コミュニケーション学とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > コミュニケーション学の意味・解説 

コミュニケーション学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/22 09:07 UTC 版)

コミュニケーション学(コミュニケーションがく、英語: Communication studies)は、時空間の隔離を超えてシンボルを共有する行為と定義されるコミュニケーションの過程を扱う学問分野である。このためコミュニケーション学は、対面の会話から、演説、さらにはテレビ放送のようなマスメディアまで、幅広い主題や文脈にまたがるものとなる。学問としてのコミュニケーション学は、情報を受け手がどう解釈するのかといった点や、文脈の中で発話や言語がもつ政治的、文化的、経済的、社会的側面に、しばしば関心を寄せる。




  1. ^ Claude Shannon, "A Mathematical Theory of Communication", Bell System Technical Journal, vol. 27, pp. 379–423 and 623–656, 1948. オンライン版, PDF
  2. ^ Herbert A. Wichelns, "The Literary Criticism of Oratory," in Studies in Rhetoric and Public Speaking in Honor of James Albert Winans (New York: The Century Co., 1925), 181–216.
  3. ^ Martin J. Medhurst, "The Academic Study of Public Address: A Tradition in Transition," in Landmark Essays in American Public Address, ed. Martin J. Medhurst (Hermagoras Press 1993), p. xv.
  4. ^ Martin J. Medhurst, "The Academic Study of Public Address: A Tradition in Transition," in Landmark Essays in American Public Address, ed. Martin J. Medhurst (Hermagoras Press 1993), p. xix.
  5. ^ Paris, France: Librairie Hermann & Cie, and Cambridge, MA: MIT Press.Cambridge, MA: MIT Press.
  6. ^ Urbana: University of Illinois Press, 1949. ISBN 0-252-72548-4. その原型となった第二次世界大戦中に展開されたシャノンとウィーバーの業績は、1948年に初めてベル研究所の学術誌に掲載された。Claude Shannon, "A Mathematical Theory of Communication", Bell System Technical Journal, vol. 27, pp. 379–423 and 623–656, 1948. オンライン版, PDF
  7. ^ Ramsey, Richard David (1990). The life and work of Jay R. Gould. Journal of Technical Writing and Communication 20, 19-24.
  8. ^ 例えば、アイオワ州立大学The PhD in Rhetoric and Professional Communicationテキサス工科大学PhD, Technical Communication & Rhetoric など。
  9. ^ 日本語では「培養理論」「涵養理論」などと訳されることがある。
  10. ^ McCombs, M.E., and D.L. Shaw. (1972) The Agenda-Setting Function of Mass Media. Public Opinion Quarterly, Vol. 36 p.176-187


「コミュニケーション学」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「コミュニケーション学」の関連用語

コミュニケーション学のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



コミュニケーション学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコミュニケーション学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS