附属とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 人間関係 > > 附属の意味・解説 

ふ‐ぞく【付属/附属】

[名](スル)

主になるものに付き従っていること。また、そのもの。「会社に—する研究所

付属学校」の略。「—の生徒

(「付嘱」とも書く)仏語。師が弟子教えを授け、さらに後世伝えるよう託すること。付法


ふ‐ぞく【付属・附属・付嘱】

〔名〕

① (━する) 仏語。師が弟子仏法奥義伝授して、後の世伝えるよう託すること。

勝鬘経義疏(611)流通説「帝釈是仏檀越阿難是仏親侍。所以附嘱此二人也」〔法華経‐見宝塔品〕

技芸弟子伝授すること。

文机談(1283頃)五「ゐのくま殿、利秋が付属をうけさせをはします」

③ (━する) 財産子孫などに譲り渡すこと。相続させること。また、主なものの一部となって受け継ぐこと。

廬山寺文書天祿三年972五月三日天台座主良源遺告「東板屋二宇 右、永奉妙香

今昔1120頃か)二「家業及び妻子・眷属を弟に付嘱して出家して山に入ぬ」

信心録(ヒイデスの導師)(1592)四「ボンニンコト ナリテヲヤアクゴウ ヲ fuzocu(フゾク) スル ゴトク

④ (━する) 主になるもの、本体となるものにつきしたがっていること。また、その人や、もの。「大学に付属する研究所

明月記治承五年(1181)三月一八日「家領等悉付後家

弁内侍1278頃)建長元年五月堀河内大臣ともみ、〈略〉ふそくさたひら、きんたた」

(5)ふぞくがっこう付属学校)」の略。

イボタの虫1919)〈中戸川吉二〉「学習院だったか、付属だったかの小学校通ってゐる」


附属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/05 02:33 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「附属」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「附属」を含むページの一覧/「附属」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「附属」が役に立つかも知れません。(Template:Wiktionary redirect


附属

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 13:10 UTC 版)

名詞

(ふぞく)

  1. 付属別表記。

動詞

活用

サ行変格活用
附属-する



附属と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「附属」の関連用語

附属のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



附属のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの附属 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの附属 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS