009321680.html 2014年11月23日閲覧。 
  53. ^ a b “高倉健さん 最期は安らかな笑顔、次回作を準備中に体調を崩す”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2014年11月18日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/11/18/kiji/K20141118009306270.html 2014年11月22日閲覧。 
  54. ^ a b “俳優・千葉真一が語る「あの時、健さんがいなかったら私は」”. 産経WEST (産経デジタル): p. 2. (2014年11月18日). http://www.sankei.com/west/news/141118/wst1411180045-n2.html 2014年11月20日閲覧。 
  55. ^ a b c “映画出演205本、生き様貫く…高倉健さん死去”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2014年11月18日). オリジナルの2014年11月20日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/N2bu0 2014年11月20日閲覧。 
  56. ^ a b c d “渡瀬恒彦、浅野忠信…共演者や監督が健さんを追悼”. ORICON STYLE (オリコン). (2014年11月18日). http://www.oricon.co.jp/news/2044712/full/ 2014年11月20日閲覧。 
  57. ^ “健さん遺作の降旗監督、万感の「残念」”. デイリースポーツ online (デイリースポーツ). (2014年11月18日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2014/11/18/0007513242.shtml 2014年11月23日閲覧。 
  58. ^ “長嶋さん 高倉健さん悼む「男としてのあるべき姿を学んだ」”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2014年11月18日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/11/18/kiji/K20141118009306981.html 2014年11月18日閲覧。 
  59. ^ 「俺もそろそろ死ぬのかな…」 同世代の石原慎太郎氏が悼む”. 産経デジタル (2014年11月18日). 2014年11月20日閲覧。
  60. ^ Ken Takakura, Japanese star and Black Rain actor, dead at 83” (英語). CBC.ca (2014年11月18日). 2014年11月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年11月20日閲覧。
  61. ^ “中国国営テレビが高倉さんの追悼特集”. NHK NEWS WEB (日本放送協会). (2014年11月19日). オリジナルの2014年11月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141119035638/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141119/k10013310981000.html 
  62. ^ “中国外務省も哀悼「両国の文化交流に貢献」”. NHK NEWS WEB (日本放送協会). (2014年11月18日). オリジナルの2014年11月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141121111419/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141118/k10013298151000.html 
  63. ^ “特別栄誉賞に高倉健さん 日本レコード大賞”. 産経ニュース (産経新聞社). (2014年11月20日). オリジナルの2014年12月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141206002821/http://www.sankei.com/entertainments/news/141120/ent1411200002-n1.html 2014年11月20日閲覧。 
  64. ^ “高倉健さんに「レコード大賞」特別栄誉賞贈賞”. ORICON STYLE (オリコン). (2014年11月20日). http://www.oricon.co.jp/news/2044797/full/ 2014年11月22日閲覧。 
  65. ^ オールタイム・ベスト10 日本映画男優・女優”. KINENOTE. キネマ旬報社 (2014年12月). 2016年9月23日閲覧。
  66. ^ “「健さん」モントリオール映画祭ドキュメンタリー部門で最優秀作品賞に輝く”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2016年9月6日). http://natalie.mu/eiga/news/200875 2016年9月7日閲覧。 
  67. ^ a b c d e 千葉真一『千葉真一 改め 和千永倫道』山と渓谷社、2008年4月21日、82-85頁。ISBN 978-4-635-34022-9
  68. ^ 春日太一『役者は一日にしてならず』小学館、2015年、31-51頁。ISBN 978-4-09-379869-3
  69. ^ a b c d e f 共演者たちが一瞬で惚れる高倉健「ホンモノ男力」エピソード集 vol.1”. 日刊大衆. 双葉社 (2012年9月5日). 2014年11月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年11月28日閲覧。
  70. ^ 「プロダクション・ノート」『ブラック・レイン』(VHS) より。
  71. ^ 映画パンフレット 『単騎、千里を走る。』 より。
  72. ^ “たけしの作り話、迷惑! 高倉健の“抗議”に場内爆笑”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2012年8月22日). オリジナルの2013年7月3日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/gkj8p 
  73. ^ 『ビートたけしの幸か不幸か』(1986年)及び、『ビートたけしの幸せ丸十年』オールナイトニッポン&高田文夫 編、ニッポン放送出版、1990年、184頁。ISBN 4-594-00670-1
  74. ^ 第8回 僕にとっては神様みたいな人。命の恩人です。”. ナインティナイン 岡村隆史のオールナイトニッポンwebサイト(ニッポン放送). 2014年11月24日閲覧。
  75. ^ a b c d e 第161回 高倉健(2012年9月8日放送)|これまでの放送|NHK プロフェッショナル 仕事の流儀”. 日本放送協会 (2012年9月8日). 2012年4月21日閲覧。
  76. ^ 野地秩嘉『高倉健インタヴューズ』プレジデント社、2012年、[要ページ番号]ISBN 978-4-8334-2017-4
  77. ^ 北大路欣也「父の眼力」”. 木村政雄編集長 Special Interview. ファイブエル (2007年). 2008年10月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月22日閲覧。
  78. ^ コラム「高倉健のダイレクトメッセージ『1枚の写真』2/3ページ”. NIKKEI STYLE. 日本経済新聞社、日経BP社 (2012年3月16日). 2016年10月8日閲覧。
    「1枚の写真」 高倉健:「戦後の日本が蓄積してきた経済や社会のシステムがパンクした瞬間でした。」”. 井口和基 公式ブログ (2012年3月16日). 2013年5月22日閲覧。
  79. ^ “すべては、出逢いから 俳優 高倉健|アート&レビュー”. NIKKEI STYLE (日本経済新聞社、日経BP社). (2012年7月20日). http://style.nikkei.com/article/DGXZZO43816700X10C12A7000000 2012年10月6日閲覧。 
  80. ^ “「高倉健さんインタビュー」5/7ページ”. 時事ドットコム (時事通信社). (2012年). http://www.jiji.com/jc/v4?id=2012takakura-ken_int0005 2013年8月5日閲覧。 
  81. ^ "高倉健インタビュースペシャル". プロフェッショナル 仕事の流儀スペシャル. NHK総合. 2012年9月10日放送.
  82. ^ 潮健児『星を喰った男』バンダイ、1993年、[要ページ番号]ISBN 4-89189-518-7
  83. ^ 王と長嶋〜プロ野球を国民スポーツにした2人の功労者〜(20) 背番号「89」に込められた二つの意味”. リアルライブ. フェイツ (2009年4月17日). 2016年10月8日閲覧。
  84. ^ 高倉健「兆治さんへの花」『あなたに褒められたくて』林泉舎、1991年、174頁。ISBN 4-08-775148-1
  85. ^ 山平重樹「第五章 落日の「栄光」」『実録 神戸芸能社 山口組・田岡一雄三代目と戦後芸能界』取材・写真協力 田岡満双葉社(原著2009年11月22日)、第1刷、259-325頁。ISBN 978-4-575-30172-4
  86. ^ 「東映ヤクザ映画」は日本の遺産である!<特別対談・杉作J太郎×坪内祐三>
  87. ^ a b 実録 神戸芸能社 山口組・田岡一雄三代目と戦後芸能界、第五章 落日の「栄光」、262-263ページ。
  88. ^ 実録 神戸芸能社 山口組・田岡一雄三代目と戦後芸能界、第五章 落日の「栄光」、298ページ。
  89. ^ 実録 神戸芸能社 山口組・田岡一雄三代目と戦後芸能界、第五章 落日の「栄光」、323ページ。
  90. ^ 監獄秘話「番外地の生みの親、網走に眠る……」”. 博物館 網走監獄. 2013年3月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月16日閲覧。
  91. ^ a b 『SmaTIMES』(フリーペーパー)#470、2012年8月。
  92. ^ 草なぎ剛 高倉健の“代理出席””. デイリースポーツ (2012年12月29日). 2015年3月30日閲覧。
  93. ^ “大滝秀治の訃報に高倉健が追悼コメント「静かなお別れができました」”. cinemacafe.net (イード). (2012年10月5日). オリジナルの2013年1月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130127034535/http://www.cinemacafe.net/article/2012/10/05/14017.html 2014年5月19日閲覧。 
  94. ^ “勝新太郎さん『17回忌』 渡哲也、高倉健ら約350人が参列”. ORICON STYLE (オリコン). (2013年6月5日). オリジナルの2013年11月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131108062822/http://www.oricon.co.jp/news/video/2025269/full/ 2014年1月19日閲覧。 
  95. ^ “米倉斉加年さんのお別れの会 500人が参列、故人しのぶ”. 終活WEB ソナエ (産経デジタル). (2014年10月13日). オリジナルの2014年11月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141109031000/http://sonae.sankei.co.jp/ending/article/141013/e_sogi0001-n1.html 2014年10月13日閲覧。 
  96. ^ 「HUMAN・インタビュー / 高倉健」『週刊明星』第26号、集英社、1983年6月23日。
  97. ^ 沢木耕太郎『深夜特急』2 (マレー半島・シンガポール)、新潮社〈新潮文庫〉、1994年、193 - 194頁。ISBN 978-4-10-123506-6
  98. ^ 1937年1月11日「江利チエミさんが生まれた日」”. DON!. 日本テレビ (2011年1月11日). 2014年1月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月19日閲覧。
  99. ^ 高倉健が椅子に座らなかった理由が明らかに? 吉田豪が芸能スキャンダルのディティールを読み解く
  100. ^ “高倉健さん 再婚せず 元妻江利チエミさんの墓参りは欠かさず”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2014年11月18日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/11/18/kiji/K20141118009306820.html 2016年10月8日閲覧。 
  101. ^ 「10時のちょっといい話」『9時のサプライズ』”. うえやなぎまさひこのサプライズ!. ニッポン放送. 2014年1月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月19日閲覧。
  102. ^ a b c 松島利行『風雲映画城』下、講談社、1992年12月、72-73頁。ISBN 4-06-206226-7
  103. ^ 野地秩嘉 (2014年12月30日). “なぜ高倉健の食事シーンはリアリティがあるのか”. PRESIDENT Online. プレジデント社. 2018年8月1日閲覧。
  104. ^ 野地秩嘉 (2014年12月31日). “高倉健が衝撃を受けた2つの映画作品”. PRESIDENT Online. プレジデント社. 2018年8月1日閲覧。
  105. ^ 『第二回 新・午前十時の映画祭 デジタルで甦る永遠の名作』キネマ旬報社 編、キネマ旬報社、2014年4月、[要ページ番号]ISBN 978-4-87376-793-2
  106. ^ “いつもの席で寡黙な健さん「映画のイメージ通りの紳士」常連だった京都・喫茶店オーナー思い出語る”. 産経WEST. (2004年11月19日). http://www.sankei.com/west/news/141119/wst1411190026-n1.html 2018年8月1日閲覧。 
  107. ^ 高倉健『旅の途中で』新潮社、2003年、30-32、99-101、174-180頁。ISBN 4-10-460401-1
  108. ^ 小菅昭彦. “高倉健さんインタビュー「映画は残る!」”. 時事ドットコムニュース. 時事通信社. 2018年8月1日閲覧。
  109. ^ 谷充代『「高倉健」という生き方』新潮社〈新潮新書〉、2015年2月、16、32、153頁。ISBN 978-4-10-610606-4
  110. ^ キネマ旬報2015年1月下旬号。B5。20723-01。24p-99pの「高倉健」追悼特集の「第三章 「日本」映画のスタアへ」76p-81pの1977年『ムービー・マガジン』12号のインタビュー再録より
  111. ^ キネマ旬報2015年1月下旬号。B5。20723-01。24p-99pの「高倉健」追悼特集の「第三章 「日本」映画のスタアへ」72p-75pのキネ旬1975年5月下旬号インタビュー再録より
  112. ^ 山田宏一「高倉健讃」『キネマ旬報』2015年1月下旬号、キネマ旬報社、 28-31頁。
  113. ^ #キネ旬追悼特集、24-99頁。
  114. ^ 『高倉健 = Ken Takakura 1956-2014』文藝春秋〈文春ムック〉、2015年、133-135頁。ISBN 978-4-16-008621-0
  115. ^ #文春ムック、64-83頁。
  116. ^ #文春ムック、84-101頁。
  117. ^ 『増補新版 黒澤明』河出書房新社〈KAWADE夢ムック〉、2010年、276、280頁。ISBN 978-4-309-97730-0河出書房新社このベスト100の初出は『文藝春秋』1999年4月号。その他に日本版『PLAYBOY』2008年3月号にも再録され、2014年4月には文藝春秋より黒澤和子の解説つきで『黒澤明が選んだ100本の映画』ISBN 978-4-16-660967-3 として出ている。
  118. ^ 三島由紀夫石堂淑朗との対談。司会・小川徹[要曖昧さ回避])「戦争映画とやくざ映画」(映画芸術 1971年2月号に掲載。対談実施日1970年10月21日)
  119. ^ 美輪明宏『明るい明日を』パルコ出版、2012年、[要ページ番号]ISBN 978-4-89194-944-0
  120. ^ 鈴木敏夫『映画道楽』ぴあ、2005年、11-13、47-49頁。ISBN 4-8356-1540-9
  121. ^ 『〈映画秘宝〉激動の20年史』洋泉社、2015年、158-167頁。ISBN 978-4-8003-0669-2
  122. ^ 「映画秘宝」2018年3月号のジョン・ウーのインタビュー
  123. ^ #文春ムック、162-164頁。
  124. ^ #文春ムック、159-162頁。
  125. ^ 上原昌弘. “[書評]『高倉健 1956〜2014』”. WEBRONZA. 朝日新聞社. 2018年8月1日閲覧。
  126. ^ 『キネマ旬報 1999年10月上旬特別号 NO.1293映画人が選ぶオールタイムベスト100(外国映画篇)』『キネマ旬報1999年10月下旬号NO.1294映画人が選んだオールタイムベスト100(日本映画篇)』の野沢のアンケートより。
  127. ^ 1999年キネマ旬報の特別企画「特別企画・映画人が選んだオールタイム」の日本映画ベスト100」「外国映画ベスト100」
  128. ^ 春日太一、仲代達矢(述)『仲代達矢が語る 日本映画黄金時代』文藝春秋〈文春文庫〉、2017年、完全版、208頁。ISBN 978-4-16-790932-1
  129. ^ 前田敦子の映画手帖(2015年4月20日、朝日新聞出版)ISBN 9784023314061 - AERA連載の「前田敦子@試写室」に新規原稿を加えて書籍化
  130. ^ 森功『高倉健 七つの顔を隠し続けた男』講談社、2017年、226-228頁。ISBN 978-4-06-220551-1
  131. ^ “【産経抄】あなたに褒められたくて”. 産経ニュース (産経デジタル). (2014年11月19日). http://www.sankei.com/column/news/141119/clm1411190003-n1.html 2014年11月26日閲覧。 
  132. ^ #幸せ丸十年、186頁。
  133. ^ 高倉健 あなたへ…30年間続けいていた「亡き妻への極秘墓参り」”. 女性自身. 光文社 (2012年8月30日). 2013年8月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月19日閲覧。
  134. ^ a b c 横尾忠則「追悼・高倉健 幻となった三島由紀夫映画」(中央公論 2015年正月号に掲載)
  135. ^ 『裁判記録 「三島由紀夫事件」』伊達宗克 編、講談社、1972年、[要ページ番号]
  136. ^ 「天晴れ! 時代劇」『キネマ旬報』臨時増刊1997年12月16日号(通巻第1243号)、 53-54頁。
  137. ^ 田崎健太『偶然完全 勝新太郎伝』講談社、2011年、293-296頁。ISBN 978-4-06-217474-9
  138. ^ “「高倉健」を“シカト”した「ジャイアント馬場」の素顔とは”. IZA!. (2014年12月13日). http://www.iza.ne.jp/kiji/sports/news/141213/spo14121312090026-n3.html 2018年8月1日閲覧。 
  139. ^ 第1回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞”. 日本アカデミー協会. 2014年1月19日閲覧。
  140. ^ 第4回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞”. 日本アカデミー協会. 2014年1月19日閲覧。
  141. ^ 第5回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞”. 日本アカデミー協会. 2014年1月19日閲覧。
  142. ^ 第23回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞”. 日本アカデミー協会. 2014年1月19日閲覧。
  143. ^ 第37回日本アカデミー賞協会栄誉賞”. 日本アカデミー協会. 2014年1月19日閲覧。
  144. ^ “【報知映画賞】健さん、選考会1時間前に突然の悲報 次世代が功績受け継ぐ”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2014年11月28日). オリジナルの2014年12月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141205234846/http://www.hochi.co.jp/entertainment/feature/hochi_eigashou/20141127-OHT1T50279.html 2014年12月1日閲覧。 
  145. ^ “健さんに満場一致の特別賞/映画大賞”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2014年12月4日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp1-20141204-1404422.html 2014年12月5日閲覧。 
  146. ^ 映画1965興行成績”. RetroFun. 2016年10月8日閲覧。[信頼性要検証]
  147. ^ 高倉健さん出演「お茶づけ海苔60周年記念CM」放映のご案内 (PDF)”. 永谷園 (2012年6月29日). 2013年4月20日閲覧。出演者 高倉健”. テレビCM紹介. 永谷園. 2012年9月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月20日閲覧。
  148. ^ 健康家族 にんにく物語 / CM情報”. 株式会社 健康家族 (2014年3月27日). 2014年3月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月28日閲覧。
  149. ^ “高倉健 夢かなえる土との出会い…新CMで陽水と念願“コラボ””. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2014年3月27日). オリジナルの2014年5月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140528053917/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/03/27/kiji/K20140327007854250.html 2014年5月28日閲覧。 
  150. ^ 文学賞|日本文芸大賞”. 全国書店ネットワーク e-hon. 2013年5月22日閲覧。
  151. ^ 『南極のペンギン』”. 集英社. 2013年5月22日閲覧。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「高倉健」の関連用語

高倉健のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



高倉健のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの高倉健 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS