サイバネティックスとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 専攻 > 学問 > サイバネティックスの意味・解説 

サイバネティクス


サイバネティックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/13 09:04 UTC 版)

サイバネティックス英語: cybernetics)は、通信工学制御工学を融合し、生理学機械工学システム工学、さらには人間、機械の相互関係(コミュニケーション)を統一的に扱うことを意図して作られ、発展した学問。


注釈

  1. ^ ラテン文字表記kybernētēs

出典

  1. ^ 杉本, 舞 (2008-01-31) (日本語), ウィーナーの「サイバネティクス」構想の変遷 : 1942年から1945年の状況, 京都大学文学部科学哲学科学史研究室, doi:10.14989/56991, https://doi.org/10.14989/56991 2021年10月5日閲覧。 
  2. ^ 高橋秀俊『コンピューターへの道』p. 44
  3. ^ 『サイバネティクスと鉄道 ―小田達太郎と鉄道通信―』1983年 (社)鉄道通信協会編集兼発行


「サイバネティックス」の続きの解説一覧

サイバネティックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 10:01 UTC 版)

ベルタランフィ同時期に、システム側から生物システムの関係を研究していたのが、MITノーバート・ウィーナーらのサイバネティックス研究である。1940年ウィーナーアメリカ国防研究委員会NDRC主導研究加わり対空高射砲射撃制御自動追随装置開発を始める。その研究課題について友人神経生理学者、アルトゥーロ・ローゼンブリュート(英語版)に話をしたことからフィードバック制御という人体働きとの共通点気づき共同で研究を行うことになった航空機による戦い主役となった第二次世界大戦では、対空砲などの兵器では、敵機動き計測しその動き予測しながら尚且その目的に弾を当てるための制御開発急務であったフィードバック制御理論取り入れて開発されたのがサーボ機構である。1942年ウィーナーは、ローゼンブリュートらとの共同論文Extrapolation, Interpolation and Smoothing of Stationary Time Series with Engineering Applications」を「脳抑制会議 (The cerebral Inhibition Meeting)」の場発表する。この会議では、社会学者生理学者神経学者多く出席していた。この脳抑制会議が「サイバネティックス会議」とも呼ばれた戦後の「生物学社会科学におけるフィードバック機構循環因果律システムに関する会議 (The Feedback Mechanisms and Circular Causal Systems in Biology and the Social Sciences Meeting)」いわゆるメイシー会議つながっていく

※この「サイバネティックス」の解説は、「システム思考」の解説の一部です。» 「システム思考」の概要を見る


サイバネティックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/11 03:32 UTC 版)

「サイバネティックス」を参照 若干著者が、用語「サイバネティックス」と「システム理論」、すなわち、フィードバックループを含むそれらのシステムクラス適切な下位グループを示すために使うが、用語「システム理論」と「サイバネティックス」は広く同義語として使用された(ここの記述英語版Wikipedia記事 en:Cybernetics and Systems Theory由来するようだが、削除されしまっているためよくわからない)。 サイバネティックス、カタストロフ理論(Catastrophe theory)、カオス理論複合性理論がそれらの対話に関して多数相互に相互作用している、そして相関関係を持っている部分から成り立複雑なシステム説明する共通のゴールを持っている。セル・オートマトン(CA)、ニューラルネットワーク(NN)、人工知能(AI)、そして人工生命(ALife)は関連した分野である、しかしそれらは一般的な普遍的な複雑な奇異なシステム記述しようとしない複雑なシステムについて異なった"C"-理論を比較する最も良い文脈歴史的である、そしてそれは今、初め純粋な数学から純粋なコンピュータサイエンスまで、異なったツール方法論強調するエドワード・ローレンツ彼のコンピュータ偶然に奇妙な誘引物質発見したカオス理論初めからコンピュータ情報不可欠な情報提供者になった。人はコンピュータなしで今日複雑なシステム研究想像することができなかったのである。

※この「サイバネティックス」の解説は、「一般システム理論」の解説の一部です。» 「一般システム理論」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「サイバネティックス」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



サイバネティックスと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

サイバネティックスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



サイバネティックスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリサイバネティクスの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサイバネティックス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのシステム思考 (改訂履歴)、一般システム理論 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS