世界とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 教義 > 世界の意味・解説 

せ‐かい【世界】

7原義

地球上のすべての地域・国家。「世界はひとつ」「世界をまたにかける

自分認識している人間社会全体。人の生活する環境世間世の中。「新しい世界を開く」「住む世界が違う」

職業専門分野また、世代などの、同類集まり。「医者の世界」「子供の世界

ある特定の活動範囲領域。「学問の世界」「芸能の世界」「勝負の世界」

歌舞伎・浄瑠璃で、戯曲背景となる特定の時代人物群の類型義経記太平記など、民衆親しみのある歴史的事件が世界とされた。

自分が自由にできる、ある特定の範囲。「自分の世界に閉じこもる

《(梵)lokadhātuの訳。「世」は過去・現在・未来の3世、「界」は東西南北上下をさす》仏語

須弥山(しゅみせん)を中心とした4州の称。これを単位三千大千世界数える。

一人仏陀の治める国土

宇宙のこと。

このあたり。あたり一帯

「—暗がりて」〈竹取〉

地方他郷

「—にものし給ふとも、忘れ消息給へ」〈大和六四

10 遊里などの遊興の場。

京町に何かお—が、おできなすったさうでござりますね」〈洒・通言総籬


世界

作者江戸美保

収載図書滅離辺流―しょーとしょーと
出版社まぐまぐ
刊行年月2006.2
シリーズ名まぐまぐ!文庫


世界

作者あざの耕平

収載図書Dクラッカーズ+プラス―世界―after kingdom
出版社富士見書房
刊行年月2007.12
シリーズ名富士見ファンタジア文庫


世界―物語10・その涙を拭いたい

作者盛満侑斗

収載図書どこかで世界を変える様な優しい唄
出版社アストラ
刊行年月2008.5


世界

読み方:せかい

  1. 太陽月影。〔第一類 天文事変
  2. 太陽。月を云ふ。

世界

読み方:せかい

  1. 狂言のこと。世界に四種ある。王代時代御家世話

分類 演劇


世界

読み方:せかい

  1. 新世界
  2. 大阪歓楽新世界のことを云ふ。
  3. 大阪歓楽新世界のこと。

分類 ルンペン大阪

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

世界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/24 09:20 UTC 版)

世界せかい: World: loka-dhaatu: mundus)とは、以下の概念を指す。


  1. ^ a b c d e f g h i j k 広辞苑第5版
  2. ^ a b c d e 広辞林 第五版
  3. ^ a b c d e f g h 岩波 哲学思想事典、1988年 pp.933-934【世界】
  4. ^ マテオ・リッチの『坤輿万国全図』がもとになっていることが多い。岡山市妙覚寺所蔵の『世界図屏風』は岡山県指定の有形文化財となっている。
  5. ^ 堺屋『東大講義録』(2003)、同『堺屋太一が説くチンギス・ハンの世界』(2006)ほか


「世界」の続きの解説一覧

世界

出典:『Wiktionary』 (2020/05/05 23:54 UTC 版)

名詞

(せかい)

  1. 地球上のあらゆる場所を含んだ土地空間
  2. 地球上のあらゆる場所にいる人々
    • 世界をあっと驚かせたい。
  3. その活動国際的著名であること。国際水準達していること。また国際的水準の高さを要求される場。
  4. ある特定人々生物などが作る社会
  5. 自分一人、または特定少数以外入り込めない場所。殻。
  6. 仏教宇宙の中のひとつの区域で、一仏教化する領域。loka-dhaatuの漢訳

発音

せかい
セ↘カイ
IPA: /sékai/
X-SAMPA:/se_Hkai/
セ↗カイ
複合語における規則的変化。(例: 世界旅行
IPA: /sekai/
X-SAMPA:/sekai/
セ↗カ↘イ
直前アクセント要求する接尾辞が付いたときの規則的変化。(例: 世界観
IPA: /sekái/
X-SAMPA:/seka_Hi/

関連語

翻訳




世界と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「世界」に関係したコラム

  • CFDのCO2排出権取引とは

    CO2排出権取引とは、欧州エネルギー取引所やBlue Nextなどで取引されているEUA(EU Allowance)先物に連動する銘柄の取引のことです。CFDのCO2排出権の価格は、「気候変動に関する...

  • CFDの小麦相場の見方

    小麦は、米やトウモロコシと並んで世界の三大穀物として世界各国で消費されています。次の図は、小麦の生産量をグラフに表したものです(アメリカ合衆国農務省調べ)。EU27か国、中国、インド、アメリカ合衆国の...

  • FXの為替レートを変動させるロンドンフィキシングとは

    ロンドンフィキシング(London Fixing)とは、マーケットメイカーがイギリスのロコ・ロンドン金市場で金の値決めをすることです。ロコ・ロンドン金市場は、世界各国のマーケットメイカーの集まる最大級...

  • FXの取引時間はいつからいつまでか

    そもそもFX(外国為替証拠金取引)には、証券取引所や先物取引所のように取引所がなく、インターバンクという仮想(バーチャル)の取引所を通じて取引が行われています。取引を行う市場をインターバンク市場と呼び...

  • ETFのセミナーの一覧

    ETFを取り扱う証券会社の中には、ETFのセミナーを開催していることがあります。また、インターネットを介した「Webセミナー」を開催しているところもあります。次の表はセミナーを開催している証券会社と過...

  • CFDのコーヒー相場の見方

    飲用として流通しているコーヒーの木には、「アラビカ種」と「ロブスタ種」の2つの品種があります。アラビカ種は世界のコーヒー生産量のおよそ80%を占めています。一方、ロブスタ種は世界のコーヒー生産量のおよ...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「世界」の関連用語

世界のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



世界のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの世界 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの世界 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS