面会とは? わかりやすく解説

めん‐かい〔‐クワイ〕【面会】

読み方:めんかい

[名](スル)人と会うこと対面。「来客と―する」「―謝絶

[用法] 面会・面接対面――「時間限って面会(面接)する」のように、人に会うの意では相通じ用いられる。◇「病院面会時間」「社長に面会を申し込む」のように、「面会」は特別の所にいる人や地位の高い人に会うことや、また、そうした立場の人が訪ねてきた人と会うことにいう。予約する許可を得るなどの手続きをとって会う場合が多い。◇「面接」は、「面接試験」「面接調査」のように、多く質問試問などをするために個別に対象者会うことをいう。◇「対面」は、「三十年ぶりに小学校同級生対面した」「ペンフレンドとの初の対面」など、久しぶりに会ったり初め会ったりする場合にいうことが多い。


面会

作者金子修

収載図書火星
出版社新風舎
刊行年月2002.7


面会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/19 17:40 UTC 版)

家族法における 面会(めんかい、contact、アメリカ合衆国ではvisitation)とは、一般的な用語の一つであり、子供が生活の中で親やその他の重要な人と接触する仕方の一つを示す言葉である。面会は、親が家庭の子供に関して持つ権利や特権の一つである。


  1. ^ 益子行弘、山形新聞 平成23年12月21日朝刊「【提言】『親に会えない』悪影響 : 離婚後も子供の福祉が第一、分離の現状早急に是正」
  2. ^ 民法等の一部を改正する法律案
  3. ^ ニューヨーク・タイムズ 2009年4月15日



面会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/30 20:26 UTC 版)

囚われのパルマ」の記事における「面会」の解説

1エピソード当た数回、面会室で青年面会できるスマートフォン液晶画面仕切りガラス見立てガラス越しスキンシップするという疑似体験もある。「Refrain」ではスマートフォン動かすことで視線移動表現できる

※この「面会」の解説は、「囚われのパルマ」の解説の一部です。
「面会」を含む「囚われのパルマ」の記事については、「囚われのパルマ」の概要を参照ください。


面会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 14:55 UTC 版)

センス8」の記事における「面会」の解説

感応者が持つ能力のひとつどれほど離れていても他の感応者目の前に姿を現し会話ができる。相手の元へ「面会」しに訪れる側は頭の中で思うだけ話すことができるものの、「面会」を受け入れる側は会話のためには実際に喋らなければならず、事情知らない者の目に奇異な独り言に映る。

※この「面会」の解説は、「センス8」の解説の一部です。
「面会」を含む「センス8」の記事については、「センス8」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「面会」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

面会

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 08:03 UTC 版)

名詞

めんかい

  1. 人と会うこと

発音(?)

め↗んかい

動詞

活用

サ行変格活用
面会-する

「面会」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「面会」の関連用語

面会のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



面会のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの面会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの囚われのパルマ (改訂履歴)、センス8 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの面会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS