ワイヤーとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > ワイヤ > ワイヤーの意味・解説 

ワイヤー【wire】

読み方:わいやー

ワイヤ

「ワイヤー」に似た言葉

ワイヤー

ワイヤー
ブラジャー造形性を高めるために、カップ下部挿入される金属あるいは樹脂のこと。素材硬さによってハードワイヤー、マイルドワイヤー、ソフトワイヤーの3つのタイプと、最も柔らかい形状記憶ワイヤーなどがある。

ワイヤー WIRES

ウィルトン織機ベルベット織機部品で、織開口入れ細長い金属片。ワイヤーの上にパイル糸が巻きつき一定の高さのループをつくる。丸いワイヤーを使えばループパイルができ、平らなワイヤーにナイフをつけて引き 抜くと、ループ切れて、カットパイルになる。

ワイヤー


ワイヤー

名前 WeirWeyerWeyr

ワイヤ

(ワイヤー から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/10 22:01 UTC 版)

ワイヤワイア




「ワイヤ」の続きの解説一覧

ワイヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 03:48 UTC 版)

この素晴らしい世界に祝福を!」の記事における「ワイヤー」の解説

バインドで使うためにカズマこの世界で作った鋼鉄製のワイヤー。第9巻では霊体拘束できるミスリル合金製ワイヤーが登場しカズマ拘束されダクネスは満足していた。

※この「ワイヤー」の解説は、「この素晴らしい世界に祝福を!」の解説の一部です。
「ワイヤー」を含む「この素晴らしい世界に祝福を!」の記事については、「この素晴らしい世界に祝福を!」の概要を参照ください。


ワイヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/14 23:53 UTC 版)

マンハント」の記事における「ワイヤー」の解説

アイコンは緑。ビニール袋同様、戦闘では武器として使わない処刑アクションでは敵の首を絞め窒息死させたり、最高段階では首が切断されるまで絞めつける。処刑後消費してしまう。ゴミ袋中に隠されているものもある。

※この「ワイヤー」の解説は、「マンハント」の解説の一部です。
「ワイヤー」を含む「マンハント」の記事については、「マンハント」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ワイヤー」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ワイヤー」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ワイヤーと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ワイヤー」の関連用語

ワイヤーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ワイヤーのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ワコールワコール
© WACOAL CORP. ALL RIGHTS RESERVED.
ワコール下着用語辞典
ニッシンニッシン
Copyright (C) 2023 NISSIN CARPET CO., LTD. All Rights Reserved
歯イタッ!でどっとこむ歯イタッ!でどっとこむ
Copyright (C) 2023 haitade.com All Rights Rserved,
歯イタッ!でどっとこむ教えて歯科用語
すずらん工房すずらん工房
Copyright (c) 2000-2023 BOW All Rights Reserved.
Be.BIKEBe.BIKE
Copyright(C) 2001- 2023 CAR MATE MFG.CO.,LTD. All Rights Reserved.
Be.BIKE自転車用語集
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのワイヤ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのこの素晴らしい世界に祝福を! (改訂履歴)、マンハント (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS