言語学とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 専攻 > 言語学 > 言語学の意味・解説 

げんご‐がく【言語学】

〔名〕 言語科学的研究する学問明治時代には博言学ともいった。

国語のため(1895)〈上田万年言語学者としての新井白石茲に大先生が言語学に関して、申遺された一般事実を、取調べ見よう思ひます」


言語学

作者広瀬隆

収載図書不完全犯罪
出版社集英社
刊行年月1988.12
シリーズ名集英社文庫


言語学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/29 18:59 UTC 版)

言語学(げんごがく、: linguistics)は、人間の言語の特性、構造、機能、獲得、系統、変化などを研究する学問。下位分野として、音声学音韻論形態論統語論 (統辞論)、意味論語用論などの様々な分野がある[1]。これらの下位分野は、(表出) 音 (手話言語の場合はジェスチャー)、音素形態素意味言語使用に概ねそれぞれが対応している。


注釈

  1. ^ いくつか説明法があるが、ひとつは動機づけを説明する方法である。
  2. ^ 近年では、チョムスキーの説は、その一部が、部分的に採用されることもある、といった程度である。やや政治的な主張のような性質を備えた、あるいは、きわめて単純な見方を提供することでスッキリさせ、安心させる、つまりある意味で宗教がかったような理論体系であり、一部の読者がまるで何かの宗教に入信した信者のように、チョムスキーの説で頭が一杯になってしまい、まるで洗脳されたようになってしまい、現実の言語の複雑な諸事実を受け入れられなくなってしまうこともあった。(数十年前はチョムスキーの著書が提供する、まるで宗教の経典類の世界観のような、きわめてシンプルな説明方法に熱狂して、そうした洗脳状態になってしまう人も多かったが)近年は、かなり沈静化している。
  3. ^ 『人が単に過去に見聞きした表現それ自体からではなく、“colorless green ideas sleep furiously” のように語義からは意味をなさない、ありえないような文であっても、この例文の場合は英語話者であれば、構文的には(文法的には)適切な文であると判断できるのは、生得的にヒトの脳のどこかに文法に従って文を認識する能力があるからだ』と仮定し、その文法を「普遍文法」と呼んだ(チョムスキーらによる仮説、ヒトの成長段階で、その生得能力がどのように英語や日本語などの各言語の能力となるのか等といった点については普遍文法の記事を参照)。この仮説は同時に、文法を基にして任意に新しい文を作ることができる、という能力をも説明するものだとされている。 人類の言語の文法には再帰があるが、2020年現在、人類以外の、いわゆる「動物の言語」( en:Animal language )の「文法」では再帰は見つかっていない。普遍文法仮説はそれがヒトだけのものとしているので、動物の言語で、再帰を含む文法がもし見つかれば、ヒトだけのものとする主張は修正が必要になる(ここで述べている再帰とは専門的には、例えば「極小主義プログラム」で Merge と呼ばれて研究されているものである。en:Merge (linguistics) を参照)。

出典

  1. ^ 言語学 - 広辞苑。(参考)
  2. ^ a b c d 日本大百科全書』(ニッポニカ)、言語学
  3. ^ McArthur, Tom (1996), The Concise Oxford Companion to the English Language, Oxford University Press (ISBN 0198631367)
  4. ^ 「新インド学」p17 長田俊樹 角川書店 平成14年11月10日初版発行
  5. ^ Nöth, Winfried (1990). Handbook of Semiotics. Indiana University Press. ISBN 978-0-253-20959-7. https://salahlibrary.files.wordpress.com/2017/03/handbook-of-semiotics.pdf 
  6. ^ Hjelmslev, Louis (1969). Prolegomena to a Theory of Language. University of Wisconsin Press. ISBN 0-299-02470-9 
  7. ^ de Saussure, Ferdinand (1959). Course in general linguistics. New York: Philosophy Library. ISBN 978-0-231-15727-8. https://monoskop.org/images/0/0b/Saussure_Ferdinand_de_Course_in_General_Linguistics_1959.pdf 
  8. ^ Austin, Patrik (2021). “Theory of language: a taxonomy”. SN Social Sciences 1 (3). doi:10.1007/s43545-021-00085-x. https://link.springer.com/article/10.1007/s43545-021-00085-x 2021年8月2日閲覧。. 
  9. ^ Schäfer, Roland (2016). Einführung in die grammatische Beschreibung des Deutschen (2nd ed.). Berlin: Language Science Press. ISBN 978-1-537504-95-7. https://www.oapen.org/download?type=document&docid=620310 
  10. ^ Halliday & Matthiessen (2004). An Introduction to Functional Grammar (3rd ed.). London: Hodder. ISBN 0-340-76167-9. http://www.uel.br/projetos/ppcat/pages/arquivos/RESOURCES/2004_HALLIDAY_MATTHIESSEN_An_Introduction_to_Functional_Grammar.pdf 
  11. ^ Daneš, František (1987). “On Prague school functionalism in linguistics”. In Dirven & Fried. Functionalism in Linguistics. John Benjamins. pp. 3–38. ISBN 978-90-272-1524-6 
  12. ^ Everaert, Huybregts, Chomsky, Berwick & Bolhuis (2015). “Structures, not strings: linguistics as part of the cognitive sciences”. Trends in Cognitive Sciences 19 (12): 729–743. doi:10.1016/j.tics.2015.09.008. PMID 26564247. https://www.researchgate.net/publication/283666865 2021年8月3日閲覧。. 
  13. ^ Chomsky, Noam (2015). The Minimalist Program (2nd ed.). MIT Press. ISBN 978-0-262-52734-7 
  14. ^ Arbib, Michael A. (2015). “Language evolution – an emergentist perspective”. In MacWhinney & O'Grady. Handbook of Language Emergence. Wiley. pp. 81–109. ISBN 978-1-118-34613-6 
  15. ^ Tobin, Vera (2014). “Where do cognitive biases fit into cognitive linguistics?”. In Borkent. Language and the Creative Mind. Chicago University Press. pp. 347–363. ISBN 978-90-272-8643-7. http://www.academia.edu/download/37200544/WhereDoCognitiveBiases.pdf 
  16. ^ del Carmen Guarddon Anelo, María (2010). “Metaphors and neuro-linguistic programming”. The International Journal of Interdisciplinary Social Sciences 5 (7): 151–162. doi:10.18848/1833-1882/CGP/v05i07/51812. 
  17. ^ Ibarretxe-Antuñano, Iraide (2002). “MIND-AS-BODY as a Cross-linguistic Conceptual Metaphor”. Miscelánea 25 (1): 93–119. https://www.researchgate.net/publication/272507067 2020年7月15日閲覧。. 
  18. ^ Gibbs & Colston (1995). “The cognitive psychological reality of image schemas and their transformations”. Cognitive Linguistics 6 (4): 347–378. doi:10.1515/cogl.1995.6.4.347. 
  19. ^ Luodonpää-Manni, Penttilä & Viimaranta (2017). “Introduction”. In Luodonpää-Manni & Viimaranta. Empirical Approaches to Cognitive Linguistics: Analyzing Real-Life Data. Cambridge University Press. ISBN 978-1-4438-7325-3. https://www.cambridgescholars.com/product/978-1-4438-7325-3  エラー: 日付が正しく記入されていません。
  20. ^ Pleyer & Winters (2014). “Integrating cognitive linguistics and language evolution research”. Theoria et Historia Scientiarum 11: 19–44. doi:10.12775/ths-2014-002. https://apcz.umk.pl/czasopisma/index.php/THS/article/viewFile/ths-2014-002/4967 2021年8月3日閲覧。. 
  21. ^ Evans & Green (2006). Cognitive Linguistics. An Introduction. Routledge. ISBN 0-7486-1831-7 
  22. ^ Croft, William (2008). “Evolutionary linguistics”. Annual Review of Anthropology 37: 219–234. doi:10.1146/annurev.anthro.37.081407.085156. http://www.afhalifax.ca/magazine/wp-content/sciences/LaLoiDeGrimm/annurev.anthro.37.081407.pdf 2021年8月3日閲覧。. 
  23. ^ Cornish, Tamariz & Kirby (2009). “Complex adaptive systems and the origins of adaptive structure: what experiments can tell us”. Language Learning 59: 187–205. doi:10.1111/j.1467-9922.2009.00540.x. https://www.research.ed.ac.uk/portal/files/8777212/complex_adaptive_systems.pdf 2021年8月3日閲覧。. 
  24. ^ Sinnemäki & Di Garbo (2018). “Language Structures May Adapt to the Sociolinguistic Environment, but It Matters What and How You Count: A Typological Study of Verbal and Nominal Complexity”. Frontiers in Psychology 9: 187–205. doi:10.3389/fpsyg.2018.01141. PMC 6102949. PMID 30154738. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6102949/. 
  25. ^ Dahl, Östen (2001). “Grammaticalization and the life cycles of constructions”. RASK – Internationalt Tidsskrift for Sprog og Kommunikation 14: 91–134. 
  26. ^ Kirby, Simon (2013). “Transitions: the evolution of linguistic replicators”. In Smith. The Language Phenomenon. The Frontiers Collection. Springer. pp. 121–138. doi:10.1007/978-3-642-36086-2_6. ISBN 978-3-642-36085-5. http://www.labex-whoami.fr/images/documents/kirby_Labex_JC_paper.pdf  エラー: 日付が正しく記入されていません。
  27. ^ Zehentner, Eva (2019). Competition in Language Change: the Rise of the English Dative Alternation. De Gruyter Mouton. ISBN 978-3-11-063385-6 
  28. ^ MacWhinney, Brian (2015). “Introduction – language emergence”. In MacWhinney & O'Grady. Handbook of Language Emergence. Wiley. pp. 1–31. ISBN 978-1-118-34613-6 
  29. ^ Nettle, Daniel (1999). “Functionalism and its difficulties in biology and linguistics”. In Darnell. Functionalism and Formalism in linguistics, 1. Studies in Language Companion Series. 41. John Benjamins. pp. 445–468. doi:10.1075/slcs.41.21net. ISBN 978-1-55619-927-1 
  30. ^ Croft, William (2015). “Functional Approaches to Grammar”. In Wright. International Encyclopedia of the Social and Behavioral Sciences. 9 (2nd ed.). Elsevier. pp. 6323–6330. doi:10.1016/B978-0-08-097086-8.53009-8. ISBN 978-0-08-097087-5 



言語学

出典:『Wiktionary』 (2020/03/28 02:21 UTC 版)

名詞

  げんごがく

  1. 人間が話す言語本質構造変遷などを科学的研究する学問

複合語

下位語

複合語に示すものを除く)

関連語

翻訳




言語学と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「言語学」の関連用語

言語学のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



言語学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの言語学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの言語学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS