符号とは?

ふ‐ごう〔‐ガウ〕【符号】

事物検索指示のためにつけておく、簡単な文字図形。しるし。

ある情報伝達するために体系的に使われる記号文字以外のものについていう。長音符号モールス符号など。

記号[用法]

数学で、数の正と負を表す記号。「+」と「−」の記号


ふ‐ごう ‥ガウ 【符号】

〔名〕

① しるし。相互関連つきあわせるためにつけておく目じるし。事物検索の目じるしとしてつけておく簡単な文字、その他の図形あいじるし

蘭東事始(1815)上「先符号を付置べしとて、丸の内十文字を引きて記し置たり」

② ある情報伝えたり、ある事柄を表わしたりするためにきめられたしるし。文字以外のしるしによる場合もあり、文字利用したしるしによる場合もある。電信符号モールス符号くり返し符号、句切り符号など。

小学化学書(1874)〈文部省〉三「O或はHgの符号は徒に汎く定なき酸素或は水銀称ふるに非ずして」

数学で、正の数負の数表わす記号、すなわち、正号「+」および負号「−」のこと。〔改訂増補哲学字彙(1884)〕


符号

読み方:フゴウfugou

双方割符まちがいなく合うこと。

誤字の訂正について
上記の解説には誤字、記述の誤りがございます。下記の通り訂正いたします。

【誤】 符号

【正】 符合


符号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/01 12:41 UTC 版)

符号理論において、符号(ふごう)またはコード: code)とは、シンボルの集合S, Xがあるとき、Sに含まれるシンボルのあらゆる系列から、Xに含まれるシンボルの系列への写像のことである。S情報源アルファベットX符号アルファベットという。すなわち符号とは、情報の断片(例えば、文字ジェスチャーなど)を別の形態や表現へ(ある記号から別の記号へ)変換する規則であり、変換先は必ずしも同種のものとは限らない。




「符号」の続きの解説一覧

符号

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 05:38 UTC 版)

名詞

ふごう

  1. ある情報表すために体系的作られた記号
  2. 正数負数を表す記号

発音(?)

ふ↗ごー



符号と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「符号」の関連用語

符号のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



符号のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの符号 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの符号 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS