電線とは? わかりやすく解説

でん‐せん【電線】

読み方:でんせん

電気を導く金属線電気通しやすいが主に使われる単線と縒(よ)り線、裸線被覆線などがある。


電線

作者飯田章

収載図書迪子とその夫
出版社草場書房
刊行年月2006.4


電線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/08 14:05 UTC 版)

電線(でんせん、英語: electrical wire)とは、電気を導くための線のこと[1]


注釈

  1. ^ 電気設備に関する技術基準を定める省令(平成九年三月二十七日通商産業省令第五十二号)第一条 六号 「電線」とは、強電流電気の伝送に使用する電気導体、絶縁物で被覆した電気導体又は絶縁物で被覆した上を保護被覆で保護した電気導体をいう。
    同十一号 「弱電流電線」とは、弱電流電気の伝送に使用する電気導体、絶縁物で被覆した電気導体又は絶縁物で被覆した上を保護被覆で保護した電気導体をいう。
  2. ^ 有線電気通信設備令(昭和二十八年七月三十一日政令第百三十一号)最終改正:平成一三年一二月二一日政令第四二一号 第一条 一号 電線 有線電気通信(送信の場所と受信の場所との間の線条その他の導体を利用して、電磁的方式により信号を行うことを含む。)を行うための導体(絶縁物又は保護物で被覆されている場合は、これらの物を含む。)であつて、強電流電線に重畳される通信回線に係るもの以外のもの
    同四号 強電流電線 強電流電気の伝送を行うための導体(絶縁物又は保護物で被覆されている場合は、これらの物を含む。)
  3. ^ 遮蔽(シールド)されている、という性質のために、低周波や直流での利用も多い。

出典

  1. ^ a b c d e f g h 『日本大百科全書』【電線】
  2. ^ 電気用語辞典編集委員会 編 『電気用語辞典[要ページ番号]』(新版)コロナ社、1982年。ISBN 978-4-339-00411-3 
  3. ^ 電気学会 編 『電気工学ポケットブック[要ページ番号]』(JR版)オーム社、1967年。 
  4. ^ 具体的に書かなければ意味が無い。基本的な部材についての規定が、国ごとに異なっているということや、普通の人が想像もつかないような点で「常識」が異なっていることがある。それを書くべき。 アメリカ、カナダではどうなのか? 南米ではどうなのか? (EUから外れてしまった)イギリスではどうなのか? EU諸国(ドイツ、フランス、スペイン、イタリアなど)ではどうなのか。 中国、北朝鮮、ロシアではどうなのか 韓国、台湾ではどうなのか
  5. ^ a b c Robert Monro Black (1983),The History of Electric Wires and Cables. ISBN 978-0863410017, p.1(chapter 1)
  6. ^ a b c d Robert Monro Black (1983), The History of Electric Wires and Cables. ISBN 978-0863410017, pp.1-2.
  7. ^ Robert Monro Black (1983),The History of Electric Wires and Cables. ISBN 978-0863410017, p.2
  8. ^ a b c d e Elandcables, What is the history of electrical cables?


「電線」の続きの解説一覧

電線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 17:43 UTC 版)

電力系統」の記事における「電線」の解説

電線は、送電用の中心鋼鉄線とそれを取り巻アルミ線束ねた鋼心アルミより線」と、配電用の「絶縁被覆電線」がある。

※この「電線」の解説は、「電力系統」の解説の一部です。
「電線」を含む「電力系統」の記事については、「電力系統」の概要を参照ください。


電線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 17:43 UTC 版)

電力系統」の記事における「電線」の解説

電線はOFケーブルOil filled cable)やCVケーブルCrosslinked polyethylene vinyl sheath cable)が使用されるOFケーブル常時加圧される油の保守の手間が掛かるために、近年ではCVケーブル使用好まれる

※この「電線」の解説は、「電力系統」の解説の一部です。
「電線」を含む「電力系統」の記事については、「電力系統」の概要を参照ください。


電線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/02 08:34 UTC 版)

地下鉄等旅客車」の記事における「電線」の解説

アーク発生または発熱するおそれのある機器近接または接続するものは難燃性。その他は難燃性

※この「電線」の解説は、「地下鉄等旅客車」の解説の一部です。
「電線」を含む「地下鉄等旅客車」の記事については、「地下鉄等旅客車」の概要を参照ください。


電線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/10 09:24 UTC 版)

ワイヤーハーネス」の記事における「電線」の解説

使用する電線には、電流周波数特性といった必要な電気特性求められ周囲への電磁気的リーク防止や電線同士周囲への短絡危険性最小限にする必要がある一般的には銅合金製の複数素線耐摩耗性が高い絶縁体被覆している。このような電線被覆材料には、一般的にポリ塩化ビニル使われているが、電気・電子機器ではRoHS指定される物質含まないもの、自動車ではELV指令より前に加えてハロゲン含有しない被覆用い様になっている。 通電電流印加電圧に対して電線の太さが決定される日本の自動車向けではJASO準じたサイズ主流である。 素線構成は、一般構成のものの他に屈曲耐久性能優れた構成のものがあるエンジンルーム等の高熱部分には、耐熱性能に優れた被覆用いる。 微弱電流回路など外来ノイズ影響受けやすい線路には、シールドまたはツイストペアあるいはその両方施されることが一般的である。 電線色は、主にメーカー生産性決定されることが多いが、日本自動車工業会ガイドライン指示されているものもある。接地回路では白地にストライプ主流である。 また、自動車航空機のような搭載電子機器増加に合わせて必要な信号線の数が増えたため、デジタル信号による多重化された信号わずかな本数光ファイバー線で送るようになると、ワイヤーハーネス内の電線も少なくなる傾向がある光ファイバー線を電線とは別に配線する場合や、電線と同様光ファイバー線もワイヤーハーネス内に含む場合がある詳細は、フライ・バイ・ワイヤの項を参照のこと)。

※この「電線」の解説は、「ワイヤーハーネス」の解説の一部です。
「電線」を含む「ワイヤーハーネス」の記事については、「ワイヤーハーネス」の概要を参照ください。


電線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/19 07:53 UTC 版)

カテナリー曲線」の記事における「電線」の解説

電力線などを敷設する場合使用する電線の長さは電線は自重によるたるみを考慮し実際の径間よりも長い電線を用意する必要がある径間 S [m]、たるみ D [m]、電線の平張力を T [N]、電線 1 [m]あたりの重量を W [N/m]としたとき、それぞれの関係は、次のようになる。ここで、sinh, cosh などは双曲線関数である。 D = C ( coshS 2 C − 1 ) {\displaystyle D=C\left(\cosh {\frac {S}{2C}}-1\right)} [m] (厳密解) D ≒ S 2 8 C = W S 2 8 T {\displaystyle D\fallingdotseq {\frac {S^{2}}{8C}}={\frac {WS^{2}}{8T}}} [m] (近似式上記の2次までのテイラー展開)) ここで、C はカテナリ数と呼ばれ、T, W を用いて次式定義されるC = T W {\displaystyle C={\frac {T}{W}}} [m] 電線長 L [m]は次のようになる。 L = 2 C sinhS 2 C {\displaystyle L=2C\sinh {\frac {S}{2C}}} [m] (厳密解) L ≒ S + S 3 24 C 2 = S + 8 D 2 3 S {\displaystyle L\fallingdotseq S+{\frac {S^{3}}{24C^{2}}}=S+{\frac {8D^{2}}{3S}}} [m] (近似式上記の3次までのテイラー展開))上より、電線長 L とたるみの長さ D は、径間 S だけでなく、支持点からの引張力 T や、電線の重さ W によっても変化する吊られているチェーン懸垂線になる。 クモの巣では、複数懸垂線 (あるいはそれに近い形状) が見られるスペインバルセロナガウディカサ・ミラ屋根の上アーチ 設置工事中懸垂線アーチ窯。型枠使って作られている (2007年)。 カナダノースバンクーバーキャピラノ吊り橋 (2005年en)。

※この「電線」の解説は、「カテナリー曲線」の解説の一部です。
「電線」を含む「カテナリー曲線」の記事については、「カテナリー曲線」の概要を参照ください。


電線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 08:02 UTC 版)

電動航空機」の記事における「電線」の解説

地上の電線に接続する電池搭載しないので軽量となるが、距離が伸びると電線の重さ問題となる。 1917年観測ヘリコプター実験機Petróczy-Kármán-Žurovec PKZ-1が製作された。

※この「電線」の解説は、「電動航空機」の解説の一部です。
「電線」を含む「電動航空機」の記事については、「電動航空機」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「電線」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

電線

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 09:02 UTC 版)

名詞

でんせん

  1. 電気導く金属線。

発音(?)

で↗んせん

関連語


「電線」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「電線」に関係したコラム

  • 株式の小型株とは

    東京証券取引所(東証)では、規模別株価指数の算出のために一部上場銘柄を大型株、中型株、小型株の3つに分類しています。その基準は、時価総額や株式の流動性などによって順位づけしたものになっています。大型株...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「電線」の関連用語

電線のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



電線のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの電線 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの電力系統 (改訂履歴)、地下鉄等旅客車 (改訂履歴)、ワイヤーハーネス (改訂履歴)、カテナリー曲線 (改訂履歴)、電動航空機 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの電線 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS