サイバネティックスとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 専攻 > 学問 > サイバネティックスの意味・解説 

サイバネティックス【cybernetics】


サイバネティクス

別名:サイバネティックス
【英】cybernetics

サイバネティクスとは、機械自動制御動物神経系機能類似性関連性テーマ研究する、心理学生物学物理学数学等を包括した科学総称である。

アメリカ情報理論大家であるノーバート・ウィーナーNorbert Wiener)が、1948年初め発表したサイバネティクス理論は、生物機械の間に情報やりとりコントロール仕組みなどに関する類似性があることに着目し、自然から人工機構まで含めた多種多様学問領域協同して取り組む新し研究課題への道を切り開いた。

この理論は、電子技術発展過程登場したコンピュータ技術応用とも結びついて、今日各種情報システムロボット技術などの実用化貢献している。

さらに、経済活動生き物としてとらえ、市場メカニズム問題をサイバネティクスの視点から研究している人もいる。


参照リンク
Cybernetics and Systems Theory - (Principia Cybernetica Web

サイバネティックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/04 02:41 UTC 版)

サイバネティックス英語: cybernetics)または人工頭脳学(じんこうずのうがく)は、通信工学制御工学を融合し、生理学機械工学システム工学を統一的に扱うことを意図して作られた学問。語源は、ギリシャ語で「(船の)舵を取る者」を意味するキベルネテスギリシア語: Κυβερνήτης[1])。第二次世界大戦の後、ノーバート・ウィーナーによって提唱された。当時はまだ情報理論の発展する前であり、自動制御とフィードバックがそれぞれ発展しても、両方の関連を認識することにすら年数を要した、という時代であった[2]


  1. ^ ラテン文字表記kybernētēs
  2. ^ 高橋秀俊『コンピューターへの道』p. 44
  3. ^ 『サイバネティクスと鉄道 ―小田達太郎と鉄道通信―』1983年 (社)鉄道通信協会編集兼発行


「サイバネティックス」の続きの解説一覧



サイバネティックスと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「サイバネティックス」の関連用語

サイバネティックスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



サイバネティックスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリサイバネティクスの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサイバネティックス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS