ビットとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > ビット > ビットの意味・解説 

ビット [0]bit

binary digit の略
二進法で用いられる数字の 0 または 1 。
情報量を示す単位真・偽表現するための最小単位。 → バイト

bit ビット

binary digit
ビット

ビット

【英】bits

二進数字の短縮表示コンピュータ情報最小単位。トランスミットされるビット数(ビット・レートという)のスピードは、通常秒速「ビット・バー・セカンド【bps】」で表す。

ビット

読み方:ビット
【英】:bit

関連するカテゴリ
プログラマブルターミナルコントロール機器共通

バイナリーデジットを縮めたもので、2進数の1を表し、1か0のいずれかで、情報量最小単位


ビット 【bit】

バイナリーディジット(binary digit)すなわち2進数字の略で、2進法で用いる0と1二つ数字を示す。また、情報量単位としても使われる。

ビット [bit]


ビット

【英】bit

ビットとは、コンピュータが処理す最小単位のことである。「BInary digiT」がその語源とされている。

ビットは、2進数0と1対応しているコンピュータでは通常8ビット(1バイト)を1つ単位として扱い、1バイトは、0から2進数1111111110進数255)までが表現可能となる。

コンピュータ内部四則演算では、ビットをシフトして処理することが多い。例えば、数値を2で割る時は、ビットの内容を右にシフトすることで結果求められる

なお、ビットは、JIS規格で、ビットの概念提案者で情報理論創始者と言われるクロード・シャノンにちなんで、シャノンと定義されている。ただし、プログラム開発現場において、シャノン実際に使用されている例は少ない。

情報処理のほかの用語一覧
単位:  バイト  ペタ  ペタバイト  ビット  ピコ  フェムト  フェムトメートル

ビット

読み方: びっと
【英】: bit, drilling bit
同義語: drilling bit  

坑井掘削するためにドリル・ストリング先端取り付けられて坑底の岩石を砕きまたは削って掘り進む錐{きり}、もしくは鑿{のみ}の役目を果たす道具をビットという。
現在、油・ガス井の掘削に普通に用いられるビットはローラー・コーン・ビットとドラッグ・ビットに分類されるが、その大部分前者である。ローラー・コーン・ビットには円すい形をした 3 個(特殊なビットでは 2 個)のカッターコーン)が丈夫なベアリング取り付けられており、ビットを回転させると同時にドリル・カラー重量一部をかけてやると、これらのカッターそれぞれ回転しながら岩石を砕いていく。コーンが 3 個のビットをトリコーン・ビットという。ビットのボデー部分には通常 3 個のノズル下向き取り付けられていて、そこから掘削流体ジェット噴流となって吹き出しカッターで砕かれた岩石破片を吹き飛ばして常に新し地層掘削できるようにすると同時にカッターに掘りくずが張り付くのを防いでいる。また、地層が非常に軟らかい場合には、このジェット噴流はそれ自身でも地層掘進する。カッター形式には、円すい形のコーン外側に歯を刻んだミルド・ツース・タイプと、超硬合金チップ埋め込んだインサート・タイプがあり、それぞれ適用地層硬軟程度によって数多く種類がある。ベアリング種類多くローラー・ベアリングボール・ベアリング組み合わせただけのもの、これにシール機構加えて潤滑油密封したもの密封した潤滑油圧力バランス機構施したもの、特殊合金との面接触によって大きビット荷重支え得るようにしたフリクション・ベアリング(ジャーナル・ベアリング)などがある。ドラッグ・ビットのうち現在も盛んに使われているのはダイヤモンド・ビットである。これは、ダイヤモンドの粒をタングステン・カーバイドマトリックス埋め込み鉄製ボデーの上焼き固めて作ったビットで、通常のロータリー掘削のほか、ダウンボール・モーター組み合わせて使われることも多い。このほか、比較新しタイプに、大粒人造ダイヤモンドを使った PDC(polycrystalline diamond compact)ビットがある。これは、PDC商標名をとってストラタパックス・ビットとも呼ばれる従来天然ダイヤモンドを使ったビットが地層に細かい鑢{やすり}をかけるようなものであるに対してPDC ビットは鉋{かんな}をかけるようにして地層を削っていくので、大き掘進率期待できるのが特徴である。

ビット Bit

  ロータリー掘削は,ドリルパイプ先端一種の“キリ”を取り付け,これを高速回転させ下向き推力与えながら,岩石を砕き,削って地中を掘り進む。このキリあるいは役目を果たす道具をビットと呼ぶ。ビットは主に,回転運動により掘削するロータリービットと,上下運動により掘削するハンマービットの2種類に分類される。ロータリービットはベアリング機構有するローラーコーンビットと,ベアリング機構を持たないフィックスドカッタービット2種類がある。ビットの選択は,地層タイプにより決められる。
ビット
分野 掘削機器用語
同義語  
関連用語 ローラーコーンビット, フィックスドカッタービット, バジャービット, ブレードビット, エアーパーカッションビット, コアビット, ビットノズル, ブレイクイーブンカーブ, ビットプレッシャードロップ
類似語  
略語  
ビット
ビット 出典 HUGHES CHRISTENSEN社のホームページ
ビット
ビット 出典 RBI-GEARHART社のホームページ
ビット

ビット

名前 VittWitt

ビット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/17 09:14 UTC 版)

ビット(bit)は、情報理論コンピューティング、デジタル通信における情報の基本単位英語版である。二進数の1桁のことであり、その名前はbinary digitの2語の一部を組み合わせた語(かばん語)である[1]




  1. ^ Coded Character Sets, History and Development (1 ed.). Addison-Wesley Publishing Company, Inc.. (1980). p. x. ISBN 978-0-201-14460-4. LCCN 77--90165. オリジナルの2016-11-18時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161118230039/https://books.google.com/books?id=6-tQAAAAMAAJ 2016年5月22日閲覧。.  [1]
  2. ^ Understanding Information Transmission, (2006) 
  3. ^ Digital Communications, (2006) 
  4. ^ IEEE Std 260.1-2004
  5. ^ Units: B”. 2016年5月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月1日閲覧。
  6. ^ Information theory and coding. McGraw-Hill. (1963). 
  7. ^ a b “A Mathematical Theory of Communication”. Bell System Technical Journal 27 (3): 379–423. (July 1948). doi:10.1002/j.1538-7305.1948.tb01338.x. オリジナルの1998-07-15時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/19980715013250/http://cm.bell-labs.com/cm/ms/what/shannonday/shannon1948.pdf. "The choice of a logarithmic base corresponds to the choice of a unit for measuring information. If the base 2 is used the resulting units may be called binary digits, or more briefly bits, a word suggested by J. W. Tukey." 
  8. ^ “A Mathematical Theory of Communication”. Bell System Technical Journal 27 (4): 623–666. (October 1948). doi:10.1002/j.1538-7305.1948.tb00917.x. 
  9. ^ A Mathematical Theory of Communication. University of Illinois Press. (1949). ISBN 0-252-72548-4. オリジナルの1998-07-15時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/19980715013250/http://cm.bell-labs.com/cm/ms/what/shannonday/shannon1948.pdf. 
  10. ^ “Instrumental analysis”. Bulletin of the American Mathematical Society 42 (10): 649–669. (1936). doi:10.1090/S0002-9904-1936-06390-1. オリジナルの2014-10-06時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141006153002/http://projecteuclid.org/euclid.bams/1183499313. 
  11. ^ National Institute of Standards and Technology (2008), Guide for the Use of the International System of Units. Online version. Archived 3 June 2016 at the Wayback Machine.
  12. ^ Why is a byte 8 bits? Or is it?”. Computer History Vignettes (2000年8月8日). 2017年4月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月3日閲覧。 “[…] With IBM's STRETCH computer as background, handling 64-character words divisible into groups of 8 (I designed the character set for it, under the guidance of Dr. Werner Buchholz, the man who DID coin the term "byte" for an 8-bit grouping). […] The IBM 360 used 8-bit characters, although not ASCII directly. Thus Buchholz's "byte" caught on everywhere. I myself did not like the name for many reasons. […]”
  13. ^ “7. The Shift Matrix”. The Link System. IBM. (1956-06-11). pp. 5–6. Stretch Memo No. 39G. オリジナルの2017-04-04時点におけるアーカイブ。. http://archive.computerhistory.org/resources/text/IBM/Stretch/pdfs/06-07/102632284.pdf 2016年4月4日閲覧. "[…] Most important, from the point of view of editing, will be the ability to handle any characters or digits, from 1 to 6 bits long […] the Shift Matrix to be used to convert a 60-bit word, coming from Memory in parallel, into characters, or "bytes" as we have called them, to be sent to the Adder serially. The 60 bits are dumped into magnetic cores on six different levels. Thus, if a 1 comes out of position 9, it appears in all six cores underneath. […] The Adder may accept all or only some of the bits. […] Assume that it is desired to operate on 4 bit decimal digits, starting at the right. The 0-diagonal is pulsed first, sending out the six bits 0 to 5, of which the Adder accepts only the first four (0-3). Bits 4 and 5 are ignored. Next, the 4 diagonal is pulsed. This sends out bits 4 to 9, of which the last two are again ignored, and so on. […] It is just as easy to use all six bits in alphanumeric work, or to handle bytes of only one bit for logical analysis, or to offset the bytes by any number of bits. […]" 
  14. ^ “The Word "Byte" Comes of Age...”. Byte Magazine 2 (2): 144. (February 1977). https://archive.org/stream/byte-magazine-1977-02/1977_02_BYTE_02-02_Usable_Systems#page/n145/mode/2up. "[…] The first reference found in the files was contained in an internal memo written in June 1956 during the early days of developing Stretch. A byte was described as consisting of any number of parallel bits from one to six. Thus a byte was assumed to have a length appropriate for the occasion. Its first use was in the context of the input-output equipment of the 1950s, which handled six bits at a time. The possibility of going to 8 bit bytes was considered in August 1956 and incorporated in the design of Stretch shortly thereafter. The first published reference to the term occurred in 1959 in a paper "Processing Data in Bits and Pieces" by G A Blaauw英語版, F P Brooks Jr and W Buchholz英語版 in the IRE Transactions on Electronic Computers, June 1959, page 121. The notions of that paper were elaborated in Chapter 4 of Planning a Computer System (Project Stretch), edited by W Buchholz, McGraw-Hill Book Company (1962). The rationale for coining the term was explained there on page 40 as follows:
    Byte denotes a group of bits used to encode a character, or the number of bits transmitted in parallel to and from input-output units. A term other than character is used here because a given character may be represented in different applications by more than one code, and different codes may use different numbers of bits (ie, different byte sizes). In input-output transmission the grouping of bits may be completely arbitrary and have no relation to actual characters. (The term is coined from bite, but respelled to avoid accidental mutation to bit.)
    System/360 took over many of the Stretch concepts, including the basic byte and word sizes, which are powers of 2. For economy, however, the byte size was fixed at the 8 bit maximum, and addressing at the bit level was replaced by byte addressing. […]"
     
  15. ^ Buchholz-1962Buchholz, Werner, ed. (1962), “Chapter 4: Natural Data Units” (PDF), Planning a Computer System – Project Stretch, McGraw-Hill Book Company, Inc. / The Maple Press Company, York, PA., pp. 39–40, LCCN 61--10466, オリジナルの2017-04-03時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20170403014651/http://archive.computerhistory.org/resources/text/IBM/Stretch/pdfs/Buchholz_102636426.pdf 2017年4月3日閲覧。 
  16. ^ “A proposal for a generalized card code of 256 characters”. Communications of the ACM 2 (9): 19–23. (1959). doi:10.1145/368424.368435. 
  17. ^ a b Information in small bits Information in Small Bits is a book produced as part of a non-profit outreach project of the IEEE Information Theory Society. The book introduces Claude Shannon and basic concepts of Information Theory to children 8+ using relatable cartoon stories and problem-solving activities.





ビットと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ビット」の関連用語

ビットのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ビットのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2020by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
オムロン株式会社オムロン株式会社
© Copyright OMRON Corporation 1996-2020. All Rights Reserved.
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2020 Japan Video Software Association
音楽電子事業協会音楽電子事業協会
Copyright 2020 AMEI.OR.JP
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリビットの記事を利用しております。
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2020 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
石油技術協会石油技術協会
Copyright © 2020, 石油技術協会 作井技術委員会 作井マニュアル分科会
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのビット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS