フィードバックとは?

フィードバック

英語:feedback

フィードバック(英:feedback)とは、ある系の出力入力側に戻す操作のこと。英語のfeedbackは、「食べ物与える」という意味の「feed」と、「返す」という意味の「back」が組み合わさった単語である。転じて、フィードバックする内容は、返される側にとって活かせるものや糧になるものを示す。日本語に訳するなら文脈に応じて反応意見帰還などの語が対応し得る

ビジネスシーンでは、目標達成に向けたアクション軌道修正をしたり動機付けをしたりする際に行われる。この際、「お客様から企業側に」「上司から部下に」など、立場上の人から下の人行われることが比較的多い。

その他、心理学教育学電子工学生物学などのシーンでも、フィードバックという言葉使用される。心理学教育学分野では、行動反応結果参考にして修正し、より適切なものにしていく際に使用する。電子工学では、出力目標の値に一致させるための制御方法のことを説明する際に使用する。そして生物学では、ホルモン分泌液などの物質による最終的働き効果が、はじめの段階に戻って作用する際に使用する。

例文
今回プロジェクト成功したのは、チーム内で細かなフィードバックを重ねたからだろう。
上司からのフィードバックに納得できない
・フィードバックがないと成長できないと思う。

リアクション」や「意見」が類語として挙げられるが、リアクションは単純な「反応」、意見は「ある問題対す考え」を指す言葉であるため、定義としては異なる。対義語としては「フィードフォワード」が挙げられる。これは、パフォーマンスにおける問題点指摘せず「解決策」にフォーカスする、未来志向単語である。

フィードバックシートとは、企業などにおいて、フィードバックが行いやすいよう定型化されたフォーマットのこと。

フィードバック [4]feedback

スル
入力出力あるシステムで、出力に応じて入力変化させること。増幅器自動制御などの電気回路多く使われる。帰還
心理学教育学で、行動反応その結果参考にして修正し、より適切なものにしていく仕組み
転じて結果原因反映させて自動的調節していくこと。 消費者の声を生産者に-する

フィードバック

【英】feedback

フィードバックは、顧客とのよい関係を構築するために、極めて重要な用語になる。一般的に、フィードバックは、結果に応じて原因調整すること(社会・心理)、あるいは単に反応感想意見の意味があるマーケティング世界では、レスポンスを得た消費者に対し(見込み客)、メッセージどのように受け取ったか、どんな環境で受け取ったか、受け取っ態度気分はどうだったかの情報収集することをいう。つまり、マーケティング・アクションに対し、どのように感じたか(結果)を把握するために調査し、マーケティング・アクションにその調査結果利用し、修正していく必要がある

フィードバック

【英】feedback

元来制御工学の用語。システム目的追求するために、そのアウトプット情報使用して、インプットコントロールする働きのことをいう。経営においては過去結果から問題点把握し、逐次的修正繰り返すことによって、適正な企業行動をとることができるようにするための働きを意味する言葉として使用されている。

フィードバック

同義/類義語:フィードバックシステム, フィードバック制御, フィードバック調節
英訳・(英)同義/類義語:feedback, Feedback positive

一般的に、ある反応や系が原因となって生じた事象が、もとの反応や系に影響もたらすこと。抑制的に働く負のフィードバック負帰還)と促進的に働く正のフィードバック正帰還)があり、自動制御原理である。生物では、ホメオスタシス維持する重要な機能である。

フィードバック

情報発信元に戻すことです。

フィードバック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/04 07:49 UTC 版)

フィードバック(feedback)とは、もともと「帰還」と訳され、ある系の出力(結果)を入力(原因)側に戻す操作のこと。古くは調速機(ガバナ)の仕組み[1]が、意識的な利用は1927年のw:Harold Stephen Blackによる負帰還増幅回路発明に始まり、サイバネティックスによって厳密に体系化されて広められた。システムの振る舞いを説明する為の基本原理として、エレクトロニクスの分野で増幅器の特性の改善、発振・演算回路及び自動制御回路などに広く利用されているのみならず、制御システムのような機械分野や生物分野、経済分野などにも広く適用例がある。自己相似を作り出す過程であり、それゆえに予測不可能な結果をもたらす場合もある。21世紀に入り、多種多様なサービスで不可欠になった情報システムも、フィードバック制御を前提として開発されている。


  1. ^ 記録にある機器で古いものとしては、1600年頃の人コルネリウス・ドレベルによるサーモスタットがある。


「フィードバック」の続きの解説一覧

フィードバック

出典:『Wiktionary』 (2018/07/01 22:32 UTC 版)

名詞

  1. 結果原因反映させること。
  2. 自己調節帰還

語源

  • 英語:feedback.



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「フィードバック」の関連用語

フィードバックのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



フィードバックのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2020by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2020by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
JabionJabion
Copyright (C) 2020 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
Supplement Kuchikomi RankingSupplement Kuchikomi Ranking
(C)2020 All Rights Reserved. 健康食品のあり方を考える日本サプリメント評議会の運営です。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフィードバック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのフィードバック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS