ケーブルとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > ケーブル > ケーブルの意味・解説 

ケーブル【cable】

読み方:けーぶる

針金や麻をより合わせ作った太くて強い綱。

絶縁物覆った電線束ね、さらに外装して1本したもの電信・電話線などに用いる。電纜(でんらん)。「地下—」

ケーブルカー」の略。


ケーブル

【英】cable

ケーブルとは、システム構成する内部あるいは外部コンポーネント間で情報やりとりするために用いられる信号線や、電源から電力供給する電力線のことである。

信号伝達用いられるケーブルには、コンポーネント種類応じて様々な種類規格存在している。物理的な媒体としては、銅線用いるものがほとんであるが、光ファイバなども存在している。銅線用い場合伝達方式として、複数信号線を束ねて平行に信号伝達を行うパラレル方式と、1つ信号線で伝達を行うシリアル方式がある。伝達には、通常信号の同期をとるため、規格毎に伝送速度定義されている。また信号電圧レベルや、電流規定ノイズ発生に関する規定などが存在している。なお、信号伝達には、ケーブルによる以外に、ケーブルを用いない無線方式がある。

PCプリンタ等を接続するケーブルとしては、かつてはパラレルケーブル(IEEE1284、D-SUB25ピンケーブル)が用いられてきたが、その後レガシーフリーとして登場したシリアルケーブルであるUSBケーブルが主に用いられるようになってきた。シリアルケーブル一つであるRS-232cケーブルは、マウスなどの周辺装置接続用いられてきた。これもやはりUSB変わってきている。その他、DV機器HDD接続には、シリアルケーブル一種であるIEEE 1394用いられている。LAN用途では、銅線ツイストペアケーブルによるイーサネットケーブル用いられるデータセンター企業システムではストレージとの接続について、光ファイバによるファイバーチャネル用いられるコンピュータ内部でHDDマザーボードとの接続は、かつてはパラレル方式IDEケーブルやSCSIケーブルが用いられてきたが、速度の向上とともにシリアル方式シリアルATASATA)やSASSerial Attached SCSI)などが主流となってきている。

コンピュータシステムでは、初期には複数信号線を用いるパラレルケーブルが主流であったが、伝送速度上がるにつれて同時伝送される信号同士干渉問題となり、徐々にシリアルケーブル主流となってきた。また電力の供給信号伝達同時に行うものが現れているUSBIEEE1394登場時から、ケーブルからの電力デバイス駆動するバスパワーという方式を持っている。イーサネット同時に電力供給するPoEPower Over Ethernet)というものも存在する逆に電力供給用の電力線そのものに、信号載せることにより、通信線として活用するPLC( Power Line Communication)というものもある。

ハードウェアのほかの用語一覧
接続インターフェース:  フルピッチ  KVMスイッチ  拡張バス  ケーブル  キャップレス防水  コネクタ  マスター

ケーブル

名前 Cable

ケーブル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/17 13:36 UTC 版)

ケーブル (cable) は、ロープ絶縁体と保護被覆で覆われた電線、および光ファイバーの総称である。線や線を使ったものは鉄索(てっさく)・鋼索(こうさく)とも呼ぶ。


  1. ^ リオデジャネイロ=マラカナンスタジアムの危機=荒れ果てて盗難も発生=リオ五輪組織委の怠慢が原因か ジャーナル・ニッケイ新聞(2019年1月12日)2019年6月29日閲覧
  2. ^ 電線盗難相次ぎ計2500m 電柱から持ち去り 朝日新聞DIGITAL(2017年6月23日)2017年6月29日閲覧


「ケーブル」の続きの解説一覧

ケーブル (vol.1)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/05 01:47 UTC 版)

ケーブル (コミック)」の記事における「ケーブル (vol.1)」の解説

『ブラッド・アンド・メタル』のすぐ後に、オンゴーイングの個人誌『ケーブル』が始まった1991年7月の『X-Factor68号(vol.1)で、ケーブルとはX-メンサイクロプスマデリーン・プライアー息子であるネイサン・クリストファー・サマーズであり、1986年1月の『アンキャニィX-Men201号で登場していたことが、1993年12月の『ケーブル』6号(vol.1)で原作者のクリス・クレアモントの脚本によって明らかになった。『ケーブル』は1993年5月からソルジャーXに含んで紙面変更して2003年8月まで出版された初めは製作チーム安定しなかったが、ジェフ・ローブとイアン・チャーチルが20号仕事を始めて、35号終わるまでに、原作原画チームは3冊を連続完成させるつもりだった。ローブチャーチルは、20号から39号20冊のうち15冊を一緒に取り組んで最初の安定期もたらした連載の間、彼らはケーブルの過去、ネイサン・グレイの元へ向かった彼の気持ちドミノとBlaquesmithとの彼の関係、およびカーンシュガーマン、およびミクロヴァースとの更なる冒険キャラクター調査した1994年ミニシリーズThe Adventures of Cyclops and Phoenixでケーブルの少年期詳細に描かれた。未来世界の母アスカニ(時間移動したレイチェル・サマーズ)はスコットジーン心を呼び寄せ、彼らにケーブルを育て機会を与えた。彼らは「スリム」と「レッド」を名乗り、ケーブルと一緒に過ごした12年間の中でアポカリプスストライフエッセンスを移すのを防ぎ彼の恐怖政治終わらせた。

※この「ケーブル (vol.1)」の解説は、「ケーブル (コミック)」の解説の一部です。
「ケーブル (vol.1)」を含む「ケーブル (コミック)」の記事については、「ケーブル (コミック)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ケーブル」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ケーブル」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ケーブルと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ケーブルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ケーブルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
マネーパートナーズマネーパートナーズ
Copyright © 2022MONEY PARTNERS CO,LTD All rights reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリケーブルの記事を利用しております。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのケーブル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのケーブル (コミック) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS