面とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 様子 > > の意味・解説 

おも【面】

読み方:おも

顔。顔つき容貌(ようぼう)。

「いと美(うる)はしき君が—」〈上田敏訳・海潮音春の貢〉

表面。「川の—」

おもかげ

佐野山に打つや斧音(をのと)の遠かども寝もとか児ろが—に見えつる」〈万・三七三


おも‐て【面】

読み方:おもて

《「おも(面)」に、方向方面を表す「て」の付いたもの。正面のほう、の意》

顔面。顔。「—を赤らめる」「—を伏せる

仮面。めん。主として能・狂言用いるものにいう。

物の表面外面。「池の—」

面目体面

「いづこを—にかはまたも見え奉らむ」〈源・賢木


つら【面/頰】

読み方:つら

顔。顔つき現代では、やや乱暴な言い方で、多くいい意味で用いない。「どの—下げて来た」「ちょっと—を貸せ

物の表面。「上(うわ)っ—」

ほとり。あたり。

曹司(しとみ)の—に立ちより給へりけるも」〈大和・八三〉

ほお。

「—いと赤うふくらかなる」〈能因本・六二〉

(「づら」の形で名詞下に付いて、…のような顔をしている、…のようなようすである意を表す。相手さげすむ気持ちを込めて用いる。「ばか—」「紳士—」


づら【面/頰】

読み方:づら

「つら(面)5」に同じ。「あほう—」「馬—」


めん【面】

読み方:めん

[音]メン(呉) [訓]おも おもて つら

学習漢字3年

[一]メン

人の顔。「面前面相面面臆面(おくめん)・顔面渋面人面赤面洗面白面覆面満面

顔を覆う道具マスク。「仮面能面防毒面

顔を向ける向き合う。「面会面詰面識面責面接・面談直面覿面(てきめん)・当面南面

向いている方・側。向き。「正面前面他面半面反面方面一面的

物の平らに広がった部分。「面積画面球面月面紙面地面斜面水面断面帳面底面表面平面壁面路面

表面記されたもの。「額面書面譜面文面

[二]〈おも〉「面影面長

[三]〈おもて〉「細面矢面

[四]〈つら(づら)〉「面魂馬面上面(うわつら)・字面外面野面仏頂面

名のり]も

難読面繋(おもがい)・面映(おもは)ゆい・川面(かわも)・素面(しらふ)・対面(トイメン)・面皰(にきび)・直面(ひたおもて)・氷面(ひも)・水面(みなも)・面子(メンツ)


めん【面】

読み方:めん

【一】[名]

顔。「—のいいのを鼻にかける

につけるかぶりもの多く人物動物などの顔をかたどったもので、神楽・舞楽・能・狂言や、子供のおもちゃなどに使われる仮面面形(おもてがた)。おもて。

顔面または頭部保護するためにつける防具剣道の面頰(めんぽお)、野球捕手がつけるマスクなど。

剣道の技の一。頭部打つこと

物の外側の、平らな広がり表面

数学で、線が運動したときにできる、広がりはあるが厚さのない図形平面曲面がある。「—に垂直な直線

建築で、角材稜角(りょうかく)を削り落としてできる部分切り面几帳面(きちょうめん)など。

方面。「資金の—で援助する

【二】接尾助数詞

鏡・琵琶(びわ)・硯(すずり)・能面仮面碁盤など、平たいものを数えるのに用いる。「琴1—」「3—のテニスコート

コンピューターゲームなどで、クリアするべき場面コース数えるのに用いる。「100—をこえるパズルゲーム」「最終—のボス

[補説] 書名別項。→面

面の画像
露天売られている面

めん【面】

読み方:めん

富田常雄小説昭和23年1948発表翌年、「刺青(しせい)」とあわせ第21回直木賞受賞


も【面】

読み方:も

《「おも(面)」の音変化》おもて。表面。「(み)の—」

つくばねのこの—かの—に影はあれど君がみかげにます影はなし」〈古今東歌


もて【面】

読み方:もて

「おもて」の音変化

「あが—の忘れも時(しだ)は筑波嶺振りさけ見つつ妹は偲(しぬ)はね」〈四三六七〉


面(つら)

表面のこと。


読み方:オモテ(omote)

芸能用いられ、顔にあててその面相現わすものに扮する

別名 面形仮面


めん 【面】

仮面

読み方オモテ

面とは、能面のこと。

と言えば能面をつけて舞うもの、というイメージあります
面は、ごくまれにアイ着け場合(『三番叟』という演目など)がありますが、基本的には、シテおよびツレシテツレ)が着けることになっています

面の種類は、250種にも及ぶと言われており、長い歴史の中で様々なものが作られきました

面は、人間の顔よりも小さく着けるとアゴなどが面からはみ出すようになっています
これは、仮面かぶって顔を隠すという考えではなく、生の顔続きとして面を着けるという考え根ざしているのだそうです
決して、能楽師の顔が大きというわけではないのだとか。

» 画像についてはこちら
関連用語
直面/能/シテツレアイ

▼面を見たいなら、こちら。
能面・装束


作者横光利一

収載図書児童文学名作全集 3
出版社福武書店
刊行年月1987.3
シリーズ名福武文庫

収載図書日本ジュニア文学名作全集 6
出版社汐文社
刊行年月2000.3

収載図書日本の童話名作選―昭和
出版社講談社
刊行年月2005.7
シリーズ名講談社文芸文庫


作者横溝正史

収載図書鬼火
出版社出版芸術社
刊行年月1993.10
シリーズ名ふしぎ文学館

収載図書血―ホラー傑作短篇集 1
出版社三天書房
刊行年月2000.9
シリーズ名傑作短篇シリーズ

収載図書怪奇探偵小説傑作選面影双紙 2 横溝正史
出版社筑摩書房
刊行年月2001.3
シリーズ名ちくま文庫


作者泡坂妻夫

収載図書泡坂妻夫怖い話
出版社新潮社
刊行年月1995.5

収載図書泡坂妻夫怖い話
出版社新潮社
刊行年月1998.8
シリーズ名新潮文庫


作者井上靖

収載図書井上靖全集 第6巻 短篇 6
出版社新潮社
刊行年月1995.10


作者倉阪鬼一郎

収載図書夢見の家
出版社集英社
刊行年月2002.8


作者ヨシイドク,ヨシイミツ

収載図書ねむりばこ
出版社新風舎
刊行年月2004.7


作者富田常雄

収載図書消えた受賞作 直木賞
出版社メディアファクトリー
刊行年月2004.7
シリーズ名ダ・ヴィンチ特別編集


作者タキガワ

収載図書短編世界
出版社創英社
刊行年月2008.6


読み方:つら

  1. 〔隠〕犯罪語で、現金のこと。
  2. 現金を云ふ。
  3. 現金前橋
  4. 〔犯〕現金のこと。
  5. 現金。〔掏摸
  6. 現金

分類 掏摸犯罪犯罪者


読み方:めん

  1. 〔的〕面、顔のこと、又面識のことにも云ふ。
  2. 顔。覆面を云ふ。

分類


読み方:めん

  1. 面貎ノコトヲ云フ。〔第六類 人身之部・山口県
  2. 顔貎。〔第二類 人物風俗
  3. 顔のこと。顔を批評する場合にいふ。能などの仮面の作の良否論ずるに始まる。「あの女は-が佳い」。「芸は兎に角お-がいい」。
  4. 顔。
  5. 顔、面。
  6. 顔面富良野前橋
  7. 顔。面で、「つら」のこと、顔面省略。〔不〕

分類 ルンペン大阪、不、山口県東京露店商香具師


読み方:らつ

  1. 顔面。〔第二類 人物風俗
  2. 顔。
  3. 〔的・不〕面の逆語。顔のことを云ふ。「トウスケ」「メン参照
  4. 面顔。
  5. 顔。面(つら)の転倒語。
  6. 顔を云ふ。面(つら)の逆語。
  7. 顔。「つら」の音転
  8. 顔面前橋 博徒不良虞犯仲間
  9. 顔面用例「らつを合わせよう」(会おう)。〔一般犯罪
  10. 顔、容貎。〔掏摸
  11. 顔、面。〔香具師不良
  12. 顔。つら(面)の反転語。〔盗〕
  13. 顔のこと。「つら」の音転

分類 ルンペン大阪不良青少年硬派)、博徒不良虞犯仲間掏摸犯罪、的/不、盗/犯罪露店商香具師香具師不良

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:メンmen

作者 井上靖

初出 昭和34年

ジャンル 小説


読み方:メンmen

作者 富田常雄

初出 昭和23年

ジャンル 小説


読み方
おもさき
おもたか
おもて
ほうつき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 04:28 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

(めん)

一覧

関連項目



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 20:57 UTC 版)

平面グラフ」の記事における「面」の解説

平面グラフにおいて、辺で囲まれ極小領域有界な面を有限面、有界でない面を無限面とよぶ。

※この「面」の解説は、「平面グラフ」の解説の一部です。
「面」を含む「平面グラフ」の記事については、「平面グラフ」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/19 04:35 UTC 版)

防具 (剣道)」の記事における「面」の解説

頭部と喉の保護具顔面部分金属の格子(面金)で保護され竹刀が顔に刺さらないようになっている肩から頭頂部にかけては刺し子(面布団)で覆うような造りになっている。喉を保護する部分突き垂と呼ばれ突きを受ける部分であることから、特に強固に作られている。突き垂の内側には、さらに突き衝撃和らげるための内垂がある。なぎなた用の面は頭を左右に振りやすくするため、面布団短くなっている。 面単体では後頭部保護できず、また頭髪接す部分が汗や皮脂によって劣化しやすくなるため、それらの弱点を補う目的で手ぬぐい併用される。 面金は、ほぼ顔面膨らみに沿うように湾曲した形状持ち外周部の台輪縦方向1本中金(中ひご)、横方向に14本(少年用の面で13本以下)の横金(横ひご)からなる材質はかつて洋銀主流であったが、後に面の軽量化観点からジュラルミンなどの軽合金広く使われ始めた。ただし軽合金製面金は強度的に分とはいえないため、より高い耐衝撃性必要とする場合には、比較的低比重ながら強度的に優れチタン製面金が使われる。 面金(横金)の上から6本目と7本目の間(少年用では5本目6本目の間)の位置物見(ものみ)と呼ばれ視界確保のために横金の間隔他の部分よりもわずかに広くなっている。また、面の内側には、面金を取り巻くように土手になった部分内輪)がある。面を着装する際は内輪下端下顎載せ、さらに目の高さ物見位置に合わせる。 面を装着する際は、面紐により面を固定する。面紐の取り方には2通りあり、下から4本目付近の横金に左右一対の乳皮(ちちかわ、又はちかわ)を取り付け1本ずつ紐を取る「下付け」と、中金頭頂部長めの乳皮を1本のみ取り付けそこから左右2本の紐を取る「上付け」とに大別される。どちらを用いるかは人によってそれぞれだが、上付けは関西から九州にかけてい取り方である。なお、なぎなたでは上付けを標準的使用する平成9年1997年)には、物見中心にして数本の横金を省略し、その部分透明なポリカーボネート樹脂板で覆った構造の面(商品名:武面(むじゅんめん))長谷川化学工業から商品化された。着装時の視野広く確保できること、また着装した選手の顔が外から見えることが特徴である。現在では全日本剣道連盟公認されているが、使用者の数は少なく2012年平成24年)に販売終了している。

※この「面」の解説は、「防具 (剣道)」の解説の一部です。
「面」を含む「防具 (剣道)」の記事については、「防具 (剣道)」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/18 02:24 UTC 版)

能楽」の記事における「面」の解説

能面は「のうめん」と読むが、面とだけ書けば「おもて」と読むのが普通。様々な種類がある。超自然的なものを題材とした能では面をつけることが多いが、面をつけない直面物もある。狂言では、登場する人物現世人間であり通常は面はつけず仮面劇とは言えないが、人間以外のものを演ずる場合などでは面をつける

※この「面」の解説は、「能楽」の解説の一部です。
「面」を含む「能楽」の記事については、「能楽」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/29 23:55 UTC 版)

Unicode文字のマッピング」の記事における「面」の解説

詳細は「Unicodeの面マッピングを参照 第0面Plane 0)は、基本多言語面(英:Basic Multilingual Plane; BMP)であり、最もよく使う、基本的な文字記号のほとんどが収録されている。 第1面Plane 1)は、追加多言語面(英:Supplementary Multilingual Plane; SMP)であり、現在使うもののいない古代用字系や人工文字など、基本多言語面入りきらなかった文字のうち漢字以外を収録する第2面Plane 2)は、追加漢字面(英:Supplementary Ideographic Plane; SIP)であり、基本多言語面入りきらなかった漢字収録する 第3面Plane 3)は、第三漢字面(英:Tertiary Ideographic Plane; TIP)であり、追加漢字面入りきらなかった漢字と、亀甲獣骨文字や金文などの現在使用されない漢字収録される。 第14面Plane 14)は、追加特殊用途面(英:Supplementary Special‐purpose Plane; SSP)であり、言語タグ異体字セレクタなどの制御コード収録されている。 第15面(Plane 15)および第16面(Plane 16)は、私用面である。

※この「面」の解説は、「Unicode文字のマッピング」の解説の一部です。
「面」を含む「Unicode文字のマッピング」の記事については、「Unicode文字のマッピング」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/15 04:49 UTC 版)

打突」の記事における「面」の解説

竹刀及びなぎなた物打頭部を打つ打突のことで、最も基本的な打突である。普通は頭部上方を打つ正面打ち用いられるが、面の側面左右45°を打つ左右面も存在する剣道では主に切り返し素振り用いることが多い。なぎなたでは八相からの面は左右面となる。側頭部を打つ横面鼓膜損傷する危険があるため、現在では使用しないことが多い。

※この「面」の解説は、「打突」の解説の一部です。
「面」を含む「打突」の記事については、「打突」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/26 09:09 UTC 版)

Unicode」の記事における「面」の解説

一つの面は65536個の符号位置がある。 面符号位置英語での名称略称日本語での名称収録されている主な文字第0面U+0000 - U+FFFF Basic Multilingual Plane BMP 基本多言語面 基本的な文字第1面U+10000 - U+1FFFF Supplementary Multilingual Plane SMP 追加多言語面 古代文字記号絵文字類など。 第2面U+20000 - U+2FFFF Supplementary Ideographic Plane SIP 追加漢字面 漢字専用領域第3面U+30000 - U+3FFFF Tertiary Ideographic Plane TIP 第三漢字面 追加漢字面入りきらなかった漢字また、将来的には古代漢字甲骨文字などが収録され予定第4U+40000 - U+4FFFF 未使用将来どのような目的で使用するのかすら決まっていない)。 第5面U+50000 - U+5FFFF 第6面U+60000 - U+6FFFF 第7面U+70000 - U+7FFFF 第8面U+80000 - U+8FFFF 第9U+90000 - U+9FFFF 第10U+A0000 - U+AFFFF 第11U+B0000 - U+BFFFF 第12U+C0000 - U+CFFFF 第13U+D0000 - U+DFFFF 第14面U+E0000 - U+EFFFF Supplementary Special-purpose Plane SSP 追加特殊用途面 制御コード専用領域。 第15U+F0000 - U+FFFFF Private Use Plane PUP 私用面 BMPU+E000 - U+F8FF の領域拡張。 第16U+100000 - U+10FFFF 日本では2000年JIS X 0208拡張する目的でJIS X 0213いわゆるJIS第3第4水準)が制定されたが、この際新たに採用された文字Unicodeになかったものの一部は、BMP収録できず、第2面への収録となったUnicode最終的にJIS X 0213への対応を完了したのは2002年である)。このためJIS X 0213収録文字Unicode完全にサポートするには、追加漢字面サポートしたOSフォントアプリケーションが必要となる。Shift_JISなど、Unicodeにて規定されるもの以外のエンコーディング利用する場合であってもJIS X 0213対応するフォントアプリケーション必要である常用漢字2010年改定追加された字のうち「𠮟」はU+20B9Fで、追加漢字面含まれるそのため、改定後の常用漢字完全サポート謳う場合Unicode対応していて更にこの拡張領域にも対応している必要があると言える。ただ、現状ではの字は、JIS X 0208含まれる(=当然、Unicode策定当初からBMP収録されている)異体字の「叱」(U+53F1) で代用されることが多い。

※この「面」の解説は、「Unicode」の解説の一部です。
「面」を含む「Unicode」の記事については、「Unicode」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「面」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 11:11 UTC 版)

発音(?)

名詞

  1. め↗ん表情を隠す、頭部を守るなどの目的で顔を覆うもの。
  2. め↘ん 語義1より)剣道短剣道なぎなたにおける技。面打ち
  3. め↘ん平面物体表面厚さのない二次元広がり
  4. め↘んページ
  5. つ↗ら↘ 俗語
    1. 名誉
    2. 相手自身
      • 「ちょっと、貸せ。」

動詞

面するめんする

  1. ある方向を向く。向き合って接する。

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「面」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



面と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「面」に関係したコラム

  • FXでグランビルの法則を使用してエントリーポイントを見つけるには

    グランビルの法則は、アメリカ合衆国のジョセフ・グランビル(Joseph Granville)が創り出した投資手法で、FX(外国為替証拠金取引)や株式売買などで用いられています。グランビルの法則で用いら...

  • 株式の投資基準とされる固定長期適合率とは

    株式の投資基準とされる固定長期適合率とは、企業の固定資産の株主資本と固定負債に対する割合をパーセンテージで表したものです。固定長期適合率は、固定資産が株主資本と固定負債の合計額以下かどうかを調べるため...

  • 株式取引とFXとの違い

    個人投資家が資金や手続きなど比較的手軽に投資できるものとして株式取引とFXが挙げられます。ここでは、2012年6月現在の株式取引とFXとの違いについて紹介します。▼取引先取引先は、株式取引は証券会...

  • 株365取引に関するセミナーの一覧

    株365を取り扱う証券会社や東京金融取引所では、株365に役立つセミナーを開催しています。株365のセミナーでは、株365の基礎知識から取引方法など、初心者向けの内容が多いようですが、売買タイミングや...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



面のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2022 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
NPO法人せんすNPO法人せんす
Copyright(c) 2022 NPO Sense All rights reserved.
能の誘い
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの面 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの平面グラフ (改訂履歴)、防具 (剣道) (改訂履歴)、能楽 (改訂履歴)、Unicode文字のマッピング (改訂履歴)、打突 (改訂履歴)、Unicode (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS