講義とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 教育 > 講義 > 講義の意味・解説 

こう‐ぎ〔カウ‐〕【講義】

読み方:こうぎ

[名](スル)

学問の方法や成果また、研究対象などについて、その内容性質などを説き聞かせること。また、その説明。「学生国文学を―する」

大学授業。「―に出席する」「集中―」


講義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/21 05:56 UTC 版)

講義(こうぎ、lecture)は、大学などの高等教育機関における授業の一方法である。座学とも呼ばれる。大学設置基準(文部科学省令)では、授業の方法として、講義、演習実験実習実技定義されている。




「講義」の続きの解説一覧

講義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/03 05:33 UTC 版)

召喚少女 〜ElementalGirl Calling〜」の記事における「講義」の解説

学院では時間割に沿って授業が行われており、参加することで主人公のパラメータ上昇する。そして主人公成長そのまま召喚少女強化つながっている早めに講堂到着して準備するタイムボーナス」や、基礎科目順を追って受ける「チェインボーナス」など、能力値の上昇幅を増やす手段もある。 ただしパラメータには上限があり、レベル上げずに講義に出席し続けてもいずれ成長停止する

※この「講義」の解説は、「召喚少女 〜ElementalGirl Calling〜」の解説の一部です。
「講義」を含む「召喚少女 〜ElementalGirl Calling〜」の記事については、「召喚少女 〜ElementalGirl Calling〜」の概要を参照ください。


講義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/26 07:30 UTC 版)

敦賀貴之」の記事における「講義」の解説

学部では、二神孝一テキスト用いて動学マクロ経済学導入講義している。大学院では、マクロ経済政策分析などを担当している。講義では手作りNote配布するQuizなどで理解度をはかり、双方向型の講義を行っている

※この「講義」の解説は、「敦賀貴之」の解説の一部です。
「講義」を含む「敦賀貴之」の記事については、「敦賀貴之」の概要を参照ください。


講義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/14 03:00 UTC 版)

物性若手夏の学校」の記事における「講義」の解説

各分野活躍している講師招き研究の基礎をなすようなテーマを学ぶ。通例午前中に行われ毎日3時間を3日間、計9時間というまとまった時間をかけて学ぶ。

※この「講義」の解説は、「物性若手夏の学校」の解説の一部です。
「講義」を含む「物性若手夏の学校」の記事については、「物性若手夏の学校」の概要を参照ください。


講義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/16 23:02 UTC 版)

奥田劔志郎」の記事における「講義」の解説

憲法学主体として講義を行っている学会通説受講者解り易く説明した後に問題点浮き彫りにしながら自説展開する論文書き方意識した講義である。

※この「講義」の解説は、「奥田劔志郎」の解説の一部です。
「講義」を含む「奥田劔志郎」の記事については、「奥田劔志郎」の概要を参照ください。


講義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/28 15:56 UTC 版)

一般言語学講義」の記事における「講義」の解説

ソシュールジュネーブ大学教鞭とっていたのは1891年から1912年までの21年間だが、一般言語学についての講義を行ったのは1907年、1908-1909年、1910-1911年の僅か3回しかない。この3回の講義も、ジュネーブ大学言語学教授ヴェルトハイマー退官のため任命されたものを、嫌々引き受けたものである

※この「講義」の解説は、「一般言語学講義」の解説の一部です。
「講義」を含む「一般言語学講義」の記事については、「一般言語学講義」の概要を参照ください。


講義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/06 00:22 UTC 版)

冨田明宏」の記事における「講義」の解説

獨協大学で『全学総合講座メディア社会ロック」』Vol.3テーマ世界飲み込むアニメ」という講義を2010年10月から毎年サエキけんぞうとともに行っている

※この「講義」の解説は、「冨田明宏」の解説の一部です。
「講義」を含む「冨田明宏」の記事については、「冨田明宏」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「講義」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

講義

出典:『Wiktionary』 (2021/06/15 14:43 UTC 版)

名詞

こうぎ

  1. 学問教えたり説いたりして聞かせること、または、その内容
  2. おもに大学高等教育機関授業のこと。

例文

  • 講義はじまる時間までに、ちゃんといておくように。

類義語

翻訳

動詞

活用

サ行変格活用
講義-する

例文

翻訳


「講義」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



講義と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「講義」の関連用語

講義のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



講義のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの講義 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの召喚少女 〜ElementalGirl Calling〜 (改訂履歴)、敦賀貴之 (改訂履歴)、物性若手夏の学校 (改訂履歴)、奥田劔志郎 (改訂履歴)、一般言語学講義 (改訂履歴)、冨田明宏 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの講義 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS