符号とは? わかりやすく解説

ふ‐ごう〔‐ガウ〕【符号】

読み方:ふごう

事物検索指示のためにつけておく、簡単な文字図形。しるし。

ある情報伝達するために体系的に使われる記号文字以外のものについていう。長音符号モールス符号など。

記号[用法]

数学で、数の正と負を表す記号。「+」と「-」記号


符号

読み方:フゴウfugou

双方割符まちがいなく合うこと。

誤字の訂正について
上記の解説には誤字、記述の誤りがございます。下記の通り訂正いたします。

【誤】 符号

【正】 符合


符号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/01 12:41 UTC 版)

符号理論において、符号(ふごう)またはコード: code)とは、シンボルの集合S, Xがあるとき、Sに含まれるシンボルのあらゆる系列から、Xに含まれるシンボルの系列への写像のことである。S情報源アルファベットX符号アルファベットという。すなわち符号とは、情報の断片(例えば、文字ジェスチャーなど)を別の形態や表現へ(ある記号から別の記号へ)変換する規則であり、変換先は必ずしも同種のものとは限らない。




「符号」の続きの解説一覧

符号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/12 01:47 UTC 版)

古代ギリシア語の文法」の記事における「符号」の解説

発音区別を表す符号には気息記号アクセント記号がある。

※この「符号」の解説は、「古代ギリシア語の文法」の解説の一部です。
「符号」を含む「古代ギリシア語の文法」の記事については、「古代ギリシア語の文法」の概要を参照ください。


符号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/13 08:45 UTC 版)

ウェクスラー成人知能検査」の記事における「符号」の解説

視覚的-運動協応、運動心のスピード

※この「符号」の解説は、「ウェクスラー成人知能検査」の解説の一部です。
「符号」を含む「ウェクスラー成人知能検査」の記事については、「ウェクスラー成人知能検査」の概要を参照ください。


符号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/24 04:39 UTC 版)

クメール文字」の記事における「符号」の解説

クメール文字の符号は固有のユニークなものを使用する単語単語間のわかち書き無く区切ら表記されるが、文末打たれる日本語読点に当たるものは楽譜8分休符に似ている。ラテン系のものを使用するときもある。

※この「符号」の解説は、「クメール文字」の解説の一部です。
「符号」を含む「クメール文字」の記事については、「クメール文字」の概要を参照ください。


符号(ふごう)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 03:11 UTC 版)

将棋用語一覧」の記事における「符号(ふごう)」の解説

将棋の符号はある地点盤上駒を動かすときに表される表し方として示されている。

※この「符号(ふごう)」の解説は、「将棋用語一覧」の解説の一部です。
「符号(ふごう)」を含む「将棋用語一覧」の記事については、「将棋用語一覧」の概要を参照ください。


符号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/11 00:07 UTC 版)

KU」の記事における「符号」の解説

クルド語ISO 639-1言語コード クウェート航空IATA航空会社コード自動車のナンバープレートで、国際ナンバーにつけられる地名のひとつ日本の地名の「熊」(熊本にあたる

※この「符号」の解説は、「KU」の解説の一部です。
「符号」を含む「KU」の記事については、「KU」の概要を参照ください。


符号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/13 07:14 UTC 版)

レーマー符号」の記事における「符号」の解説

レーマー符号は、n 個の数の置換n ! = n × ( n − 1 ) × ⋯ × 2 × 1 {\displaystyle n!=n\times (n-1)\times \cdots \times 2\times 1} 個存在するという事実を利用している。置換 σ は 1, …, n の像の列 (σ1, …, σn) によって表すなら、n 個の数の並びによって符号化されることになる。しかし、こうした並びに置換表さないもの(同じ数を二度使ったもの)も含まれている。ここで考察する符号は、先頭の数を n 個の数から選び次の数は n − 1 個の数から選び、そうしていって、最後の数はたった1個の数から選んでできるものであるレーマー符号は、次の列である。 L ( σ ) = ( L ( σ ) 1 , … , L ( σ ) n ) where L ( σ ) i = # { j > i : σ j < σ i } {\displaystyle L(\sigma )=(L(\sigma )_{1},\ldots ,L(\sigma )_{n})\quad {\text{where}}\quad L(\sigma )_{i}=\#\{j>i:\sigma _{j}<\sigma _{i}\}} 記号 L(σ)i は、σi+1, …, σn のうち σi より小さいものの個数といえる

※この「符号」の解説は、「レーマー符号」の解説の一部です。
「符号」を含む「レーマー符号」の記事については、「レーマー符号」の概要を参照ください。


符号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/04 14:17 UTC 版)

ラリ」の記事における「符号」の解説

2014年ジョージア国立銀行新しくラリ記号「₾」を制定した。この記号公募によって決められグルジア文字ラリ頭文字にあたる「ლ」(U+10DA, /l/ の音を表す)にもとづいている。

※この「符号」の解説は、「ラリ」の解説の一部です。
「符号」を含む「ラリ」の記事については、「ラリ」の概要を参照ください。


符号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/23 10:16 UTC 版)

Z (軍隊符号)」の記事における「符号」の解説

ウクライナ軍によると、2022年ロシアのウクライナ侵攻際にロシア連邦軍次のような意味で符号を使用した。 Z: 東部軍管区からのロシア連邦軍 🅉 (四角内): クリミア半島からのロシア連邦軍 O: ベラルーシからの軍 V: ロシア海軍歩兵 X: チェチェン共和国軍 (カディロフツィ) A: 緊急対応特殊課アルファ部隊特殊作戦軍を含む特殊部隊

※この「符号」の解説は、「Z (軍隊符号)」の解説の一部です。
「符号」を含む「Z (軍隊符号)」の記事については、「Z (軍隊符号)」の概要を参照ください。


符号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/16 04:54 UTC 版)

JK」の記事における「符号」の解説

鉄道サインシステムにおいて、JR根岸線京浜東北線 (JrKeihintōhoku)、JR筑肥線 (Jr) の路線記号として用いられるスペインにかつて存在した航空会社スパンエアーIATA航空会社コードNHK金沢放送局 (JOJK) ICカード乗車券SUGOCAカード番号の名称

※この「符号」の解説は、「JK」の解説の一部です。
「符号」を含む「JK」の記事については、「JK」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「符号」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

符号

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 05:38 UTC 版)

名詞

ふごう

  1. ある情報表すために体系的に作られた記号
  2. 正数負数を表す記号

発音(?)

ふ↗ごー

「符号」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



符号と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「符号」の関連用語

符号のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



符号のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの符号 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの古代ギリシア語の文法 (改訂履歴)、ウェクスラー成人知能検査 (改訂履歴)、クメール文字 (改訂履歴)、将棋用語一覧 (改訂履歴)、KU (改訂履歴)、レーマー符号 (改訂履歴)、ラリ (改訂履歴)、Z (軍隊符号) (改訂履歴)、JK (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの符号 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS