交流とは? わかりやすく解説

こう‐りゅう〔カウリウ〕【交流】

読み方:こうりゅう

[名](スル)

互いに行き来すること。特に、異な地域・組織系統人々が行来すること。また、その間さまざまな物事やりとりが行われること。「東西文化が—する」「経済—」

交流電流」の略。⇔直流


こうりゅう 交流 alternating current AC


交流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/05 06:12 UTC 版)

電気工学において、交流(こうりゅう、: alternating current: AC)とは、時間の経過とともに周期的に大きさや向きが変化する電流や電圧である[1]。もともとは「交番電流」の略であったが、電流・電圧の区別をせずに交流と呼ばれる[1]


  1. ^ a b 日本国語大辞典,世界大百科事典内言及, ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典,デジタル大辞泉,百科事典マイペディア,世界大百科事典 第2版,日本大百科全書(ニッポニカ),精選版. “交流とは” (日本語). コトバンク. 2021年3月16日閲覧。
  2. ^ ボルトアンペアをかけたもので、ワットに等しいが、皮相電力を表すことを示すために区別して用いられる。
  3. ^ 発電ではないが、無停電電源装置には停電時に矩形波を発生させるものもある。
  4. ^ レシプロ機などの小型機は今も直流発電機ダイナモ)を使用する。また昭和初期までの古い船舶、1960年代までの自動車も直流発電機であった。なお、一定の周波数で発電することが非常に重要な航空機などは、発電用エンジンの回転数変化の影響をなくすために定速駆動制御装置 (CSD : constant speed-drive unit) などによって規定の周波数を維持しなければならない。
  5. ^ 定速駆動制御装置 - 日本航空・航空実用辞典 > 電気系統(更新日不明/2017年3月8日閲覧)


「交流」の続きの解説一覧

交流 (新劇場版)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 03:09 UTC 版)

惣流・アスカ・ラングレー」の記事における「交流 (新劇場版)」の解説

碇シンジ 旧世紀版同様、ミサト家で同居する当初はナナヒカリ七光り)」と呼んでいたが第8使徒戦後は「バカシンジ」と呼ぶシンジレイ仲良くしているのを見て焼きもち焼いたりシンジ好み料理を作ろうとするなど、シンジに対する好意わかりやすい形で表現されている。『Q』以降では直接的には突き放した態度をとりつつも心中では常に気にかけており、NERVとの決戦直前には自身の想い伝えた綾波レイ クラスメイトで同じEVAパイロット旧世紀版では関係の悪さ象徴するレイへの呼び方として「あの(この)女」などが使われていたが、新劇場版ではそれらは使われ代わりにエコヒイキと呼ぶ旧世紀版と比べて関係は比較良好で旧世紀版のようにあからさまな敵意示してはいない。 葛城ミサト 第7の使徒戦後2号機搬入際にミサトらと対面するが、その際ミサトに対し久しぶり」と挨拶している。ネルフ移籍後ミサトの家に同居する旧世紀版後半)違い関係は良好洞木ヒカリ 友達クラスメイト学級委員長昼休み一緒に弁当食べようアスカを誘う。 『シン・エヴァ』での交流は、劇中では全く描かれていない鈴原トウジ、相田ケンスケ クラスメイトシンジ友人シンジとの仲を冷やかされる。 『シン・エヴァ』では、ケンスケのことを「ケンケン」と呼び彼の家で暮らしている。 真希波・マリ・イラストリアス マリ自身はすでに『破』で登場しているがこの時点ではまだアスカ面識が無い。『Q』『シンエヴァ』では戦闘中コンビ組んでおり、アスカマリに対して、「コネメガネ」、マリアスカに対して「姫」と呼んでいる。

※この「交流 (新劇場版)」の解説は、「惣流・アスカ・ラングレー」の解説の一部です。
「交流 (新劇場版)」を含む「惣流・アスカ・ラングレー」の記事については、「惣流・アスカ・ラングレー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「交流」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

交流

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 05:32 UTC 版)

名詞

こうりゅう

  1. 異なる地域組織の人が互い交じること。またそれにより文化経済などにおけるやりとり活発になること。
  2. 物理交流電流の略。一定周期流れる方向互いにになる電流

発音(?)

こ↗ーりゅー

関連語

電流

翻訳

交じること
電流

動詞

活用

サ行変格活用
交流-する

「交流」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

交流のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



交流のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2022 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの交流 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの惣流・アスカ・ラングレー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの交流 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS