紙面とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 表面 > 紙面の意味・解説 

し‐めん【紙面】

読み方:しめん

紙のおもて。紙の表面

手紙書面。「詳細後日—で報告します

新聞などの記事印刷する面。また、その記事。「汚職報道に—を割く」「高校野球が—をにぎわす


紙面

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/22 14:05 UTC 版)

ピストルジャズ」の記事における「紙面」の解説

高知新聞SONIC 2009年6月/県内実力派5組競演 B.Bイベント 高知新聞SONIC 2009年12月/多彩なロック5 09高知CD 高知新聞SONIC2010年2月/クールで凶暴なインストPISTOL JAZZフリーペーパーミリカ」/ 轟音ジャズロック。しかもクラブ系〝PISTOL JAZZ2010年3月 高知新聞閑人調」/室戸海賊 2012年6月 高知新聞/ロックバンドピストルジャズ」「室戸海賊世界魅了 2012年9月 高知新聞/3人組ロックバンドピストルジャズ」「室戸海賊大暴れ 2012年10月 ほっとこうち/「室戸海賊」ことバンドPISTOL JAZZ」が世界で注目の的に! 2012年10月 高知新聞/〝室戸海賊〟「ピストルジャズ」がシャツ2013年2月 朝日新聞/本堂ロックコンサート 2014年11月 高知新聞/最御崎寺ライブ 2014年11月 高知新聞/室戸3人組初の全国CD 2015年10月 愛媛新聞/自身の楽曲 アプリ発売 高知バンドピストルジャズ2016年4月 高知新聞/サヨナラ室戸海賊バンドピストルジャズ解散 2021年3月

※この「紙面」の解説は、「ピストルジャズ」の解説の一部です。
「紙面」を含む「ピストルジャズ」の記事については、「ピストルジャズ」の概要を参照ください。


紙面

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/04 01:42 UTC 版)

秋北新聞」の記事における「紙面」の解説

天気予報大館能代空港航空券情報今日の運勢北秋田警察署管内交通事故発生状況・健康歳時記夜間診療当番日程手形交換枚数などを掲載している。 テレビ欄 NHK秋田放送局NHK EテレABS秋田放送テレビAKT秋田テレビAAB秋田朝日放送NHK BS1NHK BSプレミアム番組表と、主な番組紹介掲載している。

※この「紙面」の解説は、「秋北新聞」の解説の一部です。
「紙面」を含む「秋北新聞」の記事については、「秋北新聞」の概要を参照ください。


紙面

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/23 12:22 UTC 版)

岩手日日」の記事における「紙面」の解説

一面 - 主に地域話題政治・経済)を中心として構成カラー印刷一関版と花巻北上・胆江版でそれぞれ内容異なる。コラムは「日日草」のタイトル県内面 - 基本的に盛岡市近郊話題や、岩手県庁公表する情報取り上げる。 国内外面 - 岩手県外、世界政治・社会事件話題取り上げる。 経済面 - 経済話題のほか、野菜果実枝肉等の市況掲載株式面 - 東京証券取引所一部二部終値や、上場投信など。 地域面 - 「一関平泉」「胆江・北上・花巻」で構成するいずれも政治・経済寄り話題ではなく「街の話題」や事件記事ピックアップし掲載地域版によってページ順番異なる。最終ページが版の地域面となり、カラー印刷となる(それ以外モノクロ印刷)。 番組面 - 最終面にNHK総合Eテレ)、県内民放IBC岩手放送テレビ岩手岩手めんこいテレビ岩手朝日テレビ)をフルサイズ宮城県民放4社、NHK BS1NHK BSプレミアムハーフサイズ掲載下方にCATV番組表掲載。紙面中ほどにも番組面を設けており、BSデジタル民放CS主要局、ラジオ(AM・FM・ラジオNIKKEI)、コミュニティFMFMあすも奥州エフエムFM One)を掲載。その他、スポーツ面、文化面などがある。 社説はない。 漫画あしはらたいじ「くもりのち晴れッ!」。

※この「紙面」の解説は、「岩手日日」の解説の一部です。
「紙面」を含む「岩手日日」の記事については、「岩手日日」の概要を参照ください。


紙面

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/29 14:55 UTC 版)

函館新聞」の記事における「紙面」の解説

主な内容以下のとおり天気1面目次下に掲載される臥牛山コラム1面最下段広告の上に掲載函館ルネッサンス(おおた美登利作)第1社会面掲載する4コマ漫画創刊号より現在まで連載継続している熊出没情報第1社会面掲載道南ネット函館市北斗市含めた道南地域ニュース取り上げる。イベント案内掲載されるどうなんeye不定期掲載特集記事はつらつライフ水曜日掲載 育児生活について特集する我ら釣り仲間木曜日掲載 通信員から寄せられ道南地区釣り情報掲載する教育金曜日掲載 教育全般について特集する講演会学校で開催されたイベント取り上げられることもある。 ニュース細見日曜日掲載 道南地域ニュース取り上げ解説する読者のひろば(投稿原則隔週水曜日掲載 都合により掲載日が変更されることもある。 イラスト俳句川柳短歌、詩、エッセー私のひとこと読者意見かつてはイラスト俳句川柳短歌、詩、エッセーとは別に読者の声 石畳」が毎週月曜日掲載されていた。 現在、社説掲載されていない

※この「紙面」の解説は、「函館新聞」の解説の一部です。
「紙面」を含む「函館新聞」の記事については、「函館新聞」の概要を参照ください。


紙面

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 15:44 UTC 版)

日刊電波新聞」の記事における「紙面」の解説

1面コラムミリ波」を掲載最終面(通常6面)は全面広告となる。 「特集」として電機メーカー各社製品紹介記事広告連動複数紙面にわたって行っている。第1、2、4木曜日は「ハイテクノロジー」というタブロイド判第二部添付され技術情報特化した製品特集組まれる

※この「紙面」の解説は、「日刊電波新聞」の解説の一部です。
「紙面」を含む「日刊電波新聞」の記事については、「日刊電波新聞」の概要を参照ください。


紙面

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/07 01:04 UTC 版)

東京新聞」の記事における「紙面」の解説

毎週日曜日にはサンデー版」が付録として添付される1面最終面を大きく使って学校授業でも使えるような「大図解」を展開。中身週間テレビ表や読み物クロスワードなどが収録されて、8頁建て。大図解などは一部ブロック紙地方紙各社にも配給されている。 また、中日新聞社発行各紙北海道新聞西日本新聞などブロック紙3社連合加盟している新聞掲載される小説4コマ漫画朝刊は、2007年3月8日まで佃公彦作の「ほのぼの君」、同年7月1日2011年12月31日まではさくらももこ作の「ちびまる子ちゃん」、2012年2月1日から2017年3月31日までは森栗丸作の「おーい 栗之助」、2017年4月1日からは青沼貴子の「ねえ、ぴよちゃん」を連載)は、中日新聞東京本社から配信されるまた、中日新聞からの企画では、生活家庭面の一部記事東京新聞にも掲載されている。国際および夕刊掲載されている「世界街角から」は中日新聞と東京新聞同一になっている。 詳細は「ブロック紙3社連合#連載漫画を参照 社説原則的に中日新聞同一で日本国内の主要商業新聞中最も左寄り思想だが、中日新聞愛知県政、名古屋市政など中京圏特有の課題掲載する場合は、東京新聞独自の社説差し替えられる場合もある。なお社説は中日新聞同様、本文内容要約したリード文付随する1970年3月より)。 「中日新聞#論調」および「しんぶん赤旗#紙面の特徴」も参照 生活家庭面については、主に中日新聞名古屋本部)で製作されたものを掲載しており、中京圏関連の話題が多いが、独自の記事として旧東京新聞社時代から続く読者投書欄あけくれ」が掲載されている。 毎年4月1日エイプリルフールにちなみ、日頃調査報道行っている「こちら特報部」にて「本当のような嘘の記事」を掲載するこの日コラムその日担当者に嘘のコラム書いて貰うように依頼している。ただし2009年これまで趣旨変え、「嘘のような本当の記事」を掲載した中日新聞長年連載されていた岡井隆の「けさのことば」が東京新聞にも朝刊3面掲載されていた。 小説五木寛之の「親鸞 激動篇」・「親鸞 完結篇」は中日新聞社中日新聞・東京新聞北陸中日新聞など)や西日本新聞中国新聞北海道新聞などのブロック紙以外にも地方紙大阪日日新聞福島民報秋田魁新報岩手日報新潟日報中日新聞競合関係にある静岡新聞岐阜新聞)などにも配信したため話題になっている2015年1月1日付朝刊から中日新聞北陸中日新聞との共同企画として、戦後70年企画「平和の俳句」(読者投稿による平和にまつわる俳句選者金子兜太いとうせいこう)を1面掲載している。

※この「紙面」の解説は、「東京新聞」の解説の一部です。
「紙面」を含む「東京新聞」の記事については、「東京新聞」の概要を参照ください。


紙面

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 06:25 UTC 版)

号外」の記事における「紙面」の解説

通常の新聞とは異なり特定のニュースのみを報道する目的で発行されるため、2ページないし多くて4ページとなるのが大半で、片面のみの印刷である場合もある。また緊急性重要視する性質上、社告(主に購読申込フリーダイヤル以外の広告掲載されない事が多いが、スポーツ等の号外の場合は稀に広告入ることもある。本紙に比べ見出し本文の文字大きいことも多い。 まれなケースとして、同じ日に重大な事件が2件発生した際に2つニュース両面で掲載する号外発行されたことがある2009年11月10日市川英国人女性英会話講師殺害事件容疑者逮捕俳優の森繁久彌死去の時)。 『読売新聞』の号外は、2000年代以降、終面は『ジャパン・ニューズ』(旧:デイリー・ヨミウリ)の編集による英語の号外になっている。また『朝日新聞』の号外は、終面が『ヘラルド朝日編集による英語の号外になることが多い。 また以前は鉄道・航空船便輸送が主(現在も離島山間部で空輸船便での配送が主)であり、遠隔地現地印刷がなかったころ、朝刊早版地域では締め切り18 - 19時台であるためプロ野球ナイター、あるいは国政選挙即日開票結果まともに掲載できないこと配慮して新聞社がそれら遠隔地読者対応するための「速報号外」を販売店ファクシミリ電送して、本編織り込ん配達したこともあった。

※この「紙面」の解説は、「号外」の解説の一部です。
「紙面」を含む「号外」の記事については、「号外」の概要を参照ください。


紙面

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/02 08:49 UTC 版)

練馬新聞」の記事における「紙面」の解説

内容的に区内イベントスポーツ農業緑化福祉企業などタイアップ記事練馬区役所報道発表資料を基にした記事中心政治は、国会都議会議員後援会パーティー区長所信表明演説区議会代表質問質問者と項目紹介をしている。

※この「紙面」の解説は、「練馬新聞」の解説の一部です。
「紙面」を含む「練馬新聞」の記事については、「練馬新聞」の概要を参照ください。


紙面

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/04 07:39 UTC 版)

デイリーNK」の記事における「紙面」の解説

編集母体が『朝鮮民主主義人民共和国北朝鮮)の民主化』を目指す団体あるため北朝鮮現体制や、韓国の対北融和的政策団体に対する批判きわめて強く打ち出している。記事執筆者には脱北者を含むほか、北朝鮮の「内部消息筋」へ通じ強力な独自取材を持っており、北朝鮮市場現況日常生活に関する記事が多いことが特色となっている。 内部情報正確性について、金正男は「市場地方情報正確だ」と認めている。2009年平成21年11月30日電撃的おこなわれた北朝鮮ウォン貨幣改革デノミネーション)については、世界で最も早く伝えスクープとなった。なお、デイリーNKデノミ報道に対して統一部は「確認されていない」として否認していたが、翌日には事実確認した韓国における北朝鮮による拉致被害者拉北者問題精力的に取り上げている。 2014年平成26年11月26日自由朝鮮放送開かれた北韓放送OTV各者及び、デイリーNK加えた対北4団体は、国民統一放送発起人大会催し対北放送媒体国民統一放送(국민통일방송)」を設立することを明らかにした。 また同年12月13日付で行われた法務省と、「ふるさとの風」の放送主体でもある日本国政府拉致問題対策本部主催する対北朝鮮ラジオ放送シンポジウム - 北朝鮮の人権問題拉致問題ラジオ放送役割」への同発起団体対北放送関係者参加前にして、朝鮮中央通信論評同年12月9日付で、ウェブサイトネナラ」等を通じ、これら発起人団体への名指しで批難行い朝鮮の声放送(同12日付)等、対外放送によっても同論評による批難声明放送した

※この「紙面」の解説は、「デイリーNK」の解説の一部です。
「紙面」を含む「デイリーNK」の記事については、「デイリーNK」の概要を参照ください。


紙面

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/06 10:46 UTC 版)

パンツァーベア」の記事における「紙面」の解説

本紙出版元初版では「宣伝中隊『Panzerbär』- ベルリン司令部」と題されていたが、その後は「野戦郵便局 67700事業所(Dienstelle Fp.-Nr.67 700)」と改称された。 1945年4月29日付け最終号配布されず、印刷所路上大量に積み上げられたままであった。「英雄的闘争 - 昼夜を問わず機動せる新たな部隊」という見出しの下、一面には「都市中心部をめぐる戦闘と書かれていた。社説(Der längere Atem)では「我々はもう失うもの何もない。我々は全て失い自分自身未来妻と子供達に身を委ねることになる。」と記載され、3ページ目には、戦局希望的観測に対する批判反論述べられ、それらは希望ではなく単なる臆病さから来る敗北主義であると締められた。また、4ページ目に2枚写真(パンツァーファウスト装備したヒトラー・ユーゲント隊員食料手渡す赤十字姉妹)が掲載され他には以下のプロパガンダ報道掲載されていた。 各地戦闘状況(フリードリヒスハイン、シャルロッテンブルク等) 最前線における女性活動記録。 フリードリヒ・カール・プラッツにおいて15輌のT-34撃破したユーゲント隊員記事廃墟での戦争罹災者目撃情報ベルリン戦闘参加した武装親衛隊外人志願部隊(フランスノルウェーデンマークフラマンオランダ) 表 話 編 歴 ナチス・ドイツ 歴史 1933年 - 1938年ヒトラー内閣 ナチ党の権力掌握 ドイツ国会議事堂放火事件 全権委任法 四カ年計画 長いナイフの夜 ドイツ再軍備宣言 ラインラント進駐 ベルリンオリンピック 1938年 - 1939年ブロンベルク罷免事件 水晶の夜 アンシュルス ミュンヘン会談 チェコスロバキア併合 ポーランド侵攻 第二次世界大戦西部戦線 独ソ戦東部戦線 北アフリカ戦線 バルカン戦線 ヒトラー暗殺計画 ベルリンの戦い アドルフ・ヒトラーの死 フレンスブルク政府 第二次世界大戦後ニュルンベルク裁判 ニュルンベルク継続裁判 非ナチ化 旧ドイツ東部領土 フランクフルト・アウシュビッツ裁判 人物 総統アドルフ・ヒトラー ナチ党指導者ルドルフ・ヘス ヘルマン・ゲーリング ヨーゼフ・ゲッベルス ハインリヒ・ヒムラー ロベルト・ライ ヨアヒム・フォン・リッベントロップ アルベルト・シュペーア マルティン・ボルマン 政治家パウル・フォン・ヒンデンブルク フランツ・フォン・パーペン ヒャルマル・シャハト コンスタンティン・フォン・ノイラート 政治 ナチ党組織大管区 大管区指導者 全国指導者 親衛隊 突撃隊 政府組織国家弁務官 国民啓蒙・宣伝省 ドイツ航空省 ゲシュタポ 国家保安本部 秩序警察 保安警察 国民組織ヒトラーユーゲント ドイツ労働戦線 歓喜力行団 思想用語指導者原理 強制的同一化 民族共同体 支配人種 (en) 退廃芸術退廃音楽 東方生存圏 新秩序 (en) 血と土 積極的キリスト教 分野別項目ナチズム 機構 経済 農業農政 (de) 軍事 プロパガンダ 言語 人種政策 (en) 女性政策 建築 芸術 (en) 宗教 (en) クリスマス 勲章 映画 環境保護 動物保護 (en) 反タバコ運動 戦時下 (en) 略奪 強制労働 (en) 反ナチ運動 軍事再軍備 国防軍最高司令部 ドイツ国防軍 陸軍 海軍 空軍 武装親衛隊 国民突撃隊 ヴェアヴォルフ 電撃戦 トート機関 ジークフリート線 大西洋の壁 清廉潔白な国防軍 アルプス国家要塞 国防軍戦争犯罪 (en) ソ連軍捕虜に対する犯罪 国際関係ライヒスコンコルダート 英独海軍協定 (en) 鋼鉄協約 中独合作 枢軸国 防共協定 三国条約 ベーメン・メーレン保護領 ポーランド総督府 ヴィシー政権 独立スロバキア 東部占領地域 クロアチア独立国 セルビア救国政府 イタリア社会共和国 パンツァーファウスト作戦 ハンガリー国民統一政府 占領地 東部総合計画 国家弁務官統治区域 関連項目総統官邸 世界首都ゲルマニア ナチ党党大会 ナチス式敬礼 ハーケンクロイツ 旗を高く掲げよ メフォ手形 ホスバッハ覚書 迫害強制収容所 ホロコースト 同性愛者迫害 T4作戦 ポライモス 劣等人種 生きるに値しない命 ヴァンゼー会議 アインザッツグルッペン 人体実験 焚書 コミッサール指令 特別捜査令状 反ナチ運動黒いオーケストラ 白いバラ 告白教会 赤いオーケストラ コンスル 関連項目Portal:第三帝国 第一次世界大戦 ドイツ革命 ヴァイマル共和政 連合軍軍政期 (ドイツ)

※この「紙面」の解説は、「パンツァーベア」の解説の一部です。
「紙面」を含む「パンツァーベア」の記事については、「パンツァーベア」の概要を参照ください。


紙面

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/09 01:18 UTC 版)

エル・ムンド (スペイン)」の記事における「紙面」の解説

アンダルシア州バレンシア州カスティーリャ・イ・レオン州バレアレス諸島ビルバオなどの地域では異なる版発行している。エル・パイスABCとともに記録新聞英語版)と呼ばれる新聞のひとつである。オンライン版読者数スペイン最多であり、2009年には月間2,400万人がオンライン版アクセスした。オンライン版多くラテンアメリカ読者であり、オンライン版アメリカ大陸版を有している。

※この「紙面」の解説は、「エル・ムンド (スペイン)」の解説の一部です。
「紙面」を含む「エル・ムンド (スペイン)」の記事については、「エル・ムンド (スペイン)」の概要を参照ください。


紙面

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 21:34 UTC 版)

毎日新聞」の記事における「紙面」の解説

ページ2つ折りにしたときに行の途中折り目かからない組み方導入したり、縦書き中に算用数字用い2桁数字横に並べるなど、見やすい紙面づくりにいち早く取り組む1991年題字デザイン変更時から、欄外題字小さく端(奇数ページ右端偶数ページ左端)に移し中央にはそのページジャンルタイトル大きく明朝体掲載していた。2007年のJ字導入以後は、ページ数表記隣にそのページジャンル白抜き表示し中央に毎日新聞の文字入れ従来スタイル戻した題字「MAINICHI」の左右に社章の「目星マーク」が印刷されている。 2021年6月まで日曜日には二部紙採用し別冊版として「日曜くらぶ」を発行していた。東日本新潟県長野県静岡県以東)は8頁建て。西日本のうち、東海3県九州沖縄県山口県含む)はこの中から抜粋した4頁建て。大阪本社管内北陸近畿中四国地方山口県除く)は左記の4頁に加え前半の4頁に独自の週間テレビ番組表掲載した8頁建てである。

※この「紙面」の解説は、「毎日新聞」の解説の一部です。
「紙面」を含む「毎日新聞」の記事については、「毎日新聞」の概要を参照ください。


紙面

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 03:47 UTC 版)

人民新聞」の記事における「紙面」の解説

紙面構成は、1面特集記事設けている。特集取り上げ内容は、在日米軍基地問題など現行の政治問題が多い。日本の派遣労働にまつわる問題や、「ひきこもり」・「ニート」などの日本が抱え社会問題クローズアップすることもある(人民新聞ひきこもりニート人々批判したり、叱咤激励することはなく、全面支援する論陣張っている)。天皇制批判など思想記事載る事があるが、対極意見載せる点も特徴的である。 パレスチナ問題積極的に取り上げる。かつてテロリストグループの「アラブ赤軍」「日本赤軍」の主張掲載しパレスチナ闘争連帯を掲げ重信房子寄稿したそのことにより、「日本赤軍との組織的関係」と見た公安警察から捜索を受けるが、発行社は「立場党派を問わず様々な問題を紙面を通じて多くの人々紹介し相互批判論議の場保障し創り出していく」ためであるとしている。同紙は、「闘い続けている」パレスチナ人民の立場に立つ姿勢であり、中立絶対的な非暴力思想立場ではない。 その他、各地反戦運動などのレポートなどが掲載される一つの号で見た場合大雑把に言えば特集各種社会政治運動レポート二本立てと言えるこれらのほか、政治風刺4コマ漫画貧困さんいらっしゃい」が掲載されている。 ページ数少なく中小規模団体機関紙並みのほぼ記事特化型紙面で、カラー写真全面広告存在しない発行日や量の面では、一般商業紙や、大手新聞並み情報量売りにするしんぶん赤旗」と比べ格段に少ないため、それらとは一線を画すものとなっている。新聞単体では、商業ベース乗りにくいためか、発行社ではカンパ受け付けている。

※この「紙面」の解説は、「人民新聞」の解説の一部です。
「紙面」を含む「人民新聞」の記事については、「人民新聞」の概要を参照ください。


紙面

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/20 07:25 UTC 版)

東京タイムズ」の記事における「紙面」の解説

内容社会経済情勢などを平易に報じた記事が多い。スポーツ新聞夕刊紙が得意とする性風俗情報芸能ゴシップ関連などは、経営悪化後も休止するまで扱わなかった。スポーツ記事首都大学野球連盟リーグ戦詳細な試合結果掲載した共同通信社による配信記事そのまま用いたものが多く徳間書店吸収以降は特に顕著であるが、通信社配信記事直接知る目的で購読する者もいた。テレビ番組表新聞休刊日の場合、2日分を1ページまとめた記載もあった。

※この「紙面」の解説は、「東京タイムズ」の解説の一部です。
「紙面」を含む「東京タイムズ」の記事については、「東京タイムズ」の概要を参照ください。


紙面

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 15:57 UTC 版)

サンケイスポーツ」の記事における「紙面」の解説

題字1987年昭和62年)にカラー化される以前は横書きブロック体亀倉雄策作)だったが、カラー化以後フジサンケイグループ共通の丸文字体(馬場雄二作。赤地白抜き)が使われている。2000年頃までは1面右端見出し横に縦で「サンケイスポーツと書かれていた。後に他のスポーツ紙もこの縦組み題字使っていたため、そのきっかけともいえた。 大阪本社版1面題字現在のロゴ変更され以降も、欄外題字1991年4月までブロック体ロゴ使用していた。なお大阪本社版欄外題字は、通常面は「サンケイスポーツ」と表記されるが、中央競馬面は「サンスポZBAT!競馬」、公営競技面では「サンスポレース」と表記される大阪版欄外題字左右寄りに「サンケイスポーツ」と表記されている(東京版中央に表記される)。 現在は1面右上横組みで「サンスポ」、また左下側にやや小さめ日付と「サンケイスポーツの文字入れている。祝日のときは日付部分ピンク楕円型座布団が点く。 芸能面では同じフジサンケイグループフジテレビ寄り報道多く見られるまた、フジテレビ・ニッポン放送番組や両局が主催するイベント宣伝記事頻繁に掲載するそれ以外にも基本的に相手芸能事務所側から売り込んでくるグラビアアイドル記事に頼ることが多く日刊ゲンダイなど他の夕刊紙がこの点を攻撃材料とすることもある。「日刊ゲンダイ#芸能」も参照 東北版の芸能面で仙台放送FNS東北地区基幹局産経新聞系列に関する情報多く掲載している。 風俗面(いわゆるアダルト面)にも力を注いでおり、大阪本社版東北版では、スポーツニッポン大阪版九州版)、デイリースポーツと同様家庭宅配版にも風俗面が掲載されている。東京版駅売りのみである(家庭宅配版は掲載されない)。 他紙では通常テレビ・ラジオ欄差し替えられているスポーツ面に「コラム甘口辛口」というコラム掲載している。 社会面全国スポーツ紙唯一北朝鮮問題」という特設コーナーがある。 野球面はヤクルトDeNA情報充実

※この「紙面」の解説は、「サンケイスポーツ」の解説の一部です。
「紙面」を含む「サンケイスポーツ」の記事については、「サンケイスポーツ」の概要を参照ください。


紙面

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 09:37 UTC 版)

朝鮮新報」の記事における「紙面」の解説

日本各地総聯活動状況朝鮮人の生活の他、本国主要ニュース掲載している。金正男暗殺事件でも『大騒ぎは米南日マスコミだけ、海外から見たクアランプール事件』との題名犯人CIA国情院のせいだとしている。清華大学[要曖昧さ回避]客員教授・鄭己烈の「世界事件そのものへの報道少なく北朝鮮悪魔化しようとするアメリカ韓国日本の報道批判的な報道)のが大部分」との主張日系アメリカ人で元ジャパンタイムズ編集長のヨイチ・シマズの『CIA国情院犯罪者たちが演出しマレーシア空港事件』と題する詳し論評発表したことを紹介するなど本国主張沿った意見補強する記事日本語載せている

※この「紙面」の解説は、「朝鮮新報」の解説の一部です。
「紙面」を含む「朝鮮新報」の記事については、「朝鮮新報」の概要を参照ください。


紙面

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/16 06:14 UTC 版)

週刊BCN」の記事における「紙面」の解説

企業向けエンタープライズ)IT分野中心にIT業界動向業界支える人物に主眼置いている。紙媒体視認性生かし図版写真多用Web媒体とは異な見やすさ分かりやすさ追求している点も特徴1968年6月創刊情報産業新聞2017年6月休刊したことにより、国内唯一のIT業界新聞となる。 日本のIT業界メディアで唯一中国上海支局をもち、年4回の中国特集号週刊BCN第2部として発行している(2020年2月支局閉鎖特集号休刊)。

※この「紙面」の解説は、「週刊BCN」の解説の一部です。
「紙面」を含む「週刊BCN」の記事については、「週刊BCN」の概要を参照ください。


紙面

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/16 05:58 UTC 版)

麻雀新聞」の記事における「紙面」の解説

1面特集項目。最終面は全面広告となる。 基本的に全国各地行われた麻雀大会情報掲載し定期的に「人と経営」という雀荘特集企画行っている

※この「紙面」の解説は、「麻雀新聞」の解説の一部です。
「紙面」を含む「麻雀新聞」の記事については、「麻雀新聞」の概要を参照ください。


紙面

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 07:54 UTC 版)

北鹿新聞」の記事における「紙面」の解説

すべての紙面の約3分の1広告欄占める。

※この「紙面」の解説は、「北鹿新聞」の解説の一部です。
「紙面」を含む「北鹿新聞」の記事については、「北鹿新聞」の概要を参照ください。


紙面

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/25 07:22 UTC 版)

デーリー東北」の記事における「紙面」の解説

総合国内外八戸市中心とした政治・経済ニュース中心に掲載また、青森県政治など、県全体に及ぶ話題取り上げる(ちなみに県庁所在地青森市(旧浪岡町を除く)でも本紙を取り扱っている)。岩手県に関するニュースは、本紙エリア関わる事項の掲載国際 株式 番組 - 後述 文化 趣味 スポーツ 地域「上十三むつ下北」「三八」「岩手県北(割愛の場合あり)」にブロック分けして地域話題紹介する社会 ひろば投稿コラムおでかけ情報天気予報

※この「紙面」の解説は、「デーリー東北」の解説の一部です。
「紙面」を含む「デーリー東北」の記事については、「デーリー東北」の概要を参照ください。


紙面

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/04 04:23 UTC 版)

伊勢新聞」の記事における「紙面」の解説

題字には、横棒一本多い「新」本字( / 𣂺)を使用している記事中の数は漢数字使われる

※この「紙面」の解説は、「伊勢新聞」の解説の一部です。
「紙面」を含む「伊勢新聞」の記事については、「伊勢新聞」の概要を参照ください。


紙面

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/05 15:10 UTC 版)

内外タイムス」の記事における「紙面」の解説

かつて1980年代までプロレス記事を扱う数少ない日刊紙として、東京スポーツデイリースポーツとともに知られた輪島プロレス入り以降に多くの新聞プロレス記事扱ったが、当紙も継続して携帯電話コンテンツとするなど目玉商品とした。新オーナーのアムス・インターナショナルもかつては格闘技スマックガールスポンサーしていた。 ライバル紙の東京スポーツと同様UFO宇宙人ゴム人間などの虚構スクープ記事など一面賑わし夕刊紙定番のギャンブル情報野球芸能ゴシップなどに多い。競馬競艇で冠レース内外タイムス杯」も提供した性風俗店情報は特にストリップについて、紙面、広告含めて日刊各紙の中で最も充実している三行広告豊富でインターネットの普及前は三行広告ページだけを目当てに購入する読者もいた。

※この「紙面」の解説は、「内外タイムス」の解説の一部です。
「紙面」を含む「内外タイムス」の記事については、「内外タイムス」の概要を参照ください。


紙面

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/24 15:29 UTC 版)

アイリッシュ・タイムズ」の記事における「紙面」の解説

紙面は毎日同じ形式となっている。一面にホームニュースワールドニューススポーツ記事経済記事など掲載されている。今日セクション内の記事のいくつかの「お誘い」だけでなく左側の列にはニュースダイジェストと、一つメイン画像三つ主要なニュース記事掲載されている。他に勝利抽選番号天気予報などの情報内部で通常アイルランドニュースの八から一二ページ含まれている。「ホームニュース」と呼ばれるニュースアイルランド北アイルランドに関するニュースのこと 。 毎週水曜日には、アイルランド語の紙面が1面掲載される

※この「紙面」の解説は、「アイリッシュ・タイムズ」の解説の一部です。
「紙面」を含む「アイリッシュ・タイムズ」の記事については、「アイリッシュ・タイムズ」の概要を参照ください。


紙面

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/31 09:26 UTC 版)

近代将棋」の記事における「紙面」の解説

初心者から級位者を主な購読ターゲットしておりプロ棋戦情報だけでなく、戦術解説講座棋士へのインタビュー将棋関係のコラムなども多数連載していた。 また、廃刊となった日本アマチュア将棋連盟機関誌将棋ジャーナル」を吸収したこともありアマチュア将棋紹介盛んに行われていた。 詰将棋級位者向けの簡単なもの(講座要素が強い、解答はその号に掲載)と、詰将棋ファン向けの難解なもの(芸術的要素が強い、解答翌月号に掲載)のそれぞれのコーナーを持っており、とくに後者は「塚田賞」の選考も兼ねていた。 インターネット対局サイト近代将棋道場」で行われる近将カップや本気一番勝負などの棋戦情報掲載された

※この「紙面」の解説は、「近代将棋」の解説の一部です。
「紙面」を含む「近代将棋」の記事については、「近代将棋」の概要を参照ください。


紙面

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/23 23:03 UTC 版)

河北新報」の記事における「紙面」の解説

1997年平成9年)には米の栽培人間生活を扱った連載企画オリザの環」で日本新聞協会賞受賞また、社会問題化していたスパイクタイヤ全廃追い込んだのは、河北新報記事発端であった事は特筆すべき事項でもある東北地方に関する記事だけでなく、首都圏知識人文化人独自に取材した記事多く掲載している。 三大ブロック紙北海道新聞中日新聞西日本新聞)などとの記事の交換行っている2020年現在中日新聞系の東京新聞では当紙のオピニオン『声の交差点一部投稿転載されている不定期)。また、近年では東北6県他県紙(東奥日報岩手日報秋田魁新報山形新聞福島民報福島民友)との連携企画増えている(東北電力協力している場合新潟日報加わる)。 スポーツ関連では、東北楽天ゴールデンイーグルスベガルタ仙台仙台89ersをはじめとした「仙台のスポーツ」に関連した記事多く取り扱っている。場合によって勝利試合など)はスポーツ面のみでなく1面社会面ローカル面で話題取り上げられることもある。また数ページ使用した特集記事時折掲載される。なお、楽天イーグルスについては紙面上の呼称一貫して東北楽天となっており、「楽天」とのみ表記されることは原則的にない。 毎週日曜日第2朝刊には、宮城県内各地小学校の様子を綴った「どきどき小学生」が掲載されている。

※この「紙面」の解説は、「河北新報」の解説の一部です。
「紙面」を含む「河北新報」の記事については、「河北新報」の概要を参照ください。


紙面

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/23 01:34 UTC 版)

津軽新報」の記事における「紙面」の解説

黒石田舎館平川大鰐青森市浪岡地域話題掲載されている。 一面に『つがる抄』というコラムや子供さんを紹介するこんにちは』や不定期に掲載される『ナもワも』というコーナーがある。一番の特徴地域イベントなどスナップ写真掲載したコーナー写真説明文付き掲載している。その他地域イベント情報など催事案内占い掲載されている。

※この「紙面」の解説は、「津軽新報」の解説の一部です。
「紙面」を含む「津軽新報」の記事については、「津軽新報」の概要を参照ください。


紙面

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/02 02:43 UTC 版)

高校生新聞」の記事における「紙面」の解説

全国活躍している高校生紹介 有名人へのインタビュー 大学紹介 - しばしば臨時増刊号として一地域や一大学だけを取り上げた別刷りの紙面が挟み込まれる全国高等学校総合文化祭に関する情報

※この「紙面」の解説は、「高校生新聞」の解説の一部です。
「紙面」を含む「高校生新聞」の記事については、「高校生新聞」の概要を参照ください。


紙面

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/29 02:33 UTC 版)

フィナンシャル・タイムズ」の記事における「紙面」の解説

紙面は大きく分けて2つ前半国内海外社会政治関係ニュース後半経済関係ニュース掲載する。やはり後半経済・金融企業市場関連のニュースは特に取扱いが厚い。一方で国際報道広く手がけ在籍する475人の記者のうち110人は海外駐在である。 経済紙あるため政治的には概ね中道であり、社説などの論調について左派右派と言った指摘特にはなされない欧州連合の拡大については肯定的な見方示している。ただ、同じ経済紙カテゴリーでは、グローバル資本主義新自由主義積極的に唱えるウォール・ストリート・ジャーナルに比べて、穏健派と見る向きもある。 マーガレット・サッチャー政権時代にはその主要な支持メディアであったが、労働党政権自由経済安定的に引き継いでいる近年はむしろ労働党寄りになってきている。特に最近はゴードン・ブラウン首相贔屓であるといわれる[誰によって?]。

※この「紙面」の解説は、「フィナンシャル・タイムズ」の解説の一部です。
「紙面」を含む「フィナンシャル・タイムズ」の記事については、「フィナンシャル・タイムズ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「紙面」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

紙面

出典:『Wiktionary』 (2019/10/16 16:41 UTC 版)

名詞

しめん

  1. 紙の表面
  2. 新聞雑誌記事載せる
  3. 古風手紙などの文書書面

類義語

関連語


「紙面」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



紙面と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

紙面のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



紙面のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのピストルジャズ (改訂履歴)、秋北新聞 (改訂履歴)、岩手日日 (改訂履歴)、函館新聞 (改訂履歴)、日刊電波新聞 (改訂履歴)、東京新聞 (改訂履歴)、号外 (改訂履歴)、練馬新聞 (改訂履歴)、デイリーNK (改訂履歴)、パンツァーベア (改訂履歴)、エル・ムンド (スペイン) (改訂履歴)、毎日新聞 (改訂履歴)、人民新聞 (改訂履歴)、東京タイムズ (改訂履歴)、サンケイスポーツ (改訂履歴)、朝鮮新報 (改訂履歴)、週刊BCN (改訂履歴)、麻雀新聞 (改訂履歴)、北鹿新聞 (改訂履歴)、デーリー東北 (改訂履歴)、伊勢新聞 (改訂履歴)、内外タイムス (改訂履歴)、アイリッシュ・タイムズ (改訂履歴)、近代将棋 (改訂履歴)、河北新報 (改訂履歴)、津軽新報 (改訂履歴)、高校生新聞 (改訂履歴)、フィナンシャル・タイムズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの紙面 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS