坤輿万国全図とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 国指定文化財等データベース > 坤輿万国全図の意味・解説 

こんよばんこくぜんず-ぜんづ 【坤輿万国全図】


坤輿万国全図〈(版本)/〉

主名称: 坤輿万国全図〈(版本)/〉
指定番号 55
枝番 0
指定年月日 1990.06.29(平成2.06.29)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 歴史資料
ト書 万暦三十年七月刊記
員数 6幅
時代区分
年代 万暦30年
検索年代
解説文: 坤輿万国全図はイエズス会宣教師利瑪竇りまとう】が原図作成し、利瑪竇親交の深かった【りしそう】の協力で明の万暦三十年一六〇二)に北京刊行した木版刷り大型世界図である。世界的にも伝存するものは少なく日本では内閣文庫京都大学附属図書館ものがあるが、本図イエズス会の会章を存する完本である。
 利瑪竇当時通行していたヨーロッパ世界図に範をとり本図作成したが、太平洋が図の中央に来るように改め東アジア部分中国で得られた資料により描いた。
 本図は六幅で一面の図となるが、その内容は、卵型の主図とその周囲天文学地理学記述部分分かれる。主図は「亜細亜アジア】」「利未亜【リビア】」「欧邏巴【ヨーロツパ】」「北亜墨利加きたアメリカ】」「南亜墨利加【みなみアメリカ】」「墨瓦泥加【メガラニカ】」の五大陸区分され、仮想南方大陸メガラニカ以外はほぼ正し位置形態を示す。約一一〇〇余の地名があるが、その内約四六パーセントアジア占め、「大明一統【だいみんいつとう】」と記される中国は一五の省名をはじめ多数都市名が記載されている。地名以外に各地気候風土物産住民風俗を記した短い地誌注記利瑪竇刊記跋語【ばつご】等がある。
 主図の周囲には長文地球球体説周回説、気候帯説等が記され、アリストテレス天体構造論に基づく九重天説、日月食図、天地儀図、南北半球図等があり、ヨーロッパ新し天文学地理学知識紹介兼ねている。なおイエズス会の会章は右端第一幅に二、左端第六幅に一ある。
 本図漢字で書かれた理解しやすい世界図として中国広く受容され、明末の地理知識を豊かにした。日本へも間もなく移入され、写し作成され、渋川春海地球儀作製資料となり、本図流れを汲む地図次々と刊行される等大きな影響をもたらした。
 本図世界的希少な地図として、また東西文化交渉史、地理学史研究上等に貴重である。
 なお「坤輿万国全図」を模写し、着色したもの原図とともに伝来した図を、日本での受容あり方を示す例として併せ一括保存をはかることにした。

坤輿万国全図

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/23 05:49 UTC 版)

坤輿万国全図(こんよばんこくぜんず、正字: 坤輿萬國全圖)とは、末に作られた世界地図の一種である。「亜細亜」「赤道」などヨーロッパの言葉が中国語に翻訳されている。


  1. ^ 外務省 (2015年5月15日). “日本海~国際社会が慣れ親しんだ唯一の名称~ (PDF)”. 外務省. p. 3. 2017年6月21日閲覧。
  2. ^ 海上保安庁 海洋情報部 (2016年8月22日). “日本海呼称について|海上保安庁 海洋情報部”. 海上保安庁. 2017年6月21日閲覧。


「坤輿万国全図」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「坤輿万国全図」の関連用語

坤輿万国全図のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



坤輿万国全図のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2018 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの坤輿万国全図 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS